楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2019年11月


チャレンジCの予想もしていきたいと思います。

展開予想

普通に考えれば、ハナに行くのは、ブラックスピネルだと思いますが、スミヨン騎手が逃げに出るのかは気になるところです。

とはいえ、そこまで行きたい馬もいませんし、ブラックスピネルが行くと予想します、となれば早い流れにはならなそうだと思います。

阪神に適性がある馬、このレースに適性がある馬を中心に考えたいですね。

指数順位

1位 ロードマイウェイ
2位 ステイフーリッシュ
3位 ケイアイノーテック
4位 ベステンダンク
5位 ブレステイキング

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い)

ロードマイウェイ



買いたい馬

ギベオン

いい枠に入りましたね、先行してじりじりタイプの馬だと思いますので、今回の内枠はいいと思います。

デットーリ騎手も重賞を勝って帰りたいはずですし、ここはチャンスではないかなと思います。
心配なのは出遅れ癖が近走目に付く所ですね、好位に付けたい所だと思いますので、出遅れだけはしたくないですね。

とはいえ、このメンバーならば、チャンスありだと思いますし、期待しています。

ロードマイウェイ

少し距離はどうなのかなというのがありますが、この枠ならば、距離ロスなく回ってこれそうですし、ギリギリ距離は持ちそうかなと思います。

ルメール騎手になるのもいいですし、斤量も54kと2k差ありますし、今回はチャンスありだと思います。

ステイフーリッシュ


G2、G3ならば安定した成績を収めていますね。

阪神コースも昨年のチャレンジCで3着と適性がありますし、このメンバーならば実績上位だと思います。
中谷騎手が騎乗ということで、不安視する声もありますが、この馬に関してはとても詳しいと思いますし、実際結果を出していますので、個人的にはプラス要素だと思います。

テリトーリアル

近走の安定感は素晴らしいですね。

外回りコースでの好走が多いのは気になりますが、4走前の但馬Sでは、フランツに僅差の競馬をしていますし、前走、前々走ではリスデッドで2着、1着と、このクラスでも通用する力はあると思います。

そこまで人気しなそうですので、狙いたいですね。

まとめ

◎ ステイフーリッシュ
〇 テリトーリアル
▲ ギベオン
△ ロードマイウェイ

厳選軸馬に逆らう形にはなりますが、馬券的にはステイフーリッシュからの馬連3点を考えています。

馬券的にはこうしましたが、個人的に好きな馬トリオンフが今回出てきますので、馬券とは別に応援したいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。
今週も競馬を楽しんでいきましょう

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


さて、今週は、貴重な砂のG1、チャンピオンズカップが行われます。

なかなかのメンバーがそろっている印象ですので、楽しみです。

それでは予想をしていきたいと思います。

展開予想

インティがいい枠に入りましたね、前走は大外で、厳しい競馬でしたので、メンタル面が心配ですが、ここでもハナにいくのではないのかなと思います。

武豊騎手が逃げるならば極端なハイペースにはならないと思いますし、前目の馬か、捲れる馬を中心に考えたいですね。

指数順位

1位 サトノティターン
2位 インティ
3位 クリソベリル
4位 キングズガード
5位 ゴールドドリーム

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

サトノティターン

インティ


買いたい馬

チュウワウィザード

生涯馬券内率が100%というのは魅力的ですね。

好位に付ける競馬もできますし、控えれば差して来れますし、本当に欠点の少ない馬だなと思います。
内枠に入れたのもいいですし、中京が得意な福永騎手への乗り替わりもいいと思います。

ここでも大負けはしなさそうですので、買いたいですね。

インティ

前走のみやこSでは、大外に59k道中不利と、厳しい条件が重なってしまいました。

中京は東海Sで勝っているように適性もありますし、武騎手に戻るのもいいですね。
内枠に入ったことですんなり行ければここでも巻き返してきそうです。

心配なのは、先ほども書きましたが、前走大敗の記憶によってメンタルがダメになっていないか心配ですが、そこさえこなせればここでも上位だと思います。

ウェスタールンド

前年の2着馬ですね。

今年はなかなかレースができませんでしたが、前走の休み明けのみやこSではしっかりと3着に来ていますし、叩き2走目で状態も上向きそうですし、スミヨン騎手の継続騎乗もいいですね。

好走材料が多い様に見えますが、心配なのはスミヨン騎手、水曜日の浦和記念はケガでキャンセルになっていました、腰を悪くしたそうで、土日に間に合うのかは気になるところです。

ゴールドドリーム

2017年にこのレースを制している馬です。
今のダート界の総大将的存在ですね。

前走の南部杯では圧倒的に支持されながら3着でしたが、ゴールドドリームは盛岡競馬場は合わないと思っていますので、むしろそれで人気が落ちるなら面白いと思います。

ワイドファラオ

穴ならこの馬かなと思います。

ルール上の盲点ですが、今回3歳馬は55kで出られるのはいいですね。
出世レースのユニコーンSを勝っているのもいいですし、前目に付けて粘りこむ力がこの馬の武器だと思いますので、今回の舞台設定もいいと思います。

前走のみやこSも先行馬に厳しい流れながら、5着に踏ん張っているのもいいですね。

内をぴったり回った方がいいタイプだと思いますので、内枠の方がいいと思いますが、あまりに人気がなくなるならば買いたいですね。

ヴェンジェンス

最後は必ず差してくる馬だと思います。

直線だけの競馬ではなく、捲っていけるのもいいですね、展開が向いたとはいえみやこSでは強い勝ち方、ダートの幸騎手は買いというのが個人的な格言ですので、人気の盲点になっていそうですし、面白いと思います。

大外もこの馬に関しては気にしなくていいと思います。

まとめ

◎ インティ
〇 チュウワウィザード
▲ ゴールドドリーム
△ ウェスタールンド
△ ヴェンジェンス
△ ワイドファラオ

ここではインティの復活に期待しています。
武騎手もこれだけのメンバーがそろっているので燃えていると思いますし、日本のレジェンドとしてここは負けてほしくないなと、個人的な思いもあります。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今週はチャンピオンズカップもありますが、個人的に楽しみな芝の重賞、チャレンジCも行われます。

今回はいつものように、上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

ステイフーリッシュ

予想では一番人気ですね。

この馬とにかくG2、G3に強い印象があります。

昨年のチャレンジCでもしっかり3着に来ていますし、阪神内回りもこの馬にあっているとおもいます。
距離もこのくらいがちょうどいいと思います。

メンバーを見渡しても、この馬の実績は光りますし、走っても走っても過剰人気になることが少ないので、今回も面白いですね。

ギベオン

当日の一番人気はこの馬ではないかなと思います。

デットーリ騎手になるのも人気を後押ししそうですね。
この馬は、近走凡走続きですが、前走は出遅れて前有利の展開に負けて、鳴尾記念は出遅れて追い込むも4着、ダービー卿CTは斤量が重く凡走と、少し運がないところがあります。

好位から粘りこむ形が一番いいと思いますし、阪神の今回のコースはいいと思います。

デットーリ騎手も重賞勝ちが欲しいでしょうし、そろそろ勝ちそうですね。

スタートさえ決まれば、ここでも上位争いはしそうな気がします。

ロードマイウェイ

4連勝でここに来ていますし、魅力的な馬ですね。

ただ距離が2000mになるのはどうなのかなと思います。

得意な左回りでならば1800くらいまで走っていますが、デビュー戦1400を使っていますし、阪神の2000mは少し長いのかなという印象です。

血統的にも母父ジャンポケと、左回りに適性があるのかなとも思いますし、今回はワンターンの競馬ではないのも気になります。

人気しすぎるならば、少し軽視したいと個人的には思います。

トリオンフ

久々の競馬になりますね。

休養前は、小倉記念を勝っていますし、元々持っている力はここでも遜色ない馬だと思います。

阪神コースへの適性も鳴尾記念2着と証明済ですが、長期休養明けというのが引っ掛かりますね、久々の競馬ですから、探り探りの競馬になると思いますし、今回は馬券という観点では様子見がいいかなと思います。

ただ、個人的にはこの馬大好きなので、今回のレースはとても楽しみです。

是非復活してほしいなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最終的な予想は明日上げたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は、砂(ダートのG1)チャンピオンズカップが行われますね。

貴重な中央ダートG1ですので、ここはあてたいですね。
ではいつものように、ネット競馬さんの1桁人気の馬を見ていきたいと思います。

クリソベリル

予想一番人気はこの馬ですね。

3歳馬の勢いでこのまま勝ち切るのか注目が集まる馬ですね。
今回の予想で一番頭を悩ませる馬ではないのでしょうか。

確かに、デビューから負けなしでここまで来ているのは評価するべきですが、問題なのはそれが古馬に通用するのかということです。

3歳馬同士ならば、この先条件馬に収まる馬と、重賞常連になるような馬が混ざりますので、着差が付きやすいです。
前走の日本テレビ盃で古馬には勝ってはいますが、メンバーレベルがそこまで高くなかったなというのが正直な印象です。

近年で3歳で好走した馬(ルヴァンスレーヴやノンコノユメ)は、3歳世代で力の違いを感じさせてから、ここに来るまでに中央の重賞で、当時の大将格の馬に好走を演じています。

それがないのは、少し不安です、あまりに人気するようならば少し軽視したいと個人的には考えています。

オメガパフューム

まだ4歳馬なのですね、歴戦の古馬のオーラを感じていたので、少しびっくりしました。

左回りで結果がでていないのは、少し気になりますね。
この馬は、京都が中央ではぴったりだと思っていますので、今回デットーリ騎手に変わり、もしかしたら当日1番人気も想像されますので、そうなれば評価を下げたいかなと思います。

前走のJBCクラシックで、左回りは大丈夫なのでは?と思われそうですが、今年のJBCは少しメンバーレベルが低かったと思いますので、これくらいはやらないといけないと思いますし、ここだけでの評価はどうなのかなと個人的には思います。

成長力で克服してくる可能性はありそうですが、実績を評価するスタイルなので、今回は割引たいと思っています。

ゴールドドリーム

ダート古馬の大将格の馬ですね。

このレースの17年の覇者でありますし、舞台設定は問題ないと思います。
ゲートが悪いのは、いつものことですし、この馬の競馬ができれば好走してきそうです。

前走は圧倒的に支持されながら、南部杯を負けてしまっていますが、盛岡競馬場の相性があまりよくないと個人的には思いますし、そこまで気にしなくていいと思います。

むしろそれで人気を落とすのであれば面白いと思います。

インティ

昨年から今年にかけて、中央のダート界をにぎわせた馬ですね。

今年はフェブラリーSを勝利し、そこからの飛躍が期待されましたが、かしわ記念で2着に敗れると、帝王賞では6着に敗れてしまいました。
ですが個人的にはこの敗戦は気にしなくていいかなと思っていまして、単純に地方が合わなかったのかなと思います、自分のペースで競馬できなかったのもよくなかったと思いますし、この2戦は気にしていません。

前走も大敗してしまいましたが、59kで大外、そしてレース中の不利と、これだけ不利が重なれば大負けしても仕方ないと思います。

今回武豊騎手に逃げ宣言、やはり武騎手は逃げ馬に乗ったときには間違いないペースでレースしてきますし、中京の1800は前に行ったほうがいいコースだと思いますし、条件は好転します。

メンタルが戻っていれば、今回は巻き返して来そうです。

チュウワウィザード

デビューからすべて馬券内の安定感は素晴らしいですね。

東海Sで中京もこなせることも証明済みですし、中京が得意な福永騎手への乗り替わりもいいですね。
前走で、JBCクラシックも勝っていますし、充実期そのもの。

インティがレースを運んでくれればこの馬に向く流れになりそうですし、ここでも大崩れもしないと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

メンバーを見渡しても今の中央ダート界では、ほぼオールスターなのではないでしょうか。

枠順によってはレース展開も変わりそうなので、枠順をみてからさらに考えていきたいですね。
12月も近づき寒くなってまいりましたが、みなさんも体に気を付けて、元気に競馬を楽しんでいきましょう。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今回は先ほど行われた。
ジャパンCの回顧をしていきたいと思います。

結果

1着 スワーヴリチャード
2着 カレンブーケドール
3着 ワグネリアン
4着 マカヒキ
5着 ユーキャンスマイル

回顧

金曜日から降り続けた雨の影響があり、重馬場でレースが行われました。
土曜日では不良馬場でしたから、やはり東京競馬場の排水能力にびっくりしました!

内側に痛みがあるように見えましたが、内が伸びないというわけではなく、内でもしっかり粘れる馬場だったように思います。

そんななかレースは、戦前から逃げをにおわせていた、ダイワキャグニーが逃げましたね、そのまま平均ペースでレースは展開してきました。

最後の3Fは37.2ですから、東京競馬場を考えるとかなり力のいる馬場だったのかなと思います。

ある程度の位置取り、この馬場に負けない末脚を使える馬に有利になったと思います。

1着 スワーヴリチャード

これはマーフィー騎手の位置取りが見事でしたね。
先行させる馬に乗るとうまいマーフィー騎手ですが、スワーヴリチャードは少し難しい所がある馬なのに、しっかりとこの馬を導いた姿にはさすが、若くしてイギリスリーディングだなぁとおもいました。

コースロスなく内をぴったりと回って、最後の直線は、内を突くロスのない騎乗でした。

馬場が渋って、早い上りを求められなかったのも、この馬にとっては良かったと思います。

なにはともあれ、大阪杯以来のG1勝ち、得意の東京で最高の結果だったと思います。

2着 カレンブーケドール

この馬もロスのない競馬でしたね。

外国人騎手がたくさん来る中、継続騎乗にこたえようとする津村騎手の気持ちが伝わってくる競馬でした。

斤量も軽かったのもよかったですが、今回の様な力のいる馬場もこの馬に向いたのだと思います。
ディープインパクト産駒ですが、一般的な早い脚を使えるディープ産駒というよりは、スタミナが豊富で、先行して押し切るようなじりじりと切れるディープ産駒というイメージがあります。

今回はこれ以上ない競馬だったと思います。

3着 ワグネリアン

力のあるところは見せてきましたね。

最後の1ハロンでダメかなという所から伸びてきて3着は確保しましたね。
ただ、良馬場でやりたかったのが本音かなという所だと思います。

それでも3着ですから、今後も楽しみです。

4着 マカヒキ

マカヒキは凱旋門賞の直後から上りのかかる馬場で伸びるタイプになっていると思っていまして。

今回の馬場を見た時に、ダンビュライトと共にこの馬場はいいなぁーと土曜日に思った一頭です。
馬券は買いませんでしたが、今後もこういう上りのかかるような馬場になりそうなときは少し注目したい馬ですね。

5着 ユーキャンスマイル

掲示板は確保してきました。
力は重賞級だということを今回も証明してきました。

スタートしてすぐ、ムイトオブリガードとレイデオロに挟まれて、少し後退してしまったのが痛かったですかね、ポジションを取れなかったことで最後大外を回すしかなくなってしまいました、そこだけ少し運がなかったですね。

それでも力はありますし、どこかの重賞を勝てると思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

反省

本命にしていたムイトオブリガードは思っていたよりポジションが後ろ目になりました。
早め抜け出しで粘りこむ姿を妄想していましたので、直線に入ったときにはハズレを確信しました。

ラスト100mは疲れていたとルメール騎手もいっていましたので、この馬場が堪えたのかなとおもいました、こなせると個人的には思っていたのですが・・・

それにしてもレース後、かなりマーフィー騎手嬉しそうでしたね、そんな姿を見てしまったら、外れたことなんて気にならなくなりました。

マーフィー騎手、スワーヴリチャード、関係者の皆様本当におめでとうございます!

スワーヴリチャードのアイドルホースほしかったので、今回の勝ちで出るかな?と個人的には楽しみにしています。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ