楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2020年01月


今週は、京都の短距離重賞シルクロードSが行われます。

今回も、上位人気想定の馬の個人的な感想を書いていきたいと思います。


モズスーパーフレア

一番人気はこの馬になるのかなと思います。

この馬は、中山で功績を挙げていますので、中山専用機という声も聞こえてきます。
この馬とにかく自分のペースで、早めに前半入って、後続を削り倒す競馬が得意な馬ですね。

こういうペースになりやすい中山で好走が多いのも納得できます。

ですが、中山でしか走らないとうわけでもないのかなと個人的には思っていまして、負けたレースを見ても、前走なんかは、前半遅かったのが敗因でしょうし、北九州記念も負けてはいるものの、最後まで粘っていますし、その時2着のディアンドルとは斤量が3k差ありました。

中山でしか走らない、この考えが広まって、人気になりすぎないのであれば、少し狙ってみたいですね。

レッドアンシェル

この馬も評価が難しいですね。

前走CBC賞は勝っているものの、福永騎手も言うように、重馬場が得意だったのかなと思います。
この時のメンバー構成、(2着 アレスバローズ57.5k 3着 セイウンコウセイ58k)も正直そこまでレベルが高くないと思っていますので、56kで辛勝は少し物足りないかなと思います。

そして今回はフォーリ騎手に乗り替わり、テン乗りというのも少し不安ですね。

ディアンドル

前走はG1に挑戦も、道中ついてくのが精いっぱいという内容でした。
直線では力尽きていましたね。

北九州記念は勝ってはいるものの、52kとかなり有利な斤量だったと思います。
古馬との実績はこれくらいですし、今回がこの馬の試金石になるのかなと思います。

ただ、こういうタイプの馬は池添騎手はかなり合うと思いますので、そこはいい点かなと思います。

アウィルアウェイ

前走は少し直線に入るまでにスムーズではありませんでしたので、あの結果は仕方ないかなと思います。

川田騎手とも手が合いますし、馬体が成長しているのもいいですね、ただ、差してくる馬ですので、ごちゃつくと抜けてこれない可能性もありますので、そこは少し警戒したいですね。

カラクレナイ

近走は、なかなか勝てない結果になっていますね。

生涯成績(4-1-4-16)そのうち京都1200m成績(0.1.4.2)と勝ち切れないものの、この舞台は得意にしています。
ゴール前まで伸びきれない所がありますので、その辺がこの結果に繋がっているのかなと思います。

今回も、接戦は演じそうな感じはしますが、頭まではどうなのかなというのはあります。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

最終的な予想は週末に更新したいと思います。

みなさんはどう考えますか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さてAJCCの回顧をしていきたいと思います。

レース結果

1着 ブラストワンピース
2着 ステイフーリッシュ
3着 ラストドラフト
4着 ミッキースワロー
5着 サトノクロニクル

回顧と反省

レース展開は、大方の予想通り、スティッフェリオが行きました。
番手には、ステイフーリッシュ、後は、グローブシアターが続きその後ろにブラストワンピースという展開になりました。

レース1000m通過は、62.4ということで、オールカマーの時のスティッフェリオの刻んだ1000通過ラップ61.8と比べてもほぼ、同じですし、ここまではいい感じに刻めたのかなと思います。

レースのポイントはマイネルフロストの仕掛けだったのかなと個人的には思います。

レース後マイネルフロストは予後不良の診断になったそうです・・大変残念な結果になってしまいました・・

マイネルフロストが故障したことで、勝負所で下がっていきました、そこでぽっかり空いたスペースに入れたのが、ブラストワンピースでした。

レース結果を見ても、内を回しても粘りこめる馬場だったと思いますし、そこを取れたのはブラストワンピースにとっては良かったと思います。

そのあおりを受けてしまったのが、ミッキースワロー、ラストドラフト、ニシノデイジーでした。
マイネルフロストがブレーキを踏んだことで、その直後にいたこの馬達が回避行動を取ったことで、この馬達は大外を回される結果になってしまいました。

その辺が上位入着した馬達の着順を分けた結果だったと思います。

ブラストワンピースに関しては、先行する馬も少なかったので、すんなりいいポジションを取れたのもよかったですね。


馬券的反省

本命のミッキースワローは4着だったので馬券はハズレ・・

外れてしまったことより、マイネルフロストの予後不良が残念でありません。

競馬をこうやって楽しんでいられるのは競争馬あってのことですし、まずは全馬無事に走ってほしいというのが、毎レース思うことですので、今回は結果云々よりここがショックです。

来週からは東京開催に変わります、まずは全レース全馬無事に、走ってほしいと心から願うばかりです。

みなさんはいかがでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて、今回は、今週に行われます、アメリカジョッキーズクラブカップ(AJCC)の予想をしていきたいと思います。

展開予想

逃げるのはスティッフェリオだと思います。
同舞台のオールカマーを逃げ切っていますし、今回も行く馬が他にいなそうなので、この馬が引っ張る展開になるのかなと思います。

このレース過去の映像を見た感想ですが、早めに捲れる馬か、前に行った馬がそのまま振り切る展開のどちらかになることが多いので、今回もそのような展開になるのではないかなと思います。

指数順位

1位 ラストドラフト
2位 ミッキースワロー 
3位 ブラストワンピース
4位 ステイフーリッシュ
5位 ウラヌスチャーム

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

ラストドラフト

ミッキースワロー


買いたい馬

ミッキースワロー

昨年もこのレース2着、そして中山2200で行われました、セントライト記念は1着と、中山の相性は非常にいい馬ですね。

昨年あたりからは、勝てそうな所を選んで出走しているのにも、好感を持てます、ということは今回も勝てそうだと思っているということだと思うからです。

近走は重斤量でしたが、今回は56k、そしてノリさんへの乗り替わりですし、ここも好勝負だと思います。

スティッフェリオ

展開予想でも書きましたが、今回一番展開に恵まれそうな馬はこの馬だと思います。

実際オールカマーも逃げ切りを決めていますし、今回もメンバーを見渡すと、後ろに行くメンバーが多い印象ですので、オールカマーの再現を期待できそうです。

そして丸山騎手とも(5.0.0.5)と高相性なのもいいですね。
G1では少し厳しい馬ですが、今回の条件ならば好走を期待できそうです。

ステイフーリッシュ

今回満を持してルメール騎手が乗ってきます。
これだけでも買いたいくらいです。

近走は少し消極的な競馬が目立ちましたので、ペース判断も仕掛けも折り合いも上手い騎手に変わったときの爆発力に期待します。

早めに仕掛けても残れる馬だと思いますので、レース傾向にもマッチしますし、いいと思います。

ブラストワンピース

凱旋門賞の負け以来のレースになります。

有馬記念をパスしてのここになります。
同じ凱旋門賞に出ていた、フィエールマンやキセキは有馬記念でも好勝負を演じていました。
疲れというのは、ノーザン系ではあまり心配しなくてもいいのかなと思います。

ただ、この馬だけ疲れが抜けなくて有馬記念を回避したのも事実です。
追い切りを見る感じ大丈夫そうですが、当日の気配には注目したいです。

サトノクロニクル

長期休養明けの馬になります。

休養前には小倉記念で2着と好走していますし、この馬もセントライト記念で3着しています(1着はミッキースワロー、2着はアルアイン)中山の適性もあると思います。

競馬は長期休養明けは様子見というのがセオリーですが、トリオンフが金杯で長期休養明けで好走したのも記憶に新しい所です。(引退になってしまいましたが・・)

元々力のある馬は長期休養明けでも買いなのかなと最近思っていますので、ここは買いたいですね。

まとめ

◎ ミッキースワロー
〇 スティッフェリオ
▲ ステイフーリッシュ
△ サトノクロニクル
△ ブラストワンピース

軸にはミッキースワローを据えたいと思います。

馬券的にはここから馬連、穴で気になっているルミナスウォリアーへのワイドも一点買っておこうかなと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今週も競馬を楽しんでいきましょう。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


さて今回も、今週に行われます、AJCCに出走を予定しております、馬の中から、上位人気想定の馬の馬の考察をしていきたいと思います。

ミッキースワロー

この馬の一番の武器は、必ず追い込んでくる末脚だと思います。

中山外回りでも結果を出していますし、斤量も近走はハンデ戦が多かったですが、今回は56kと魅力です。
そして中山といえば、個人的にはノリさんなので、今回の乗り替わりもいいと思います。

過去の傾向から、早めに仕掛ける馬が有利だと思いますので、捲り差しができるこの馬には向く舞台だと思います。

ブラストワンピース

凱旋門賞の大敗明けの一戦です。

この馬、いい脚を長くバテずに使える馬だと思っています。
他の馬がキツくなってきてもこの馬だけは必ず差してきますね。

なかなか成績が安定しませんが、過去走を見ると、凡走した大阪杯、菊花賞は大外を回していますし、展開が向きませんでした。

目黒記念ではゴールまで減速しない流れでしたし、スピードの質で負けたと思います。

怖いのが休み明けです、かなり体重が増えているとの話もありますので、当日の馬体重には気をつけたいですね。

外枠を引いてしまった場合、川田騎手だと外を回す可能性もありますので、距離ロスの少ない枠もほしい所です。

ステイフーリッシュ

この馬はG2、G3番長だと思っています。
少しG1だと厳しいですね。

安定した成績こそあるものの、少し勝ちに遅いですので、こういう馬に乗ったときのルメール騎手は怖いですね。

前走は勝負所で接触してしまい、少し不完全燃焼な競馬になってしまいました。
強気にまくっても強い競馬ができると思いますので、ペース判断も折り合いも上手いルメール騎手ならば、ここはアッと言わせてくれそうな気がします。

ラストドラフト

前走、中日新聞杯2着と力を証明してきました。

2走前のオクトーバーSは前有利の展開に泣きましたが、それでも最後は差してきていますから、力は見せていました。

中山で今大活躍中のマーフィー騎手の継続も心強いです。
ただ、今回は、そんなに飛ばす馬もいなそうですし、スローになって前残りの展開になってしまったとき、どうなのかなというのはあります。

スティッフェリオ

この馬もG1では少し厳しい馬ですね。

今回のメンバー構成を見れば一番展開利がありそうな馬ではないでしょうか。

3走前のオールカマーの様な一人旅からの逃げ切りの再現も十分にありそうです。
この馬のことをよく知っている丸山騎手とのコンビも魅力です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最終的な予想は週末に書きたいと思っています。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今回は、先ほど行われました、日経新春杯の回顧をしていきます。

レース結果

1着 モズベッロ
2着 レッドレオン
3着 エーティーラッセン
4着 タイセイトレイル
5着 プリンスオブぺスカ 

1着 モズベッロ

スタートから内を進み、直線ではスムーズに外に出して勝ち切りましたね。
さすがは池添騎手という騎乗でした、すべてがかみ合っての結果になりました。

斤量も有利ですが、こういった馬場も得意だったのかなと思います。
スタートが苦手なのは今回も出ていましたが、その後空いた内にスムーズにつけられたのもよかったですね。

今後も京都ならば、強気に買いたい馬ですね。

2着 レッドレオン

道中は先団の内目を追走し、かなりいい雰囲気でしたが、最後の直線、前が壁になり、切り返すロスがありました。

これはすごく運がないといいますか、少しもったいなかったなと思います。
それでも最後は伸びてきていますから、力はあると思います。

3着 エーティーラッセン

ペースもゆったりめでの追走、道中絡んでくる馬もいなかったので、気持ちよく競馬ができましたね。

展開も馬場もハマりました。
素晴らしい競馬でした。

4着 タイセイトレイル

道中は、後方追走からの1000通過地点から少し押し上げました。
これは川田騎手の好プレーでしたが、今日の馬場を考えると、外目を追走しては、この結果が一杯一杯だと思います。

それでも最後は詰めてきていますから、展開待ちな所はありますが、長距離では今後も安定した成績を上げてくれそうです。

5着 プリンスオブぺスカ

前走万葉Sでは本命にしていました、この馬は京都巧者ですよね。

道中捲り上げていったときには3着くらいにはなるかな?と思ったほどです。
最後こそ力つきましたが、格下げ戦に今後出てくるのであれば、どこかでまた穴をあけてくれそうです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

予想結果

本命のレッドジェニアルは、1番人気に支持されながらも7着に敗れてしまいました。

道中はかなり後方でしたし、ペースもゆったりめ、最後の直線を向いた時にはハズレを覚悟しました。

この時期の競馬は本当に難しいですね、G1も難しいですが、こういった所で当てていくのが、本当にうまい人だと思いますので、かんばりたいです。

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ