楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


今週はオークス、3歳牝馬の頂上決戦ということで、今回は上位人気想定の馬の考察に加えて、予想中位人気馬も見ていきたいと思います。

ミヤマザクラ
 
前走の桜花賞は5着に敗れていますが、レース後の福永騎手のコメントからも雨で大苦戦したようで、そんな中でもしっかり伸びて5着ならば、能力は高いなぁと思いました。

東京に変わるのもいいでしょうし、好位から競馬を進めるタイプだと思いますし、今の東京の前有利の馬場もこの馬にとってはいいと思います。

内枠は欲しいですね。

サンクテュエール

この馬も東京に変わるのはいいと思います。

ミヤマザクラと同様、前走は馬場のせいもあるのかなと思います。
先行脚質ですし、ルメール騎手というのもプラスだと思います。

巻き返しがあってもいいのかなと思います。

ウインマリリン

前走フローラSを勝ち、先行脚質で、今の馬場にはマッチしそうですが、上りが早くなったとき対応できるのかは少し未知数な所があります。

今まででだした最高の上りが前走の35.3と早い上りが求められたとき、対応できるのかは気になります。

中山の様な条件の方が個人的には合っているのかなと思います。

リアアメリア

2歳のころは主役の一角でしたが、近走は少し勢いがなくなってしまったのかなと思います。

気性も少し気になる所がありますし、オークスは距離も長くなります、折り合いに不安があるのは少し気になります。

今回は軽視したいかなと思っています。

スマイルカナ

展開を握りそうなのはこの馬ですかね。

やっぱりこの馬はハナに行ってなんぼだと思います。
実際ハナに立ったレースは、3走走って、2勝していますし、前走も逃げて桜花賞3着はすごいと思います。

距離が伸びてもいいでしょうし、ある程度の流れで引っ張ってくれれば、最後まで粘り強い競馬をすると思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
良かったら応援おねがいします


中位人気の馬を見てきました、楽しみなレースになりそうです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週はいよいよオークスですね、なんかダービーが近づいてきた感じがします。

今年はどうなるのか、では今回も上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

デアリングタクト

前走は桜花賞を快勝して、今回は堂々の主役ですね。

倒した相手もレシステンシアですし、そのレシステンシアがあの状態でNHKマイルでも好走するのですから、この馬の株もさらに上がりましたね。

前走は本当に強い競馬でした。
ここでも能力は上位だと思います。

少し不安点を挙げるとするならば、ここ最近の東京競馬場は前がかなり有利な傾向があることです。

恐らくリズムを重視する乗り方をしそうですので、位置取りは後方になると思います、いい脚では差してくると思いますが、あまりにも前有利になると差し届かない可能性もありそうです。

ただ、能力は本当に高いと思いますので、あっさりクリアしても不思議ではないと思います。

デゼル

この馬も連勝の勢いそのままにレーン騎手ということで、人気になりそうです。

この馬も後方からレースを進めてきましたが、末脚の破壊力はすごいものがあります。

一戦級と戦うのは初めてですが、それでも人気になるのも納得な近走の競馬ですよね。

ただ、この馬もデアリングタクトと一緒で後方脚質、展開次第では差し届かない可能性もあります。

ですがそこはレーン騎手、後方から行くと見せかけて前で折り合いをつけて、あっさり勝ってしまうことも想定されます、そういうことができる騎手ですからね。

クラヴァシュドール

この馬は他の上位人気馬達とは違い王道の路線を戦ってきていますね。

前走は4着に負けてしまいましたが、直線で狭い所を突いて馬がひるんでしまったようで、それでも最後までジリジリ伸びてきていますから、力負けではないかなと思います。

東京コースの方が活きる脚質だと思いますので、東京コース変わりもいいと個人的には感じます。

デムーロ騎手もこの馬のクセを掴んでいますし、勝ち切るかはどうかですが、今回も上位争いしてきそうです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回も上位人気想定の馬の考察をしていきました。

なかなか頭を悩ますメンバー構成ですね・・

もっと考えていきたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


土曜日に行われました、京成杯SCの回顧もしていきます。

結果

1着 ダノンスマッシュ
2着 ステルヴィオ
3着 グルーヴィット

回顧

びっくりしたのはスタートからダノンスマッシュがハナに行ったことです。

てっきりこのメンバーならば、セイウンコウセイが行くのかなと思っていましたので、驚きました、こういうことをできるのはさすがレーン騎手だと思いました。

逃げたダノンスマッシュが、上り33.1ですから後続の馬には厳しい展開でした。

内先行有利が続く東京の傾向をモロに受けたレースでしたね。

1着 ダノンスマッシュ

そのダノンスマッシュです、スタートが良くそのまま逃げてしまいました。
最大の勝因はそこだと思います。

こういう思い切った競馬ができるのも、短期免許の騎手そして天才レーン騎手だからこそできることでしょう。

左回りは苦手だと思って軽視しましたが、こんな競馬をするとは思いませんでした。

ただこれをもって左回りを克服したかといわれると少し微妙です。
もう一回くらいは様子を見たいですね。

2着 ステルヴィオ

久しぶりの好走でしたね。
好きな馬ですので嬉しいです。

この馬も今回の前有利の恩恵を受けたと思います。

若い頃は後方一気の競馬が目立ちましたが、近走は前目で粘りこむ競馬が板についてきたのかなと思います。

今回をきっかけにまた復調してほしい所です。

3着 グルーヴィット

得意の左回りで巻き返してきましたね。
ただ少し人気し過ぎ感がありました。

デムーロ騎手も言っていましたが、直線もたれる所があり、苦労した様子でしたが、それでも3着に残すのは見事でした。
ムチはかなり連発していましたがね。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。

馬券は雨が降ったことで本命のタワーオブロンドンの単勝を少し削り、グルーヴィットの複勝に少し入れたことで、惨敗は防げました。
それでも大トリガミですけどね・・

タワーオブロンドンはやはりこういう馬場は苦手ですね。

ただ今回の敗戦で人気を落とすのならば、次走狙いたいです。

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ