楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2020年03月


さて今回は競馬におけるトリガミへの思いを書いていきたいと思います。
トリガミとは?トリガミは悪いことなのか? という疑問に対して、少しでも自分の考えが役にたてればなと思います。

結論

トリガミは恐れるものではない。


トリガミって?

まずトリガミとは何かについて説明していきたいと思います。

トリガミとは。
馬券の購入額に対して払い戻し金が少ないことを言います。

例)

買い
馬連で10点購入

買い目例
1-2.3.4.5.6.7.8.9.10.11 各100円(1000円)

払い戻し
的中も、馬連の払い戻し800円

この場合、購入1000円に対して、払戻は800円
つまり200円損していますよね?

これをトリガミといいます。

トリガミは避けるべきなのか?

このトリガミ、人によって様々な意見があると思います。

わざわざ、損をする払戻の馬券を買う必要がないという声も聞こえてきそうですが、私個人の考えとしては、トリガミは避けるべきものではないと思います。

人によって様々な楽しみ方があると思いますが、私の楽しみ方ではこのトリガミは非常に大切になっています。

私がトリガミを恐れない理由

私がトリガミを恐れないのは、一言でいうと長く競馬を楽しめるからです。

というのも私も一時期は、トリガミになる組み合わせは避けて買っていました、ですがそれだと、0か100かになる結果になることが多くなってしまいました。

結果お金はすぐに無くなり、取り返そうとして、また高めの配当を狙う・・この負のループにおちていってしまいました。

予想と結果を見渡しても、トリガミを恐れなければ、配当にありつけたレースも多かったです。

それに気づいてからはトリガミの配当も恐れず買うことにしました。金額は調整しますが。

トリガミを買うようになってよかったこと

これは精神的に余裕が産まれたことですかね。

トリガミを恐れるあまり、配当はゼロになり、予想は当たっていてもなんか外れた気持ちになっていました。

トリガミ馬券であっても、そこでゼロにはならず、次に繋げられる、これはメンタルにはいいと思います。
当てることで自分の中で、流れがよくなる気がします。

またそのレースではトリガミだったとしても、その配当金は次のレースでの大きな配当に繋がることもあります。

精神的に自信が付くことで、思い切った買い目を選ぶこともできると思いますので、そこもトリガミ馬券のいい所だと個人的には思います。

まとめ

どうでしたでしょうか?

悪いことのように扱われるトリガミ馬券ですが、私のように少額で、チマチマ楽しんでいるものにとっては素晴らしい配当の一つでもあります。

何より長く競馬を楽しむ上では必要になるのではないかと思うほどです。

もちろん、そんなの嫌だ、勝つ馬券だけ買いたい、儲ける馬券だけ買いたい、という方には無理に進めることはしません。
あくまでこんな楽しみ方をしているのか、と何かの参考になればいいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今週ブログで上げた2重賞の回顧をしていきたいと思います。

日経賞

レース結果
1着 ミッキースワロー
2着 モズベッロ
3着 スティツフェリオ

回顧

簡単にまとめるとするならば、スタミナとスピード比べで入れ替わりの激しいレースだったなと思います。

1着 ミッキースワロー

このメンバーならば実績は抜けていましたね、いつもの競馬で最後もきちんと捉え切りましたね。

前残りレースではなく、後ろからの馬でも垂れないスタミナとある程度のスピードがあれば上位に来れたレース展開だったのもよかったと思います。

もちろん前残りレースでもきちんと脚は使えていましたので、安定していますね。
ただ近走は取れるところを狙っていた様に思いますので、もし天皇賞春に向かうのであれば、試練が待っていそうです。

2着 モズベッロ

ミッキースワローと同じような位置で競馬を進めましたね。

前走は斤量に恵まれてのものかなと思いましたが、見当違いでしたね。
強い内容でした。

ミッキースワローに不利を受けたとはいえいい内容でしたので、今後も期待です。

3着 スティツフェリオ

前走は、進路取りを間違えてしまった感もありましたし、その前はG1ですから、それを考えれば人気がなくした今回はチャンスでしたね。

早めに仕掛け、最後はスピードの持続力に勝る2頭に交わされたものの、しっかりと3着に残すあたり、やはりこの馬はG2、G3ならば上位の力があるなと思いました。

馬券反省

馬券はハズレ、本命のレッドレオンは思ったより伸びませんでしたね。
初めての中山コースにとまどったのでしょうか?
少し最後はこの馬らしくない競馬になってしまいましたね。

高松宮記念

レース結果
1着 モズスーパーフレア
2着 グランアレグリア
3着 ダイアトニック

4着 クリノガウディー(1着入線後、4着降着)

回顧
無観客で開催、長い審議、降着とドタバタしたレースでしたね。
今日の中京は外差し傾向かな?とおもいましたが、このレースに関しては内の馬がいい、例年通りの傾向になりましたね。

1着 モズスーパーフレア

きちんと昨年の反省を活かしてきましたね、というのも昨年は期待されながらも、行き足がつかず、この馬らしくない競馬になりました、レース後にも調教をやりすぎたかなといっていましたので、体調が悪かったのでしょう。

1年経ち、きちんと今回はレースからしっかりハナへ、そのまま押し切り勝利しました。
前走も先行馬に厳しい展開ながらも4着でしたし、リベンジ達成という所でしょうか。

2着 グランアレグリア

直線に向いた時には、その位置でいいのか?と思いましたが、そこからは素晴らしい決め手で追い込んできましたね。

外を回してきてあの末脚ですから、本当にすごいなと思いました。
先行して押し切るイメージがありましたが、控えてもいい脚が使えますね、この馬も今年はさらに飛躍の一年になりそうですね。

3着 ダイアトニック

前走の脚質転換がハマりましたね。
枠もよかったですし、途中まではよかったですが、最後の最後でクリノガウディーに斜行される不利、これは本当に痛かったと思います。

3着にはなりましたが、不利がなければモズスーパーフレアにもきわどい競馬になったいたかもしれませんので、これは本当に痛かったですね。

前走では川田騎手にキレられ、今度は自分が被害にあう、北村騎手も今年は大変だなと思いました。

馬券反省

グランアレグリアの複勝のみ的中。
雨が降ったので少し控えめにしましたが、この人気で2倍つくならもう少し買ってもよかったかなと思いました。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

みなさんはどうでしたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


日経賞の予想です。

指数順位

1位 サンアップルトン
2位 レッドレオン
3位 ガンコ
4位 モズベッロ
5位 ミッキースワロー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

サンアップルトン

レッドレオン


指数的には大混戦です、かなり偏差値が競っていますので難しい判断になりそうです・・・

買いたい馬

サトノクロニクル

前走は長期休養明けでしっかり掲示板は確保してきました。

しかもこれ、マイネルフロストの不利を受けてのものですから、よくここまで追い上げてきたと思います。
今回は休み明け2戦目ですし、ジョッキーも思い切って乗れると思いますので、今回も期待しています。

レッドレオン

前走は直線で追い出すまでに少し苦労しましたが、抜けてからはいい脚でした、結果こそ2着でしたが、強い2着だったと思います。

中山さえこなせれば、ここでも上位だと思います。

ウインイクシード

器用に立ち回れる馬ですので、中山は向くと思います。
実際中山金杯でも2着と結果は出していますからね。

2500というのも、こなせると思います。
いつも人気もそこそこですので狙いたいですね。

サンアップルトン

善臣騎手に乗り替わってからはまだ馬券外なしと、高相性を見せていますね。

前走では中山2500を制していますし、舞台適性は問題ないかなと思います。
あとは力が足りるのかと思いますが、こればっかりは走ってみないとわかりません。

でも未知の魅力もありますし、人気もそこそこですので買ってみたいですね。

ミッキースワロー

実績はメンバーイチだと思います。

前走は4着ですが、これは先ほども書いたマイネルフロストの不利を受けてものですし、そこまで悲観する内容ではないかなと思います。

しっかりと脚を使える馬ですし、中山の坂も苦にしない、持続力の高い末脚は武器ですね。

今回ヤマカツライデンが飛ばしてくれて、差しが決まる展開になれば尚いいと思いますが、仮に遅めでも必ず脚は使いますので、期待しています。

まとめ

◎ レッドレオン
〇 サンアップルトン
▲ ミッキースワロー
△ ウインイクシード
△ サトノクロニクル

買い目

◎ 単複

◎‐印 ワイド流し

混戦メンバーですので、オッズも割れそうですね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


いよいよ芝のG1が始まりますね、今週も例によって無観客と、G1なのに少し寂しい感じもしますが、開催があるということに幸せを感じていきたいと思います。

こんなときだからこそ、競馬を楽しんでいきたいですね。

では予想です。

展開予想

逃げたい馬が外目に位置してきましたね、特にモズスーパーフレアはこの枠は痛恨だと思います。
昨年は状態も悪かったのでしょうが、行き足がつかなくて無理のある逃げになりましたからね。
とはいえ松若騎手もこの馬をよく知っていますので、今回も逃げてくると思います。

このレースの過去の傾向をみても、持続力とポジション取りが重要だとおもいますので、好位からいい脚を使える馬に注目していきたいですね。

指数順位

1位 ダノンスマッシュ
2位 グランアレグリア
3位 グルーヴィット
4位 モズアスコット
5位 アイラブテーラー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

ダノンスマッシュ

グランアレグリア


買いたい馬

ステルヴィオ

前走は初めて距離を短くしてレースを行いましたが、きちんと追走できていましたし、問題ないかなと思います。
結果こそ5着でしたが、直線少し進路が狭くなってのものですし、空いてからは伸びていました。

左回りも実績ありますし、G1馬ですから、自力にも期待です。
今年に入ってから丸山騎手が不調なのは気になりますが、結構おいしいオッズになりそうですので期待しています。

ダノンスマッシュ

昨年は4着でしたが、内目の馬が伸びる馬場で、外を回してのものですから、力は見せた4着だったと思います。
今年は念願の内枠に入りましたし、川田騎手に継続なのもいいと思います。

左回りもこなせなくはないと思いますので、ここを制覇して短距離界のエースとしての意地を見せてほしいと思います。
ダノン陣営の嫌な流れ、前哨戦好走→本番凡走 が今年も継続していたら嫌ですがね

グルーヴィット

人気なさそうですね。

中京は2戦して1着2着と馬券は外していません、若馬のころですのでちょっと心もとない実績ではありますが、この馬は左回りの方が走ると思いますので、右回りで凡走続きの今、人気も急落したところで激走してくれないかなと淡い期待をしています。

グランアレグリア

昨年の暮れの阪神Cの走りは素晴らしかったですね。

直線にはいってからは後続を突き放す高い持続力とスピードは衰えていないなと思いました。
休み明けでも問題ない馬だと思いますし、左回りも苦手だとは思いません。

人気しそうですが、ここでも上位だと思います。

タワーオブロンドン

前走は休み明けで元気がありすぎたという情報がありましたね、それはいいことではないかなとおもっていましたが、落ち着きがないとかえって悪影響が出るみたいですね。

1度使ってガス抜きはできたと思いますし、高松宮記念男福永騎手ですからここでも力は発揮してくると思います。

ただ、テン乗り、馬のクセを掴んでいないというのは気になりますが、ここは抑えたいですね。

セイウンコウセイ

前走は先行馬に苦しい展開ながらもしぶとく粘っていました。

まだ衰えは来ていないと思います、この舞台は得意だと思いますし、枠もギリギリの所に入れました。
先行してこの馬の競馬ができれば、今年も期待していいのではないかなと思います。

まとめ

◎ グランアレグリア
〇 ダノンスマッシュ
▲ タワーオブロンドン
△ セイウンコウセイ
△ ステルヴィオ
△ グルーヴィット

買い目
◎ 単複
◎‐馬連印へ

グランアレグリアの持久力に賭けてみたいと思います。
キレ勝負だと切れ負けしてしまいそうですが、持久力とスピード勝負ならこの馬で行きたいですね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回は日経賞の上位人気想定の馬の考察をしていきます。

ミッキースワロー

前走こそ、マイネルフロストの不利に巻き込まれて4着に敗れてしまいましたが、中山では本当に安定しています。

どんな展開でも、必ずいい脚で追い込んでくる馬ですが、勝ち切れるかは展開次第という感じでしょうか。

距離が延びるのは個人的には心配していません。
今回も掲示板外に飛ぶというのはあまり考えられないと思います。

エタリオウ

昨年の2着馬ですが、近走の調子を見ていると少しどうなのかなと思います。

京都大賞典あたりから、陣営が馬の走る気持ちが失せてきたという趣旨のコメントを出していますし、実際ノリさんからもたくさんの提案があり、試行錯誤しているようですが、いまいち結果に結びついていませんね。

それでいて人気になりそうならば、今回は軽視したいかなと思います。

モズベッロ

前走で重賞初制覇、内容的にも強い内容でしたね。

生涯4勝のうち、3勝を京都で上げていますが、中山がダメかというとそんなこともないのかなと思います。

2走前のグレイトフルS(中山)では4着になっていますが、追い出しに苦労してのものでした、追い出してからはしっかり伸びていますし、個人的には問題ないと思います。

あまり後方からだと厳しいとおもいますが、前走くらいの位置取りならばいい勝負ができると思います。

スティツフェリオ

器用なタイプの馬ですので、小回りコースというのは、この馬に向いていると思います。

ただ、距離的には、この馬は2000mがいいかなと思っていますので、2500というのはどうなのかなと思います。

田辺騎手に変わるのはいいと思いますが、前の残りの展開になってくれないと、厳しいかなと思います。

サトノクロニクル

前走は長期休養明けで5着、しかもこの5着は、故障を発生したマイネルフロストの影響を受けたもので、それでいて5着ならば負けて強しだと思います。

元々重賞でも好勝負していた馬ですので、まだ力は衰えていないと思います。

2戦目になりますし、今回こそ本来のこの馬の走りが見れると思いますので、個人的には期待しています。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

日経賞の上位人気馬の考察でした。
みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ