楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


さて、今回も京都記念に出走を予定しています、馬の中から上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

カレンブーケドール

明け4歳牝馬が人気を集めそうな今回、まずはこの馬です。

昨年は勝ち切れないものの、オークス2着、秋華賞2着、ジャパンC 2着と好走を見せています。

この馬はディープ産駒ですが、よくいるキレキレのディープ産駒というよりは、スタミナや持続力で押し切るタイプのディープだと思っています。

今回の京都2200mというのもこの馬にはいい条件だと思います。

ただ少し気になるのは休み明けが案外な所です、休み明けで挑んだ紫苑Sは3着でしたが、この時に負けた相手が、パッシングスルー、フェアリーポルカとカレン自身の実績を考えれば負ける相手ではないと思いますし、この辺は休み明けの影響なのかなと思っています。

クロノジェネシス

バゴ産駒の最高傑作の呼び声も高い、4歳牝馬の一頭です。

前走のエリザベス女王杯では初めて馬券外になってしまいましたが、それでも生涯掲示板外は外していません。

オークスから間隔をあけて挑んだ秋華賞で馬体を成長させたことで、より強さが増した印象があります。

好位からいいスピードで、長くいい脚を使える馬だと思いますので、今回の条件はとても合うと思います。

休み明けも問題ない馬ですし、エリザベス女王杯はうまくクロコスミアのペースにはまってしまいましたが、それでもあのメンバーで、上り3位の脚が使えたのは能力の証だと思います。

北村騎手も思い入れのある馬ですし、ここは勝ち負けしてきそうな気がします。

ステイフーリッシュ

この馬は毎回言っていますが、G2、G3であれば結果を出す、馬だと思っています。

前走はルメール騎手が完璧に乗って2着でした、負けた相手がブラストワンピースですから相手が悪かったと思います。

先行するか、道中強気に捲って、早め先頭の競馬が得意だと思いますので、岩田騎手がどう乗るかまだ分かりませんが、控える競馬はあまりしてほしくないですね・・

昨年の同レース2着馬ですし、レース適性はいいと思いますし、今回も好勝負かなと思います。

クラージュゲリエ

昨年のダービー以来の出走になります。

この馬は最後の切れ味が素晴らしい馬ですが、そこまで末脚の持続力は高くないと思います、気性的にもむずかしい馬ですので、どこまで気性が成長しているかは気になります。

展開的にも控えて後方からの競馬をするならば、少し厳しいかなと思います。前有利になりやすい京都記念ですからね。

今回は人気を集めそうですし、個人的には少し軽視したいかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小頭数になりそうですので、展開利も受けそうな人気薄もいそうなので面白いレースになりそうです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


久しぶりの競馬本レビューになります。

今回紹介する本はコチラ



以前紹介しました、穴パターン辞典の続編になります。

内容紹介

前作では、穴パターン辞典ということで、穴パターンがメインに載っていましたが、今回はもう少し深堀した内容で、実際に過去の出馬表を見て、どんな着眼点で、穴パターンに実際に当てはめていくか、著者のメシ馬さんと一緒に考えていけるような本になっています。

タイトルにもありますが、まさにケーススタディという内容になっています。

どんな方におすすめか

前作の穴パターン辞典を読んだうえでもっと、メシ馬さんの思考を知りたいという方におススメです。

もちろん、最初に本書を買っても勉強になることもたくさんあると思いますが、前提知識として、前作での内容があった方が、より楽しめる内容になっていると思います。

○○を買えば儲かるという様な本ではありませんので、実際に馬券に活かせるかは、自分次第ということになりますが、もっと知識が欲しいという方にはおススメの本になります。

ただ、繰り返しにはなりますが、前作の穴パターン辞典を読んだ方がより楽しめると思いますので、まだメシ馬さんの本を買ったことがないという方は前作を先に読むのをおススメします。

前作はコチラです



個人的にもかなり勉強になりましたし、初心者を脱してこの先どうしよう・・という方にはかなりお勧めの本になります。

以上、馬券本初回でした。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


本日行われました、東京新聞杯の回顧です。

まずは結果から!

1着 プリモシーン
2着 シャドウディーヴァ
3着 クリノガウディー
4着 サトノアーサー
5着 クルーガー

回顧

スタートで遅れたのはヴァンドギャルドでしたが、それ以外はキレイにスタートをきれました。

予想記事でも書きましたが、道中はモルフェオルフェが少し離して逃げる展開になりました。
大逃げまでとはいきませんでしたね。

レース結果を見ても、2着に入ったシャドウディーヴァ以外は道中6番手以内の馬達でした。
中団より後方から差すというのは厳しい展開でしたね。

1着 プリモシーン

道中では割と前目のポジションから競馬を進めていきました。

この馬の好走パターンでもあるラスト3F減速ラップの流れもよかったですね。
何よりデムーロ騎手の意地の様なものを見た気がします。

もちろん馬も強かったですので、今後はどこにいくのか楽しみです。

2着 シャドウディーヴァ

道中はインをロスなく回し、直線強襲でした。

同じような位置にいたレッドヴェイロンとこの馬の差はこの道中の位置取りの差かなと思います。
直線で内をスッと回せたのが好走の要因だと思います。

人気もほどほどでしたし狙うべきでした・・

3着 クリノガウディー

近走は不利続きでなかなかスムーズな競馬ではありませんでしたが、ここでは巻き返してきましたね。

直線で一瞬勝ったかなと思いましたが、最後は持続力の差で差されてしまいましね。
こういう展開には強いと思います。

展開さえハマればどこかを勝てそうだと思います。

反省

軸のレッドヴェイロンは9着、道中の位置取りも後ろすぎましたね。
今日の馬場では厳しかったでしょう・・
ルメール騎手とは本当に相性が悪いです。

でも、自分の予想力がまだまだ未熟でしたね。
精進します。

それでも2番手評価した、シャドウディーヴァが2着と相手は来ていますので、あくまでプラス思考で頑張っていきたいと思います。

みなさんはどうでしたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ