楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


普段は上位人気予想馬と気になる穴馬について考察記事を挙げていますが、今回はG1なので、そのほかの馬達についても簡単に考えていきたいと思います。

ミスターメロディ

この馬は左回りの方が良績が多いですね。
陣営もその辺の不安点を言い始めましたし、やはりそうなのでしょう。

好走するときには内をぴったり走っての好走が多く、枠順にも左右されそうです、そして福永騎手が溜める競馬をするかも、と言っていますがそれをすると直線さばけるか不安な所でもあります。

ディアンドル

前走古馬の重賞初挑戦で2着に好走しました。
内容的にも前に行った馬が厳しい展開の中での2着でしたし、評価できる内容だったと思います。


ファンタジスト

前走で復調のきっかけをつかんだでしょうか。
春は距離を意識して控える競馬が多かったですが、それがまだ秋の初戦は抜けきっていませんでした、

前走で前につけられるようになりましたし、元々短距離で結果を出してきた馬ですし、内枠なら面白いと思います。

リナーテ

この馬も今年に入ってからは馬券外はないという安定感がありますね。

前走もかなり外を回りながらタワーオブロンドンに接戦していましたし、力はあると思います。
あとは中山でもあの脚が使えるか不安があります、ターコイズでは負けていますが、あれが距離なのか坂なのかまだ分からないので、そこだけ不安ですね。

イベリス

前走以上を求めるのは厳しいと思います。
脚質的にはいいですが、遠征で古馬G1というのも気になります。

レッッゴードンキ

長く活躍している馬ですね。

さすがに上積みはないと思いますが、まだ衰えはないと思います。
後ろの馬が届く展開になれば、まだ突っ込んでこれると思います。

セイウンコウセイ

左回りで狙いたい馬ですね。
ベストは中京だと思います。

ダイメイプリンセス

上がりがかかる展開(35秒以上)の展開になれば差してくると思います。

秋山騎手と相性抜群ですし、この馬も展開に左右されるので枠順を見てから展開次第ですね。

アレスバローズ


ローカル競馬場でこその馬かなと思います。

展開不利を受けやすい運のなさみたいなのも気になります。

ハッピーアワー

前走遅れたとはいえ、もう少し詰めてきてほしかったというのが正直な所です。

今回はどうでしょうか、個人的には厳しいと思います。

ラヴカンプー

昨年までの勢いはありませんね、牝馬は一度調子を崩すと厳しいと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気以外の馬を見てきました。
最終的な予想は週末に書いていきますので、よかったら見ていただけたら嬉しいです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今週からはいよいよG1が始まりますね。

いよいよ秋競馬本番という感じです。
今回は出走を予定しています、馬の中から、ネット競馬さんの予想1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

ダノンスマッシュ

予想一番人気はこの馬ですね。

今の短距離を引っ張る馬です。

ただこの馬不安点がないわけではありません。
その不安点は中山のコース形態です。

この馬とにかく平坦コースに良績が集中しています。
力はあるとは思いますが、中山の急坂がどうでるのか不安なところでもあります。

そして今年流れの悪いダノン陣営、どうしても本番では何かが届かない、この流れも気になります。

切りとまではいきませんが、現時点では本命にはしないとおもっています。

タワーオブロンドン

勢いではこの馬が一番ありますね。

短距離に転向してからはかなり強い競馬が続いています。
そして前走はレコード勝ちを収めました。

勢いもあるし力もあるのはわかりますが、問題なのは陣営はここを想定していたか、という点が気になります。

当初はルメール騎手のグランアレグリアが出走予定でしたのでここは出るか決めてなかったはず、前走を強い勝ち方をしたことによって、ここに出したくなって出したのかなと思います。

前走レコード、そして想定外の出走ということになれば、今回のデキは気になるところです。

モズスーパーフレア

ここ2走は少しらしくない競馬が続いています。

高松宮記念は行き足がつかずに惨敗、前走は調整ミスなのかこれも行き足つかず惜敗。

前走が叩き台だと割り切れば、前不利の中、よく頑張った競馬だと思いますし、得意の中山で、逃げれば、今回巻き返してきそうな気がします。

ただ3番人気ではあまり旨味がありませんので、その辺はオッズと相談したいですね。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

残りの馬達の考察も週中にはしていきたいと思います。

今回はこの辺で、今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今回は先ほど行われました、神戸新聞杯とオールカマーの回顧をしていきたいと思います。

オールカマー

まずは結果から

1着 スティッフェリオ
2着 ミッキースワロー
3着 グレイル
4着 レイデオロ
5着 クレッシェンドラヴ

回顧&反省

このレース逃げたい馬が不在でしたね、レース予想記事でも、行くのはスティッフェリオかゴーフォーザサミットかと言っていましたが、その通りになりましたね。

逃げたい馬では無い馬が逃げるときは抑えておかなくてはならない、これを忘れていました。
悔しい結果になりました。

1着 スティッフェリオ

今回は完全に展開に恵まれましたね、小頭数の逃げは楽な展開になりやすく、力が厳しい馬でも抑えておくべきなのはわかっていたのですが・・・

丸山騎手もいききる選択は見事でしたし、好騎乗でした。

ただ今回は何度も言うように展開に恵まれたので、今回の結果を真に受けすぎると次走痛い目をみそうです。

2着 ミッキースワロ―

やはりこの馬は中山の外回りは得意ですね。

いつも通りの競馬でまくり差しでしたが、最後11.2-11.0-11.8を差してくるのですから、大したものです。
今後も中山外回りに出て来たら積極的に狙いたいですね。

3着 グレイル


個人的にはかなり驚きました、完全にノーマークでした。
内でじっと脚を溜め最後差してきましたね。

セントライト記念で3着に来ているようにこの馬は中山が得意なのかなと思いました。
戸崎騎手は内にこだわる騎乗が非常に多い騎手ですので、今回はその判断が最後の伸びに繋がりましたね。

4着 レイデオロ 

少し物足りない内容だったと思います。

前走の阪神よりは条件も好転して、今回巻き返すと思っていたので、今回は少しうーんという感じでした。

なにより気になったのは直線で首が高く走っていたこと、この馬直線ではぐっと首を使って伸びてきていましたので、今回は騎手が変わったせいなのか、休み明けなのか、この辺はわかりませんがいつものレイデオロらしくありませんでした。

5着 クレッシェンドラヴ


本命でしたが、ミッキーの様な競馬をしてほしかったです。

スタートで少し前目に出て、その後下がり直線行き場をなくしては、勝負になりませんでした。
最後伸びてきていたので、後ろで思いっきり溜めていたらどうだったのか気になるところではあります。

神戸新聞杯

このレースはスローからのヨーイドンでしたね。

直線でいかにいい脚を使えたか、それが全てだったと思います。

1着 サートゥルナーリア
2着 ヴェロックス
3着 ワールドプレミア
4着 レッドジェニアル
5着 ユニコーンライオン

すべての馬の上がり3Fが、32.3~33.5ですので、かなり上がりが早いですね。
こうなると位置取りが大切になります。

ワールドプレミアはさすがの末脚(32.3)で3着には来ましたが、前に行ったサートゥルが32.3ですから、後ろの馬にはかないませんでした。

今後どこに行くかはわかりませんが、サートゥルの力を見せつけられたレースになりました。

負けた馬たちも展開に泣いたと思うので、今回の結果はそのまま見なくてもいいと思います。

レースを終えて

神戸新聞杯はオッズが低すぎてケン、オールカマーは撃沈でした。

良い流れは続きませんね・・

いよいよ来週からはG1スプリンターズS!
久しぶりのG1ですので気合いが入りますね!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ