楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


今回は土曜日に行われます、京王杯SCの上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

短距離界のエース級の激突になりますし、日曜のアーモンドアイを前にこちらも盛り上がること間違いないなしです。

では考察していきます。

タワーオブロンドン

前走はなんとも言えない負け方をしてしましましたが、今回も一番人気になると思います。

昨年このレースを制していますので、コース適性は問題ないと思います。

前走の大敗についてですが、これは個人的には、騎手との相性かなと思います。
福永騎手がダメということではなく、この馬は少しクセがある馬だと思っていまして、そういう意味ではテン乗りでG1というのは、少し厳しかったかなと思います。

今回は乗り慣れているルメール騎手に戻りますし、巻き返してくるのではないのかなと思っています。

ダノンスマッシュ

この馬最大の敵はあとは左回りですね。

この馬は海外を除いて馬券外に敗れたレースは、6つありまして、そのうちの4つが左回りコースでのものになります。

左回りでの成績が悪いことは気になりますね。
この馬は右回り、平坦コースが最も能力を発揮できると思っていますので、今回レーン騎手になるのは魅力ですが、それでも今回は軽視しようかなと思っています。

ステルヴィオ

若い頃の勢いはなくなってしまっているなぁというのが正直な感想です。

いろいろ苦労がある馬で、それでも頑張っているので応援している馬なのですが、個人的にはもう少し距離が長い方がいいのでは?と思っています。

今回も人気しそうですし、馬券に関しては軽視する予定ですが、応援はしていますので頑張ってほしい所です。

グルーヴィット

今回はベストの条件だと思います。

この馬は左回りの方がいいと思います、いい末脚は持っているのですが、加速に時間が掛かるタイプだと思いますので、直線は長い方がいいと思います。

前走も、前目有利な展開において、後方からすごい末脚で追い込んできていました、グランアレグリアの末脚がすごすぎてかすんでしまいそうですが、この馬もかなりいい脚で追い込んできていました。

岩田騎手が乗れないのは残念ですが、今好調のデムーロ騎手になるのはいいと思います。

このレース過去を見ても、差しも結構決まる印象ですし、注目している一頭です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。


最終的な予想は週末に書きたいと思います。

なかなかメンバーがそろったのではと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は牝馬のマイル王決定戦、ヴィクトリアマイルが行われますね。

今年はなんといっても、現役最強といってもいいでしょう、アーモンドアイの参戦で話題になること間違いなしです、では今回も上位人気想定の馬の考察をしていきます。

アーモンドアイ

そのアーモンドアイです。

前走の有馬記念では、9着に敗れてしまいましたが、状態不安説もあったようで、初の中山を2周回るコースレイアウト、色々なことが重なっての敗戦だと思います。

東京では崩れていませんし、昨年の安田記念では今回のコースと同じ東京1600を走っていますが、スタートでぶつけられ、差し込んできての3着でした、あれがなければ勝っていたと思いますし、マイルが向かないということはないと思います。

ただ、マイルがベストではないとも思います、もう少し長い距離の方が合っていると思います。

ですが、能力が高いのはもちろんですので、この能力だけでも、G1、6勝目を上げることも可能だと思います。

サウンドキアラ

近走勢いに乗る馬です。

昨年のヴィクトリアマイル以外では掲示板を外したことがない安定感も売りですね。

好位からいい脚を使えますし、今の馬場にもマッチしそうです。

不安点を挙げるならば、東京での実績がないこと、東京では2回走って、ともに馬券外、そのうちのひとつはG1ですが、それでもこれだけ安定しているのに、関東の実績が乏しいのは気になります。

あとはローテーション、その他のライバルたちは、じっくり休養して挑んてくる馬もいる中、この馬は、昨年の10月からコンスタントに走っています、その辺の余力の差がどうでるか、そこだけは不安です。

ラヴズオンリーユー

昨年のオークス馬です。

今年は初戦になります、ディープ産駒はレースを走る事に消耗すると思っていまして、まだこれが6戦目というのはいいと思います。

昨年の古馬混合のエリザベス女王でも上位に来ていますし、同年代で倒してきた、クロノジェネシスやカレンブーケドールが古馬とも十分にやれているところを見ると、この馬もそれくらいの力はあると思います。

東京マイルに関しては不安が残る所もありますが、そこはデムーロ騎手、前が残る馬場であれば前に付けるでしょうし、差し馬場であれば後方からいくこともすると思います。

東京マイルにこそ実績はありませんが、そこはデムーロ騎手の判断力で十分にカバーできると思います。

プリモシーン

昨年の2着馬です。

東京マイルに関しては、3回走っていますが、出遅れて5着になったNHKマイルカップ以外はしっかり2着に入っています。
東京のマイルはベストだと思います。

ただ昨年2着したときよりはメンバーレベルは高いと思っていまして、どこまでやれるかというのはあります。

そして先週は内先行が有利な馬場でした、この傾向が続くのであれば、中団を追走して、おそらく直線外に出すこの馬にとっては厳しい展開になると思います。
馬場傾向もしっかりチェックしたいところです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。

アーモンドアイの参戦で盛り上がるヴィクトリアマイル、今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に書きたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


皆さんお疲れ様です。

どうでしたか?NHKマイルC、少し難しいレースでした。
では回顧していきます。

レース結果

1着 ラウダシオン
2着 レシステンシア
3着 ギルデッドミラー


回顧

レースを引っ張ったのは、レシステンシアでしたね。
ここまでは予想していましたが、案外だったのはペースでした。

もう少し早い流れになって、先行馬が潰れて差し馬が飛んでくるかなと思いましたが、そこまでペースは上がらず、ミドルペースでレースは進んでいきました。

結果だけ見ても、内先行の馬で決まりましたし、昨日の傾向からみても、内先行有利な馬場でしたね。

1着 ラウダシオン

さすがG1男デムーロ騎手といったところでしょうか、スタートはあまりよくありませんでしたが、すんなり好位に付けると、そのまま粘りこんでこのレース連覇を達成しました。

前走も重い斤量を背負ってしぶとい競馬をしていましたので、その経験が今回はいきたということでしょう。

ただこれ以上の距離延長はどうかなと思います。
マイルくらいまでがギリギリではないでしょうか。

2着 レシステンシア

調教も微妙という話もありましたし、今回のメンバーで牡馬混合、初関東と少し厳しいかなと思いましたが、強い競馬でしたね。

しっかり自分の競馬に徹しましたし、早めのペースで逃げなければという固定概念も覆してくるのはさすがルメール騎手だと思いました。

なによりあの重馬場の桜花賞を逃げて粘りこんで、今回もしっかり2着するのですから、大したものだと思います。

ただ今回2着したものの、本来はやはり後続を削り倒すペースで逃げて真価を発揮するタイプだと思っています。
今回は能力の高さで2着にきました、そう考えるとより一層今後が楽しみですね。

3着 ギルデッドミラー

前走も外目を回しながら、2着と結果を出していましたし、今回福永騎手に変わって非常にスムーズな競馬ができたのがよかったと思います。

馬券の反省

本命のタイセイビジョンは4着でした・・
道中、向こう正面でプリンスリターンと何かもめた様に見えました。
遠巻きに見ると喧嘩しているようにも見えました。
そこからかかってしまいましたね。

直線でもギルデッドミラーとラウダシオンの間で少し苦しい様にも見えました。
それでも4着に粘るのですから、今後も楽しみな馬です。

馬券は完敗です、差し馬決着を予想していましたし、タイセイビジョンもまさかの先行策、なにもかもが外れていました・・

今回気になったのは、ルフトシュトロームとウイングレイテストです。
展開が不利だったのはもちろんですが、しっかり伸びてきているのは目につきました。

特にルフトシュトロームは前がなかなか開かずに脚を余しているように見えましたので、今後どこかでてきたら、単勝で狙ってみたい馬です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

来週はなんとあのアーモンドアイがヴィクトリアマイルに出てきます。

どんな走りを見せてくれるのか今から楽しみです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ