楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


今週は5重賞が行われますね。

ブログでは、2重賞を取り上げていきたいと思います。

それでは今回も、上位人気想定の馬の考察をしてきたいと思います。

コントラチェック

クラシック本番では、オークス9着、秋華賞15着と結果は出ませんでしたが、この馬の強さが一番活きるのは中山ではないかなと思います。

好位に付けて、器用な競馬ができる馬ですので、その持ち味が最も活きるのは中山かなと思います。

実際前走は久しぶりに中山で走って、重賞勝ちとしっかり巻き返してきました。

距離もこのくらいがちょうどいいと思いますし、今回もルメール騎手騎乗、内枠には入れればここでも力は上位だと思います。

エスポワール

秋華賞では期待していましたが、9着と結果がともないませんでしたね。

これは外枠だったことや、展開的にも前にいないと厳しかったレースですので、さすがに位置取りが悪かったかなと思います、ここはノーカンでいいかなと思います。

この馬も好位から持久力で押し切る競馬が得意だと思っていますので、乗り慣れているデムーロ騎手なのもいいと思います。

この馬も内枠が欲しいですね。

ウラヌスチャーム

昨年の2着馬で、今回も期待がかかる馬だと思いますが、近走の競馬の内容が少し気になります。

元々この馬は後方から競馬を進める馬でしたが、かならずそこからいい脚で伸びてきて、掲示板ないし馬券内という結果が出ていましたが。

京都大賞典あたりからの末脚がクイーンS前より鈍ってきたように思います。

前走も得意のはずの中山で案外の競馬、牝馬は一度崩れると立て直しが難しい所がありますので、そういう難しさが出てきたのかなと思います。

でもそこは天才ノリさんですから、馬の気持ちを汲んで、立て直すのではないかなと思いますが、今回は軽視したいかなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今週も恐らく無観客競馬だと思いますが、重賞は熱い5本立てです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週行われる、金鯱賞ですが競馬ファンの注目は、サートゥルナーリアではないでしょうか?

昨年はクラシックを大いににぎわわせた馬ですし、有馬記念では2着して、さぁ明けの4歳どうだ、という期待がかかりますね。

今回も上位人気想定の馬(ネット競馬での1桁人気の馬)の考察をしていきたいと思います。

サートゥルナーリア

そのサートゥルナーリアです、昨年の3歳戦はこの馬を中心に回っていたといっても過言ではありませんね。

この馬生涯戦績で2度、馬券外に飛んだレースがあります、それが日本ダービーと天皇賞秋です。
これはなぜなのか、自分なりに考えてみました。

まず共通するのが、G1、東京ということです。
この馬はG1になると、声援のせいか、雰囲気のせいか、少し入れ込んでしまう所が見受けられます。

負けた2戦とも、最後の残り100mくらいで失速していますので、これが入れ込みのせいなのか、それともこの馬自身の末脚の持続力が直線が長いと甘くなってしまうのか、それは今回はっきりすると思います。

抜け出す一瞬の脚は本当に高いものがありますので、無観客競馬でメンバーレベルもそこまで高くないここで3、4着になるようならば、やはり左回りが苦手なのかなと思います。

ロードマイウェイ

昨年の後半あたりからものすごい勢いで連勝して、前走は初重賞制覇と勢いはありますね。

左回りでも右回りでも結果がでていますので、今回の舞台もこなしてくると思います。
ここまでも5連勝はすべて54k、今回56kを背負うのは少し気になりますが、成長力でカバーしてくれると思っています。

前走こそ、スタートがいまいちで中団くらいからの競馬になりましたが、好位から競馬できる馬だと思いますので、過去の傾向からも、好位で競馬できるのは強みだと思います。

ラストドラフト

2走前には中日新聞杯で2着していますし、この舞台は合うと思います。

前走のアメリカジョッキークラブカップでは、直線に入る手前、マイネルフロストが故障で下がってきて、それを交わしたミッキースワローに巻き込まれるような形で不利を受けてしまいましたが、そこからの伸び脚は本当に素晴らしかったと思います。

不安点は、この馬自身、中団から競馬を進める馬です、過去の金鯱賞を見ても、好位からの馬が有利だと思いますので、後方から進めて直線差し切れずという展開になると厳しいと思います。

実際、オクトーバーSでは、脚は使えているものの、差し届いていませんからね。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬を見てきました。
サートゥルナーリア!楽しみでたまりませんね。

どんな競馬を見せてくれるのでしょうか。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週の回顧をしていきたいと思います。
やはり無観客競馬だと寂しいものがありますね、早く普段通りになってほしいと思います。

では回顧です。

オーシャンS

結果
1着 ダノンスマッシュ
2着 ナックビーナス
3着 タワーオブロンドン

このレース過去をみても、ハイペースになりやすい傾向にありますね。
このレースも傾向通り、ハイペースバランスでのレースになりました。

勝ったダノンスマッシュは、スタートでは後手を踏みましたが、すんなりリカバリーすると、内をロスなく運び、完勝といえる内容でした。
川田騎手の前には常に道がありましたね、先週のブチ切れの影響でしょうか?

そんな冗談はさておき、前哨戦のダノンは今年も継続中ですね、この馬はあとは左回りが最大の敵だと思いますので、どうなるかは今後見ていきたいと思います。

2着にはナックビーナス、これでこの馬はこのレース4年連続2着と、高いレース適性はありますね。
文句のない競馬だったと思います、中山が得意なのは有名な話ですが、今後も中山では買いたいですね。

3着にはタワーオブロンドン、仕上げが微妙、陣営も弱気、内枠と不安要素はありましたが、3着に来たのは能力がなせる技だと思います。
内目の枠なのに詰まらずに来れたのはこの辺はルメール騎手も持っていると思います。
使い詰めてよくなる馬ですし、今後は巻き返してきそうです。

馬券は単複的中、ワイドも的中、かなり固かったですが、当てるのが大切だと思いますので、よかったです。

弥生賞ディープ記念

結果
1着 サトノフラッグ
2着 ワーケア
3着 オーソリティ

馬場が重くなっての開催になり、人気もめまぐるしく入れ替わっていましたね。
やはり、サトノフラッグはディープ産駒なので、その辺が馬場が悪くなるとどうなんだ?というみんなの心理を見ているようで面白かったです。
私もその一人でしたが。

勝ったのは、そのサトノフラッグ、残り3Fあたりから、捲っていくと、そのまま突き放しての快勝でした。
馬場がいい方がもっとパフォーマンスが上がる馬だとは思いますが、それでもこれだけの勝ち方ですし、クラシックでも有力な馬になると思います。

高い持続力とスピードを兼ね備えていますから、今後も楽しみな馬です。

2着には、ワーケア

この馬は叩いてこの先の方がいいと思いますので、今回のパフォーマンスは上出来だと思います。
持続力もスピードも高めですので、今日のサトノフラッグとの差は仕上がりの差かなと思います。

3着にはオーソリティ

予想記事でも書きましたが、スピードの絶対値が少し低めな所は今回も出てしまいましたね。

脚は長く使えますが、スピードの絶対値は高くないので、最後ブラックホールにもとらえられそうでした、今後も善戦はするが、展開待ち的な所はあると思いますので、先行馬が少なく、持続力勝負になりそうなときには全力で買いたいと思います。

馬券は的中、馬連とワイドが的中しました。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

今週は固い決着が目立ちましたね。

こんな週もあると思えば、大荒れする週もあって、本当に競馬は面白いですね。
みなさんはどうでしたか?

今週もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ