楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2020年03月


日経賞の予想です。

指数順位

1位 サンアップルトン
2位 レッドレオン
3位 ガンコ
4位 モズベッロ
5位 ミッキースワロー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

サンアップルトン

レッドレオン


指数的には大混戦です、かなり偏差値が競っていますので難しい判断になりそうです・・・

買いたい馬

サトノクロニクル

前走は長期休養明けでしっかり掲示板は確保してきました。

しかもこれ、マイネルフロストの不利を受けてのものですから、よくここまで追い上げてきたと思います。
今回は休み明け2戦目ですし、ジョッキーも思い切って乗れると思いますので、今回も期待しています。

レッドレオン

前走は直線で追い出すまでに少し苦労しましたが、抜けてからはいい脚でした、結果こそ2着でしたが、強い2着だったと思います。

中山さえこなせれば、ここでも上位だと思います。

ウインイクシード

器用に立ち回れる馬ですので、中山は向くと思います。
実際中山金杯でも2着と結果は出していますからね。

2500というのも、こなせると思います。
いつも人気もそこそこですので狙いたいですね。

サンアップルトン

善臣騎手に乗り替わってからはまだ馬券外なしと、高相性を見せていますね。

前走では中山2500を制していますし、舞台適性は問題ないかなと思います。
あとは力が足りるのかと思いますが、こればっかりは走ってみないとわかりません。

でも未知の魅力もありますし、人気もそこそこですので買ってみたいですね。

ミッキースワロー

実績はメンバーイチだと思います。

前走は4着ですが、これは先ほども書いたマイネルフロストの不利を受けてものですし、そこまで悲観する内容ではないかなと思います。

しっかりと脚を使える馬ですし、中山の坂も苦にしない、持続力の高い末脚は武器ですね。

今回ヤマカツライデンが飛ばしてくれて、差しが決まる展開になれば尚いいと思いますが、仮に遅めでも必ず脚は使いますので、期待しています。

まとめ

◎ レッドレオン
〇 サンアップルトン
▲ ミッキースワロー
△ ウインイクシード
△ サトノクロニクル

買い目

◎ 単複

◎‐印 ワイド流し

混戦メンバーですので、オッズも割れそうですね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


いよいよ芝のG1が始まりますね、今週も例によって無観客と、G1なのに少し寂しい感じもしますが、開催があるということに幸せを感じていきたいと思います。

こんなときだからこそ、競馬を楽しんでいきたいですね。

では予想です。

展開予想

逃げたい馬が外目に位置してきましたね、特にモズスーパーフレアはこの枠は痛恨だと思います。
昨年は状態も悪かったのでしょうが、行き足がつかなくて無理のある逃げになりましたからね。
とはいえ松若騎手もこの馬をよく知っていますので、今回も逃げてくると思います。

このレースの過去の傾向をみても、持続力とポジション取りが重要だとおもいますので、好位からいい脚を使える馬に注目していきたいですね。

指数順位

1位 ダノンスマッシュ
2位 グランアレグリア
3位 グルーヴィット
4位 モズアスコット
5位 アイラブテーラー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

ダノンスマッシュ

グランアレグリア


買いたい馬

ステルヴィオ

前走は初めて距離を短くしてレースを行いましたが、きちんと追走できていましたし、問題ないかなと思います。
結果こそ5着でしたが、直線少し進路が狭くなってのものですし、空いてからは伸びていました。

左回りも実績ありますし、G1馬ですから、自力にも期待です。
今年に入ってから丸山騎手が不調なのは気になりますが、結構おいしいオッズになりそうですので期待しています。

ダノンスマッシュ

昨年は4着でしたが、内目の馬が伸びる馬場で、外を回してのものですから、力は見せた4着だったと思います。
今年は念願の内枠に入りましたし、川田騎手に継続なのもいいと思います。

左回りもこなせなくはないと思いますので、ここを制覇して短距離界のエースとしての意地を見せてほしいと思います。
ダノン陣営の嫌な流れ、前哨戦好走→本番凡走 が今年も継続していたら嫌ですがね

グルーヴィット

人気なさそうですね。

中京は2戦して1着2着と馬券は外していません、若馬のころですのでちょっと心もとない実績ではありますが、この馬は左回りの方が走ると思いますので、右回りで凡走続きの今、人気も急落したところで激走してくれないかなと淡い期待をしています。

グランアレグリア

昨年の暮れの阪神Cの走りは素晴らしかったですね。

直線にはいってからは後続を突き放す高い持続力とスピードは衰えていないなと思いました。
休み明けでも問題ない馬だと思いますし、左回りも苦手だとは思いません。

人気しそうですが、ここでも上位だと思います。

タワーオブロンドン

前走は休み明けで元気がありすぎたという情報がありましたね、それはいいことではないかなとおもっていましたが、落ち着きがないとかえって悪影響が出るみたいですね。

1度使ってガス抜きはできたと思いますし、高松宮記念男福永騎手ですからここでも力は発揮してくると思います。

ただ、テン乗り、馬のクセを掴んでいないというのは気になりますが、ここは抑えたいですね。

セイウンコウセイ

前走は先行馬に苦しい展開ながらもしぶとく粘っていました。

まだ衰えは来ていないと思います、この舞台は得意だと思いますし、枠もギリギリの所に入れました。
先行してこの馬の競馬ができれば、今年も期待していいのではないかなと思います。

まとめ

◎ グランアレグリア
〇 ダノンスマッシュ
▲ タワーオブロンドン
△ セイウンコウセイ
△ ステルヴィオ
△ グルーヴィット

買い目
◎ 単複
◎‐馬連印へ

グランアレグリアの持久力に賭けてみたいと思います。
キレ勝負だと切れ負けしてしまいそうですが、持久力とスピード勝負ならこの馬で行きたいですね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回は日経賞の上位人気想定の馬の考察をしていきます。

ミッキースワロー

前走こそ、マイネルフロストの不利に巻き込まれて4着に敗れてしまいましたが、中山では本当に安定しています。

どんな展開でも、必ずいい脚で追い込んでくる馬ですが、勝ち切れるかは展開次第という感じでしょうか。

距離が延びるのは個人的には心配していません。
今回も掲示板外に飛ぶというのはあまり考えられないと思います。

エタリオウ

昨年の2着馬ですが、近走の調子を見ていると少しどうなのかなと思います。

京都大賞典あたりから、陣営が馬の走る気持ちが失せてきたという趣旨のコメントを出していますし、実際ノリさんからもたくさんの提案があり、試行錯誤しているようですが、いまいち結果に結びついていませんね。

それでいて人気になりそうならば、今回は軽視したいかなと思います。

モズベッロ

前走で重賞初制覇、内容的にも強い内容でしたね。

生涯4勝のうち、3勝を京都で上げていますが、中山がダメかというとそんなこともないのかなと思います。

2走前のグレイトフルS(中山)では4着になっていますが、追い出しに苦労してのものでした、追い出してからはしっかり伸びていますし、個人的には問題ないと思います。

あまり後方からだと厳しいとおもいますが、前走くらいの位置取りならばいい勝負ができると思います。

スティツフェリオ

器用なタイプの馬ですので、小回りコースというのは、この馬に向いていると思います。

ただ、距離的には、この馬は2000mがいいかなと思っていますので、2500というのはどうなのかなと思います。

田辺騎手に変わるのはいいと思いますが、前の残りの展開になってくれないと、厳しいかなと思います。

サトノクロニクル

前走は長期休養明けで5着、しかもこの5着は、故障を発生したマイネルフロストの影響を受けたもので、それでいて5着ならば負けて強しだと思います。

元々重賞でも好勝負していた馬ですので、まだ力は衰えていないと思います。

2戦目になりますし、今回こそ本来のこの馬の走りが見れると思いますので、個人的には期待しています。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

日経賞の上位人気馬の考察でした。
みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


ドバイワールドカップも開催が中止されて、世界的にも混乱が広まっていますね・・

はやく普段の日常に戻ってほしいと願うばかりです。

そんな中今週は、芝のG1開幕戦、高松宮記念が行われます。

今回も予想1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

タワーオブロンドン

一番人気はこの馬だと思います。

それも納得の成績を昨年は上げていますね、夏にスプリント路線に入ってきてからは、本当に安定していますし、そのままの勢いでスプリンターズステークスも制覇して、短距離王者になりました。

前走は休み明けでしたし、3着ならば格好はついたと思います。
関係者の話でも休み明けは元気すぎるところがあるようで、一度叩いてガス抜きできたのはいいのではないでしょうか。

中京での実績はないのが不安ですが、左回りもマイル以下はこなしていますし、大丈夫かなと。

ただ騎手がテン乗り、福永騎手に変わりますね、そこだけが不安です。
福永騎手自身は中京得意ですし、素晴らしい騎手なのですが、馬のクセがつかめていないとは言うのは少し気になる材料です。

終いの脚は確実ですので、どこで仕掛けるか、このタイミングが大切になってくると思います。

グランアレグリア

前走は距離を縮めての阪神Cでしたが、直線ではさらに突き放す強い内容でしたね。

今回休み明けですが、この馬に関してはそこまで気にしなくていいと思います。

末脚の持続力も高いですし、反応もいいので1200というのもこなしてくれると思います。

内からロスなく進めて、直線半ばで早め先頭から押し切る競馬ができればここでも通用すると思います。
内枠はほしい所ですね。

ダノンスマッシュ

短距離路線を引っ張る1頭ですね。

この馬の最大の敵は残すは左回りだと思います。
昨年もいい感じでレースを進めましたが、直線最後の最後で競り負け4着でした。

昨年の敗因は外枠だったことかなと思っていまして、外々を回されたのが最後の少しに影響したと思います。

この馬が最も力を発揮するのは、内々をロスなく回って競馬した時だと思いますので、内枠は欲しい所かなと思います。

あとはテン乗り三浦騎手が判断をどうするか、仕掛けが遅すぎても早すぎでも厳しいと思っていますので、そこが今回のカギかなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

メンバーを見てもかなり混戦ですね。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


阪神大賞典の回顧をしていきます。

レース結果

1着 ユーキャンスマイル
2着 トーセンカンビーナ
3着 メイショウテンゲン

レース回顧

スタートから大きく出遅れたのは、圧倒的1番人気のキセキでした。
場内にお客さんがいたら、おおいにどよめいたでしょうね。

このキセキの出遅れがその後のレース展開にも影響したと思います。

出遅れたキセキをよそにレースはドレッドノータスと早めの競馬を選択したタイセイトレイルが引っ張って序盤は進んでいきました。

一週目のホームストレッチに差し掛かった所で、キセキが捲っていきました、これによって先団でレースを進めている馬は少しペースを上げざるを得ませんでしたね。

レース結果を見ても、1~3着馬はこの時に後方馬群で待機していた馬ですので、ここでのペースアップは先団の馬には苦しいものだったのかなと思います。

上位入着の馬達

1着 ユーキャンスマイル

G1でも好勝負を演じていましたので、今回の好走も実力通りというところでしょうか。

後方からレースを進めて直線に入るまでにはポジションを上げて、そこから押し切る強い内容でした。

今年も重賞戦線を賑わわせてくれると思いますので、今後も注目だと思います。

2着 トーセンカンビーナ

出遅れ癖がある馬ですが、今回も出遅れ、まぁ想定の範囲内という感じでしょうか。

後方からレースを進め、直線では一瞬詰まるかなと思いましたが、一瞬で抜けてくると素晴らしい末脚で2着になりました。

この馬の末脚は確かなモノがあると思いますので、天皇賞春に向かうのならば少し厳しいかもしれませんが、G2、G3くらいならどこかを取れる器かなと思いますので、今後も注目したいと思います。

3着 メイショウテンゲン

毎回確かに差してきますが、そこまでトップスピードは高いタイプだとおもっていませんでしたので、今回は厳しいかなと思いましたが、キセキが少しペースを乱してくれたことで、この馬にとってはいいペースになったと思います。

この馬の特徴でもある、持続力の高い差し脚はここでのラスト1F、12.0-12.5の所でいきてきましたね。

反省

馬券は、本命のトーセンカンビーナの複勝だけ的中!

430円は結構ついてくれましたね。
うれしい限りです。

さぁ来週はいよいよG1、高松宮記念です。

なかなか面白いメンバー構成だと思いますので、来週も頑張っていきたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ