楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


今回は今週に行われます、中京記念の上位人気(1桁人気)の馬を見ていきます。

今年は京都競馬場の改修の関係で、阪神で開催されます。

中京記念【阪神】・・なんか変な感じですね!

ギルデッドミラー

1番人気はこの馬でしょうかね。

3歳牝馬でありながら、前走のNHKマイルCではおとこ馬相手に3着しています。

また、4走前のこぶし賞では、のちにダービー4着となるサトノインプレッサとタイム差なしを演じています。

この成績を見ても、現3歳世代でも屈指の能力を持っているといえると思います。

阪神コースもしっかり走っていますし、コース適性はいいと思います。

不安なところは、初めての古馬混合重賞だということ。

夏競馬も始まったばかりで、今の3歳世代がどのくらいの力があるのか、まだ把握しにくい状況です。

そんななか1番人気でこの馬を買うべきなのかは、少し迷うところです。

51kは魅力そのものなんですが・・

抜けた人気になるのであれば、馬券は買わない選択もありだと思います。

ソーグリッタリング


2018年12月から、一度も掲示板外がない、超安定走行の馬ですね。

左回りを中心に走っていますが、阪神コースもこなせると思います。

どこからでも競馬できる器用さは、この馬の武器だと思います。

川田騎手も乗ったことありますので、クセも把握していると思います。

ただ、直線ゴール前で少し甘くなるところがありますので、仕掛けところは大切だと思います。

今回も好勝負してくるのではないかなと思います。

ケイアイノーテック

3歳時にNHKマイルCを勝ってから、長いスランプに入っていますね。

近走も色々工夫してきていて、好走まであと少しというところでしょうか。

戦法的には後方で脚を溜めて、最後直線勝負がこの馬のかたちですね。

前が崩れてくれれば差してくると思いますが、こればっかりは展開待ちなところがあります。

しかも今回は乗り替わり、いろいろ助言をしていた津村騎手ではないのはマイナスかなと。

ハンデもG1馬ですので、57k、復活するのはもう少し先かなぁと思います。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援おねがいします。

今回は上位人気を見てきました。

毎週言いますが夏競馬は難しい・・

今週も頭を悩ませそうです。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


みなさんは自分でポイントを掴んでいる騎手は何人いるでしょうか?

競馬を構成する重要な要素として、騎手というのがあると思います。

色々なデータを参照して騎手のポイントを書いていらっしゃるブログは目にしますが、データではない感覚的な観点から書いている記事は少ないと思いますので、今回書いてみようと思いました。

※ あくまで個人的な感想です。 絶対そうなるということではありません。 そして重賞をメインにやっていますので、重賞における騎手の感想です。 参考程度に聞いていただけたら幸いです。(2020年7月現在)

・ ルメール騎手


重賞では相手に入れていないと後悔するレベルの騎手。

ある程度人気薄でも馬券内に来ることが多いので、人気薄になっているときほど要注意。

どんな条件でもそつなく乗ってくる印象。

・ 川田騎手

差し馬よりは先行馬の方が上手い印象があります。

G1よりはG2,G3のいわゆる前哨戦の方が買えると思います。

・ デムーロ騎手

重賞、特にG1では一発ある騎手。

調子に波があるので、近走調子を落としているときはあまり買わない方がいいかも。

・ 戸崎騎手

とにかく内にこだわる騎手だなぁという印象です。

自信がある時の差し馬はしっかり外を回してきますし、馬の力を出すのが上手いと思います。

・ 岩田騎手

夏に強い印象があります。

岩田騎手の代名詞といえば、イン差し。

イン差しとは・・直線で内の狭い所を突いてくること

しっかり追ってくれるので、差し馬に高相性かなと思います。

・ 池添騎手

大レース(G1)では抑えて置きたい騎手。

大舞台であっと言わせる競馬をしてくれる印象です。

ある程度の人気薄でも持ってくる印象ですので、なんどもいいますがG1では気にしたい騎手です。

・ 内田騎手

ダートでうまいなぁという印象があります。

芝のレースでも重馬場や、雨が降っている中での競馬は得意なイメージがあります。

・ 坂井騎手

若手の中でも光る騎手です。

とにかく競馬に対して真っすぐで、差し馬でも馬群に入れる根性もありますし、今後も期待できる若手だと思います。

・ 横山典弘騎手

天才肌だなぁという印象。

騎乗スタイルは賛否を呼びますが、ハマったときは本当に鳥肌モノの競馬をみせてくれます。

特に逃げられそうな馬に乗って実際逃げたときに見せてくれる、一旦直線前で引き付けて、また突き放す、2段ロケットと個人的には呼んでいますが、これがハマったときは本当に強い競馬を見せてくる印象があります。

・ 秋山騎手

ローカル競馬場、特に新潟、中京、小倉、福島ではかなり信頼しています。

夏のシーズンは特に注目しています。

・ 武豊騎手

言わずとしれた、競馬界のレジェンド。

個人的には京都競馬場での内を差してくるのが上手いなぁと思っています。

逃げ馬に乗ったときのペース判断はまさに天才で、近年ではキタサンブラックはとても手が合っていたと思います。

武騎手が逃げ馬に乗ったときは他の騎手も絡むと潰れるとわかっているので、誰も来ない印象もあります。

1人の競馬ファンとしてとても尊敬しています。


今回は自分なりの騎手の特徴を書いてきました。

色々な見方があるとおもいますので、参考程度に聞いていただけたら幸いです。

みなさんはなにかポイントを掴んでいる騎手はいますか?
よろしければ教えていただけると嬉しいです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


先ほど行われました、七夕賞の回顧です!

レース結果

1着 クレッシェンドラヴ

2着 ブラヴァス

3着 ヴァンケドミンゴ



回顧

先週から続くあいにくの空模様。

今週の福島もすっきりしない天気が続いていましたね。

土曜日は先行内が残る先週の傾向を引っ張っていましたが、日曜になってから、差しも決まるレースも見られるようになりました。

個人的には、内先行有利で予想していたので、土曜日段階ではヨシ!と思いましたが、今日レースごとに変わってくる馬場傾向を見て、嫌な予感がしてきました・・・

馬場状態も悪化し、スタミナを要する馬場になったと思います。
ゴールまでのレースラップも、12.1-12.2-13.0とゴールに向かって減速しています。

スタミナと、福島慣れしている馬に有利な展開だったと思います。

1着 クレッシェンドラヴ

久しぶりの実戦でしたが、しっかりスタートを切って、いつもの中団後方におさまってレースを進めてきました。

この馬の特徴はなんといっても、向こう上面くらいから、まくる(位置を押し上げる)脚が素晴らしい事だと思います。

内を通ると、捲るのに前が詰まる心配もあるんですが、今回は上手くスムーズにまくってこれましたね。

ここで勝負ありだったかなと思います。

内田騎手もこの馬には乗り慣れていますし、さすがの騎乗でした。

今後も福島では強い競馬を見せてくれると思います。

2着 ブラヴァス

初福島でこの馬場でよく頑張ったなぁと思います。

逃げ馬から少し離れた先行集団を追走し、向こう正面で少しポジションを上げましたね。

ただ、最後の直線に入る前、この馬とクレッシェンドラヴは同じ様な位置にいるんですが、ブラヴァスはマイネルサーパスの外を回して、クレッシェンドラヴはマイネルサーパスの内を回しました。

個人的にはここの選択が、この着順になったのかなと思います。

ただ、初コースでもしっかり走りますし、今後も楽しみな馬です。

福永騎手も全場重賞制覇、惜しかったですねー

3着 ヴァンケドミンゴ

この馬も初古馬重賞挑戦でこの結果は見事だと思います。

福島ではこれで5戦4勝3着1回と素晴らしい適性を見せていますね!

直線も大外に出していますので、展開的には決して楽ではなかったと思います、それでこの結果ですから、力を証明してきました。

反省

指数厳選軸馬候補成績

・ マイネルサーパス 11着
・ パッシングスルー 6着
・ ヴァンケドミンゴ 3着


馬券はハズレ・・

馬場を読み切れなかったのは、反省しなくてはいけないと思います。

ここまで馬場が悪くなるとは思いませんでした、今回も完敗です。

本命はマイネルサーパスでした・・

みなさんはどうでしたか?

まだまだ続く夏競馬、気温も上がってきますので、熱中症対策にも十分おきをつけくださいね。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。

↑このページのトップヘ