楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2020年06月


G1シリーズもひと段落、今週からはいよいよ夏競馬に突入していきますね。

一発目はCBC賞を予想していきます。

例年では中京での開催ですが、今年は京都競馬場の改修にともない阪神開催で行われます。

過去の傾向が使えないのは痛いですが、今回も上位人気(予想1桁人気)を見ていきたいと思います。

クリノガウディー

本当にツキがないなぁと思うこの馬。

3歳時にNHKマイルカップで接触する不利を受け、京成杯AH、富士Sでは直線行き場をなくして力を出し切れず負け、やっと前走悲願のG1勝利したかと思いきや降着で4着・・・

ここまでくると、むしろ応援したくなります!

3走前、ノリさんが好位から運ぶ競馬に戻したことで、詰まる不利は受けにくくなりました、この距離もあっていると思います。

ただ、個人的にはこの馬は左回りでこそかなぁと。

だからこそ前走はチャンスだったと思います。

1番人気になりそうですし、人気との兼ね合いだと、狙うのは前走だったのかなぁと思います。

アウィルアウェイ

この馬も人気になりそうですが、近走を見る限りでは京都の方がいいのかなと思います。

勝ち切った2走前のシルクロードS、4走前のオパールSをみても、差し馬が飛んでくる展開にうまく沿っての好走かなと思います。

今回も似たような流れになってくれればいいですが、やっぱり個人的には京都のような平坦のコースの方がいいのかなと思います。

レッドアンシェル

昨年の覇者ですが、その後長期休養をあけて、まだ調子を取り戻せていないかなと思います。

昨年の覇者ではあるんですが、それは中京でのことですし、舞台が変わるのはあまり良くないと思います。

緩い馬場が得意な馬でしたが、前走の稍重での京王杯でばったり止まったのは気になります。

個人的にはもう少し様子をみたいところです。

タイセイアベニール

近走は上りが安定して使えていますし、2走前の中山での春雷Sで坂をそこまで苦にしていなかったように見えましたので、阪神はいいと思います。

前走で陣営が充実してきたといっている様に、ここ4走は安定していると思います。

そして今年絶好調の松山騎手、本当に乗れていると思いますので、ここも期待したいです。

ミッキースピリット

連勝馬は負けるまで買え!

競馬の有名な格言ですね。

まさにその格言が当てはまる馬、近3走で3連勝、勢いは一番この馬があると思います。

ただディープ産駒ですので、京都の1200の方が向いているのかなと・・

前走も勝ちはしたものの、ゴール直前でぎりぎりの差し切り、重賞の壁を破れるかは少し気になりますね。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

さすが夏競馬・・

かなり難解なメンバーです。

でもこの大混戦模様も夏競馬の面白い所!

今週も頭を悩ませそうです。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


先ほど行われました、宝塚記念の回顧を書いていきたいと思います。

レース結果

1位 クロノジェネシス

2位 キセキ

3位 モズベッロ


回顧

ルメール騎手「馬場がわるかったです・・」、松山騎手「重め残りの馬場でも・・」、幸騎手「脚を取られてしまいました・・」

レース後の騎手のコメントを見ても、相当重たい馬場だったんだろうなというのが読み取れますね。

レース前のかなりの雨がドサッと降りましたので、発表は稍重でしたが、それ以上の重さがあったのかなと思います。

・1着 クロノジェネシス

この馬は予想記事でも触れましたが、馬体の成長と共に競馬っぷりも安定してきていますね。

今回もさらに馬体を増やしてプラス10k、まだまだ成長が止まりませんね。

直前の降雨もこの馬にとっては恵みの雨でした、2走前の京都記念でも重馬場でかなり強い競馬を見せていましたからね。

4歳になってさらに本格化した印象のあるこの馬、重馬場も苦にはしませんが、良馬場でも力を出せるので、今後も活躍してくれると思います。

・2着 キセキ

近走を見る限り先行するのかなと思いましたが、まさかの差し競馬。

これにはやられました、てっきりこの馬がペースを握ると思って予想していましたので、びっくりしました。

道中で少し捲り気味にポジションを上げていき、昨年と同様2着にきましたね。

この馬場もよかったのだと思います、この馬が勝った菊花賞でもかなりのドロドロ馬場を追い込んで勝ち切りましたし、持っているスタミナはこのメンバーの中でも上位だったと思います。

思い切った差す競馬、馬場状態、展開、これが今回ハマったなと、さすが豊さんだなと思いました。

このところ長い距離を中心に使っていましたが、やはりこのくらいの距離がちょうどいいのかなと思います。

・3着 モズベッロ

前走は直線もスムーズではありませんでしたし、レース後池添騎手が「距離が長かった」と言っていましたのでそれで7着は悲観する内容ではなかったのかなと・・

2走前の日経賞ではミッキースワローに敗れてはいるんですが、直線でもたれての2着ですから、むしろ強い競馬だったと思います。

距離短縮して、人気も急落、グランプリ男池添・・ 今思えば買えなくない馬でしたね。
反省です。

まとめ

馬券は惨敗・・・

本命のラッキーライラックは道中から押して、苦しそうな競馬でした。
馬場が悪くなっても大丈夫だと思っていましたが、結果的には馬場が堪えたのかなと思います。

とはいえ、厳選軸馬も全部だめでしたし、今回は完敗です。

みなさんはどうでしたか?

来週からはいよいよ夏競馬、夏競馬の独特な雰囲気とても好きなので、来週からも競馬をたのしんでいきましょう!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


さて、今週はいよいよ、上半期の総決算宝塚記念ですね!

フルゲートでなかなか濃いメンバー構成、予想が難しいですが、自分なりの予想を書いていきます!

展開予想

土日は不安定な天気が予想されますね。

宝塚記念は例年、梅雨時期でもあり、あまりよくない馬場状態で競馬が進む事が多い、印象があります。

ただでさえ、タフな競馬になりやすい阪神コースで、雨まで降れば、よりタフなレース展開になりますね。

キセキの存在もこのレースのポイントだと思っていまして、近走は少しチグハグな競馬が続いているんですが、前走は全盛期のキセキらしい好位からの強気の競馬が見れましたので、今回も似たような流れになるのかなと思うんですよね。

キセキの最も得意な流れは、ロングスパート勝負だと思っていますので、今回ロンスパになりやすい宝塚記念で、その形を取ってくるのかなーと。

となれば、バテないスタミナ、そして、ある程度のスピードが必要になると思いますので、しぶとい馬を中心に考えていきたいですね。

指数順位

1位 ラッキーライラック
2位 サートゥルナーリア
3位 ワグネリアン
4位 スティッフェリオ
5位 ブラストワンピース

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ ラッキーライラック

・ サートゥルナーリア

・ ワグネリアン


買いたい馬

・ ワグネリアン

大負けせずに、ダービー馬としてのプライドを保つ素晴らしい馬だなぁと思います。

近走着順を見ても、5着以内を外していませんし、ジャパンカップでは、重馬場を追いこんできていますので、スタミナとスピードをバランス良く備えている馬だと思います。

今回の宝塚記念も舞台は合いそうですし、上半期といえばなんといっても、、ダービーを制覇した福永騎手!

初ダービーをもたらしてくれたこの馬に思い入れがないはずないですし、そういった人馬の想いも込みで買いたい一頭です。

・ ラッキーライラック

今が充実期にあるなぁというのがこの馬の印象。

もともとクラシックを、アーモンドアイやリリーノーブルと賑わわせていた素質馬でしたが、3歳のオークス後、ケガをしてからは少し調子を落とした時期がありました。

4歳時には、展開に恵まれなかったり、ちょっとした差で、馬券内に入れない時期も続いていましたが、エリ女を勝ったあたりから、また一段とパワーアップしたなぁと思います。

非常に扱いやすそうな馬で、どこからでも競馬ができるのは強みだと思いますし、馬場読みが上手いデムーロ騎手にとっても、このどこからでも競馬ができるというのは、非常に心強いと思います。

・ クロノジェネシス

この馬も大崩れしない馬ですよね。

3歳春の時点では、434kと小柄な牝馬でしたが、明けて4歳現時点での馬体重は、454kと20キロ近い馬体の成長がありましたが、それとリンクするように、この馬の競馬っぷりも安定してきたなぁという印象があります。

好位から競馬ができるのはいいですし、乗り慣れている北村友一騎手というのもいいですね。

馬場状態も重くなってもこなせますし、バランスのいい馬だと思います。

エリ女では古馬の壁に阻まれましたが、それでも5着ならすごいと思いますし、前走古馬G1で2着、古馬G1にも目星がつきましたので、今回も好勝負してくるのではないのかなと思います。

・ キセキ

展開のカギを握りそうな馬ですね。

展開予想でも少し触れましたが、凱旋門賞から帰ってきてからの3戦、少しこの馬らしくないかなと思います。

好位からスムーズに競馬を運んで早めに仕掛けて粘りこむのが、この馬の必勝パターンだと思っていまして、凱旋門賞帰国初戦の有馬記念では差して負け、2走前の阪神大賞典では大出遅れからの、無理して好位を取り返し負け、前走もスタートは出ましたが、一週目のホームストレッチで馬が行ってしまい負けてしまいました。

負けてはいるものの、一戦ごとに調子を戻している感は自分的にはしていまして、距離短縮しての今回は、この苦しい3戦が活きるのではないのかなと思っています。

昨年2着した舞台で復活する姿を見たいところです。

・ ブラストワンピース

前走の大阪杯では、前で競馬した馬に有利な展開でしたので、少しこの馬にとっては少し良くない流れだったのかなと思いますので、ノーカンでいいかなと。

この馬は大型馬でスタミナ寄りの馬だと思いますので、今回の様なタフな条件は合うのではないのかなと思います。

枠が大外なのは痛いですが、ある程度の位置は取れる馬ですので、そこまで気にしなくていいのかなと思います。

まとめ

◎ ラッキーライラック
〇 クロノジェネシス
▲ ワグネリアン
△ ブラストワンピース
△ キセキ

グランプリレース、ここはラッキーライラックから行きたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

いろいろな事があった上半期、ここまで開催できたことに感謝して、この宝塚記念をかみしめたいと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ
よかったら応援お願いします。


今週はいよいよ、上半期、総決算でもあります、宝塚記念の上位想定(1桁人気)の馬を見ていきたいと思います。

サートゥルナーリア

昨年の有馬記念では2着と、3歳馬ながら、力は示していますね。

この馬が一番得意としているのは、スローから抜け出す競馬だと思っています。
抜け出す一瞬の脚は本当に素晴らしいんですが、そこからのスピードの持久力が少し低いのかなと思っています。

前走の金鯱賞もスローで流れて抜け出す競馬でしたし、有馬記念でも2着には来ていますが、ゴール後ワールドプレミアにきわどい所までこられていましたので、やっぱりスローで好位を追走する競馬が向くのかなと思います。

今回のメンバーを見渡しても、恐らくスローにはならないと思いますし、好位追走して、最後どこまで粘れるかは少し気になります。

右回りは問題ないと思いますが、ロンスパ決戦に持ち込まれたとき、どうなのかなと思います。

好きな馬の一頭ですので、頑張ってほしいと思ってはいますが、馬券的には悩ましい一頭です。

ラッキーライラック

昨年の秋から、調子を取り戻して、より強くなったなぁと思います。

エリザベス女王でも、ミス、エリ女クロコスミアのペースで流れたものの、この馬は一頭だけ鋭い末脚で伸びてきて差し切りました。

そういう競馬をしてきたと思えば、前走の大阪杯の様に、好位から差してきたりと、とてもバランスのいい馬です。

馬場読みが上手いデムーロ騎手ですし、どこからでも競馬できる強みは、デムーロ騎手と相性抜群だと思います。

今回も上位争いしてきそうだと思います。

クロノジェネシス

休みをとるごとに成長してくる、恐ろしい馬ですね。

昨年の春は、好走はするもののあと一歩届かない競馬が続いていましたが、夏しっかり休んで、直行した秋華賞ではプラス20kとしっかりした馬体になり、勝ち切りました。

その後のエリ女では古馬の見えない壁に阻まれてしまいましたが、そこからまた休養を挟んで、プラス12kとまた成長させてきました。

前走の大阪杯では、古馬相手に2着していますし、古馬G1もいよいよ射程にとらえたのではないでしょうか。

王道の好位からの競馬ができますし、馬場が渋っても大丈夫、ここでも好勝負してくるのかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

今回は上位人気の馬を見てきました、メンバーを見渡してもなかなか難しいメンバーですね。

まさにグランプリレースにふさわしい、メンバーだと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今回は先ほど行われました、函館スプリントの回顧を書いていきます。

レース結果

1着 ダイアトニック

2着 ダイメイフジ

3着 ジョーマンデリン

レース回顧

さすがはまだ開幕したての函館とだけあって、やっぱり内先行した馬に有利になりましたね。

後方から差してきた馬も、シヴァージの5着が最高でしたし、直線外を後方から来た馬に関しては、かなり厳しい展開になったと思います。

・1着 ダイアトニック

ここでは自力が一枚上手でしたね。

絶好のスタートから、内をロスなく進み、直線途中までダイメイフジをかわいがり、最後に交わして抜け出す、まさにお手本の様な騎乗でした。

さすが武豊騎手ということでしょうね。

58kが心配でしたが、前走は不利があり3着、不利がなければきわどい競馬、もしかしたらG1馬だったということを考えれば何も心配ありませんね。

ちょうど3走前の阪急杯から、好位で競馬ができるようになっていますし、この距離は本当にあっていますね。

秋の短距離路線も賑わわせてくれると思いますよ。

・2着 ダイメイフジ

思い切って逃げれたことが好走に繋がりましたね。

近走はダートに行っていましたが、もともとは中山や札幌で良績がある馬ですし、昨年も除外祭りだったとはいえ、4着と適性はみせていたんですよね。

武騎手がそこまでプレッシャーをかけずに、自分のペースで行けたことが好走した要因だと思いますが、逃げた時の菱田騎手はアッと言わす騎乗が多いので、今後もそういった馬に乗る時の菱田騎手には中止していきたいです。

・3着 ジョーマンデリン

勝負賭けの連闘が実りました。

3着ではありますが、初重賞挑戦で3着は立派だと思います。

これで函館での馬券内率100%は継続!

今後も函館に出てくるときは、注目したいです!

感想

馬券は的中!

ジョーマンデリンの複勝のみでしたが、以外と人気していたなぁと。
皆さん馬券が上手いなぁと思いました・・

まさか、重賞実績で劣るフィアーノロマーノやエイティーンガールより人気するとは・・

でも的中は嬉しいですし、ヨシとします!

今回気になったのは、シヴァージです。

レースも後方から進めて、直線も外、それでいて5着にまで来れるんですから、今後どこか差しが決まりそうな舞台どこか勝ってくれそうな気がしますので、注目したいです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


みなさんはどうでしたか?

来週は前半戦の総決算、宝塚記念!

今からとても楽しみです!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ