楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


競馬のレースの中で重要な要素で何を思い浮かべますか?

展開、調教、逃げ馬、等々あると思います。

その中でも競馬で最も注目を浴びる直線、そこで重要になる上がり3ハロンについて、今回は書いていきたいと思います。

上り3ハロン(上り3F)とは?


1ハロンは200m、競馬は基本的には、この200m単位でタイムを計っていきます。

その中でも最も激しい争いになる所が、ゴール前からの600m(3ハロン)になります。

これを上り3ハロンと呼びます。

脚質の種類

この上り3ハロンの内容によって、いろいろな呼ばれ方がありますので、そちらについても、自分がつかんでいる内容を紹介します。

・ 切れる脚

他の馬より、早いラストスパートを出せる馬です。

自分がやっている見分けかたとしては、レース全体の上りが34秒台前半で、その馬自身は33秒台で差し切っている様な馬はキレるタイプに分類しています。

ただ、東京競馬場でよく見られますが、そのレースでほとんどの馬が33秒台であがれるような結果になっているときには、それだけを見て、この馬はキレる!と思わない方がいいと思います。

・ 持久力が高い脚

他の馬より、粘り強くゴールまで伸びきれる馬です。

見分け方としては、レース全体の上りが35秒台、または、馬場が良くない中で、ゴールまで勢いが落ちていない馬は、スタミナがある馬、持久力が高い馬に分類しています。

予想に活かす方法

各馬の上り3ハロンタイプを分析したら、当日の馬場傾向や、競馬場の傾向をみます。

すると、今週は早い馬場になっているから、切れるタイプを。
この競馬場はスタミナの方が必要だから、人気だけど切れるタイプの馬はやめよう。

などの判断材料になると思います。

まとめ

今回は競馬における上がり3ハロンについて書きました。

書いてきましたが、この3ハロンに至るまで、様々なドラマがあって、そのたびに結果が変わるのが競馬の面白いところ。

傾向は読めても、実際にそうなるかは、誰にもわかりません、だからこその予想なのです。
展開、メンバー構成、馬場傾向、騎手心理、ローテーション等々、これを完璧に読み切るのはかなり困難だと思います。

だからこそ競馬は面白い!

今回書いたことが、何かのお役にたてれば光栄です!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


皆さんお疲れ様です!

今回も回顧記事を書いていきます。

着順

1着 メイケイダイハード

2着 ラセット

3着 エントシャイデン

回顧

馬場状態はこれだけ開催が進んでいる阪神というのもあり、かなりボコボコになってきましたね。

この良くない馬場状態を考えれば、トロワゼトワルのペースは少し早かったのではないのかなと思います。

結果的にも、脚をためて後方でレースを進めた馬が最後きていますし、先行馬にとってはつらい競馬でしたね。

1着 メイケイダイハード

近5走の成績は、11着→11着→10着→10着→12着。
その馬が今回勝ち切るのですから、本当に驚きました。

前走ダートを走って、気分転換したのが効いたのか、調教が良いという話もありましたが、それにしても今の自分にはこの馬は買えないです・・

でもレース内容は強いものでした、しっかり最後まで伸びきって勝ちましたし、ただ驚きの方が強いというのが正直なところです。

2着 ラセット


近走は安定して差してきましたし、今回もじっくり後方から競馬を進め、直線では力強く伸びてきましたね。

秋山騎手も差し馬の力を引き出すのは本当にうまいなぁと思います。

今回は展開もハマりましたが、今後も好勝負してくれそうです。

3着 エントシャイデン

この馬は最後ペースが落ちたところを差し切る、バテ差しができる馬ですので、今回の展開はよかったです。

しぶとい脚を最後まで使えますし、それを上手く活かした川須騎手の好判断も光りました。

大外なのは痛かったですが、うまく道中内にいれて、枠の不利を最小限にしてきた判断も素晴らしいですね。

感想

馬券は大敗・・

本命のソーグリッタリングは7着・・

内からいい感じにレースを進めたんですが、展開が向かなかったですね。仕方ないです。

それにしても、この中京記念もそうですが、函館記念もアドマイヤジャスタ(15番人気)が勝ち、荒れたなぁと。

これぞ夏競馬という感じですね。
ほんとに走ってみないとわかりません。

だからこそ、ハマったときには最高に気持ちいいですよね。

来週もめげずに予想していきます!

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


なかなか明けない梅雨空、じめじめしてしまい、気分も落ち込んでしまいがちですが、今回も元気に予想していきたいと思います。

ここも大混戦のメンバーです、難しいですね・・

展開予想

逃げるのは、トロワゼトワルでしょうかね。

前につけたい馬もいますが、そこまで多い印象ではないので、そこまでペースは上がらないのではないのかなと。

トロワゼトワルもハイペースでいっても残れる馬だと思いますが、三浦騎手ですので、そこまで無理には逃げないと思います。

雨が降る季節で、馬場傾向が急に変わることもあるんですが、先週の馬場を見る限りは、どの位置からでも、ある程度の力があれば来れる馬場だと思いますので、それを念頭に予想していきます。

指数順位

1位 ソーグリッタリング
2位 ギルデッドミラー
3位 エントシャイデン
4位 ケイアイノーテック
5位 プリンスリターン

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ ソーグリッタリング

・ ギルデッドミラー

買いたい馬

・ ディメンシオン

前走は短距離のペースについていけずに負けてしまいました。

ですが2走前の阪神牝馬Sでは、後のG1ヴィクトリアマイル2着のサウンドキアラに0.3差の3着に来ています。

今回のメンバーを見ても枠を見てもいい位置から競馬できそうですし、面白い存在なのではないのかなと思います。

・ プリンスリターン

前走のNHKマイルカップでは直線で不利があり大敗してしまいました。

しかしながら、その前には、今回人気になりそうなギルデッドミラーとアーリントンCで0.1差の競馬をしていました。

アーリントンCの内容も、ハイペースの流れを前に追走したプリンスリターンと、少し控えて競馬したギルデッドミラーを比べると、今回の人気を見ても、こちらの方が妙味があるのかなと思います。

そしてコンビ愛といいますか、原田騎手とのコンビは個人的には大好きなので、応援の意味も込めて買いたいです。

・ ソーグリッタリング

この馬の一番の武器はなんといっても安定力だと思います。

というのもこの馬は2018年の12月のリゲルS以来、掲示板を外したことがない馬なんですよね。

先行しても粘りますし、ポジションが悪くなっても、最後必ず頑張る馬です。

鞍上の川田騎手も乗っていますし、問題なし。

ただ、こういういかにも軸にぴったりな馬が、なんで?と思う様な結果になるのが多い競馬。

少し不安はありますが、それでも買いたくなる魅力があります。

 ラセット

3走前の彦根Sで馬体重を20k増やしてから安定してきた感じがありますね。

前走も、直線でワープしてきたかの様な末脚で驚きました。

2走前は着順こそ8着ですが、映像を見ると、大接戦の中での8着でしたし、そこまで気にしなくていいと思います。

そしてこういう差す馬に秋山騎手が乗るのは魅力そのもので、今回も突っ込んでくるのではないのかなと思います。

・ ギルデッドミラー

入れるか悩みましたが、抑えには入れたいと思います。

NHKマイルカップ3着は見事なんですが、レース内容を見ると、内をぴったりまわってきての3着なんですよね。

ただ、プリンスリターンの所でも書きましたが、プリンスリターンと対決した、アーリントンCを見る限り、あちらの方が魅力かなと。

枠も外ですし、悩んだんですが、やっぱりしぶとい末脚は魅力で、しかも51kという低斤量。

北村騎手も最近好調ですし、抑えたいです。


まとめ

◎ ソーグリッタリング
〇 プリンスリターン
▲ ラセット
△ ディメンシオン
△ ギルデッドミラー

3歳馬の世代レベルがよくわからないまま、2頭を馬券に組み込むのは怖いんですが、クラシック上位争いしてきた馬なので,入れたいと思います。

軸は安定感を買ってソーグリッタリング!

馬券はソーグリッタリングの複勝を本線に、ワイドで散らして狙いたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よかったら応援お願いします。

↑このページのトップヘ