楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。


今回は中京記念に出走を予定しています、上位人気予想の馬の過去3走を見ていきたいと思います。

予想1番人気 プリモシーン

前走 ヴィクトリアマイル(G1) 2着

スタートを決め、中団追走から直線迫るも2着になりました。
この馬の競馬は出来ていたと思います、ラストは道中の位置取りの差でしょう。

2走前 ダービー卿CT(G3) 2着


スタートが上手い福永騎手に替わったことでスタートはバツグンでした。
牡馬相手に55kで2着というのは立派ですし、力は示せました。

3走前 ターコイズS(G3) 8着

道中はいい感じでレースを進められたが、直線で少し加速する時に窮屈になりました。
それでも最後まで伸びていますし、8着ですがそこまで上位と差はないと思います。

今回どうか?

中京上手い福永騎手なのはいいと思いますが、関屋記念の流れの方がこの馬には向いていると思います、かなり人気を被るなら馬券からは外してみても面白いかもしれません。

予想2番人気 カテドラル

前走 NHKマイルカップ(G1) 3着

このレース最大のポイントは、グランアレグリアの斜行に巻き込まれたか否かだと思います。
この馬はグランアレグリアのごちゃごちゃに巻き込まれない馬群の内をスムーズに加速できたことが好走の要因だったと思います。

2走前 アーリントンC(G3)2着

陣営も予想外の出遅れだったそうですが、後方に付けると、直線ではかなりいい脚で2着に差し込んできました。
出遅れて新味が出たので、この出遅れかえってよかったのかもしれません。

3走前 京成杯(G3) 11着

先行して直線は垂れていきました。
2000mのペースはこの馬には合わないと思います。

今回どうか?

マイルはこの馬に合っていると思います。
道中後ろになると思うので直線捌けるか、展開がハマればここでも上位争いしそうです。

予想3番人気 ロードクエスト

前走 安田記念(G1) 12着

早め先行の競馬を試してきましたがやはりこの馬は後方で溜めて直線弾ける競馬の方が良いと思っています。
馬の格的にもG1ではどうかな?と思うところがあるので一か八かの騎乗だったと思います。

2走前 京王杯SC(G2) 12着

後方からレースを進めましたが、直線は2回詰まり競馬になっていません。
この着順は鵜呑みにしてはいけないと思います。

3走前 ダービー卿CT(G3) 6着

ここも直線スムーズに加速できず6着、そこまで大負けしていませんし、少しの差だと思います。

今回どうか?

この馬も展開待ちなところがありますが、ここでも通用する力は持っています。
馬券に組み込むかは人気次第ですね。

予想4番人気 グル―ヴィット

前走 NHKマイルカップ(G1) 10着

ここはレーン騎手の判断が裏目に出てしまいました。
直線グランアレグリアの後ろに付けた事が敗因だったと思います。
1番人気でしたし、後ろに付けて最後交わそうとしたのでしょうが、先行馬に前を塞がれ満足に追えませんでした。

ここはノーカンでもいいと思います。

2走前 ファルコンS(G3) 2着

初芝の重賞で2着は見事だと思います。
ハッピーアワーには負けましたが3着馬には3馬身つけていますし、重賞でもやれるというところを見せ付けました。

今回どうか?

前走の結果で人気がなくなるのであらば、面白い存在になってくると思います。
ダートで走ってきましたし、タフな条件でもこなせると思います。

まとめ

上位人気馬の近走を見てきました。

なかなか面白いメンバー構成だと思います、その他の気になる穴馬や最終見解などは週末にブログを更新しますので、見て頂けると幸いです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


みなさんは馬券を買うとき自分なりの決まりはありますか?
一頭に絞って単複?夢を求めて3連単?競馬には様々な馬券があり、十人十色の楽しみ方があると思います。

今回紹介します、私が実際にやっている中穴馬連法は少額で楽しめる馬券術ですので、もし面白いなとおもったら今後参考にしていただけると嬉しいです。

主に重賞をメインに使っていますのでよろしくお願いします。


中穴馬連法とは?

名前で大体想像ついてしまうと思いますが、中穴(単勝オッズ10倍~30倍)までの馬を軸において馬連を買っていく方法です。


中穴馬連法を使うときの条件

いくつかある馬券術の中でこの中穴馬連法を使うときには自分の中で条件を決めています。

①1番人気が単勝オッズ2倍後半~5倍台
②単勝オッズ30倍未満の馬がおおよそ半分いるとき


中穴人気が来るときは、人気どころの馬に何らかの不安要素があるが成績が安定しているので、押し出されるように人気が付いているときによく来るので、この条件を目安にしています。

おいしい中穴馬の見つけ方

結論から言いますと、何らかの不利や不得意を走ってきた馬を狙います。

具体的にどういう風に見つけていくかといいますと。
近走の走りを1頭ずつ見ていきます。

おいしい中穴馬の条件

①不利があった馬
・先行総潰れの展開を先行
・前が開かない(差し馬)
・逃げ馬が複数いて競られてハイペースで潰れた
・進路を妨害された
・出遅れ  

このように何らかの不利があった馬は人気がなくなる傾向にあります。

②不得意条件で凡走

例えば中山競馬場が得意な先行馬がいたとします。
その馬は3走前中山でタフなレースを粘り込み2着に好走しました。
・前走東京で上がり3F勝負でキレ負け 9着
・2走前阪神で先行馬多数で流れが速くなり差し馬が独占 8着

こういうような臨戦過程の馬は馬柱上ではそんなに強そうには見えませんので人気が落ちます。
そしてこの馬が中山に替わり、先行馬もそんなに多くない+馬場傾向的に内有利になり条件は好転するとしても、中穴人気程度に収まるのがほとんどです。

特に似たような条件で凡走(理由あり)がある馬はもっと人気がなくなります。

馬券の買い方

軸が決まったら実際に馬券を買っていきます。

馬券は最大6点を上限に買います。
買い方は二通り

①中穴人気馬~相手馬に3点
②面白い中穴馬2頭~相手に6点


①の条件では相手馬を3頭にしぼります。
そして相手馬の条件は軸にする馬よりオッズが低いことです。
あくまで中荒れを狙う馬券術ですので、相手には軸馬より人気の馬の中から3点が最も当たりやすいです。

相手がわからない時には上位1人気から3人気に流すのもおススメです。

②の条件も一緒です。
ただし軸馬が2頭になるので点数も倍になります。

この馬券術のメリット

この馬券術最大のメリットはトリガミになることがほぼないことです。

上位人気が割れているのが条件ですので、仮に1人気が来たとしても配当は6倍をほとんどの場合超えますし、人気が低い方がくれば配当が跳ねあがることがあるのもこの馬券術最大の魅力です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は自分も実践している中穴馬連法を紹介しました。

面白いと思ったら使っていただけると嬉しいです。
世の中には様々な馬券術がありますので、ご自身にあった馬券術を見つけ、競馬を楽しんでいきましょう。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回は先ほど行われました。函館記念の回顧をしてきたいと思います。

レース結果

1着 マイスタイル
2着 マイネルファンロン
3着 ステイフーリッシュ
4着 ドレッドノータス
5着 アメリカズカップ


人気ブログランキング

レース回顧

マイスタイルがハナに立ち淡々と逃げていきました。
道中のペースのアップダウンもほぼないまま直線へ、前にいた先行勢が上位を独占したように、位置取りが大切なレースでした。

1着 マイスタイル

スタートからハナに立ちレースを引っ張れたことが勝因でしょう。
前走も不利がありましたし、昨年の夏函館を勝っているように函館も得意な馬でした。

田中勝騎手も不安の声を跳ね返す見事な競馬でした。
今後もオーバーペースにならない展開ならば上位争いできる馬だと思います。

2着 マイネルファンロン

マイスタイルをみながら2番手の競馬でした。
先行すればしぶとい馬ですし、クラシックでも若い時から活躍していましたので、好走してきたのにも驚きません。
ゆったり追走できたのが良かったと思います。

巴賞では先行馬にはきつい展開でしたし、条件がいろいろ好転していたので今回の人気はおいしかったですね。

3着 ステイフーリッシュ

今年に入って本当に安定している馬です。
今回はマイスタイルにうまくやられてしまいましたが、前をいくドレッドノータスは交わしていますし、タフな条件では今後も注目するべき馬だと思います。

G1では少しどうかなと思いますので、G2、G3などに今後も出てくるなら買いたい馬です。

4着 ドレッドノータス

今回の条件は間違いなく良いと思っていたので、できれば馬券内に来てほしかったですが、この馬の競馬は出来たと思います。

もう少しマイネルファンロンを追いかけていたらどうなっていたのか気になりますが、それをいってもしかたありませんね。

今後先行馬が少ないメンバー構成になったら買いたいです。
どこかでもう一度穴を開けてくる馬だと思います。

5着 アメリカズカップ

この馬は馬場が重くなったときに好走する馬だと思います。
今回の様に上がりのかかる馬場は合いますね。

重馬場などの力のいる馬場になったときには積極的に買いたい馬です。


まとめ

函館記念らしい、内を回る先行馬が上位を独占しました。

馬券は抑えの馬連のみ的中。
本命のドレッドノータスが来てくれればかなり儲かったのですが、惜しい4着でした。

そろそろ夏らしい天気になってくると思いますので、みなさんも体調を崩さないように、元気に夏競馬を楽しんでいきましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ