楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

2020年09月


今週からいよいよG1開幕!

普通の競馬ももちろん熱いんですが、やっぱりG1はさらに熱いですね。

G1開幕戦は短距離の王者決定戦、スプリンターズステークス!

メンバーを見渡しても、今の短距離界を引っ張っている馬があつまり、まさにオールスターという感じですね!

今回も、ネット競馬さんの1桁人気を見ていきます。

グランアレグリア

1番人気はこの馬かなぁと思います。

前走の安田記念では、現役最強馬のアーモンドアイに勝利していますからね。

春の高松宮でも2着に好走していますし、短距離でもしっかり走っていますね。

ただ、今回はルメールに乗り替わりになるんですが、ルメール騎手の最近の調子が悪いのは気になります。

やはりG1ともなれば、一瞬の判断が勝敗を分けることになると思います。

しかもこの馬は、割と後方から中団でレースを進める馬ですので仕掛け所はより重要になりますね。

運の要素も必要なG1で、あまり流れの良くない騎手が乗るのは少し気になります。

ただ、G1ですから、ルメール騎手も気合が入ると思いますし、馬自体の能力はとても高いので、あっさり好走しても驚きません。

モズスーパーフレア

春の短距離王者のモズスーパーフレアです。

この馬の得意なパターンは早めのペースで逃げて、後続の脚を削り切って勝ち切ることだと思います。

そういう意味では、スタートから下りになっている、この中山1200mはこの馬にとってはいいと思います。

実際昨年も2着に好走していますからね。

今年は春の王者として挑む秋ですから、松若騎手も気合いが入るでしょうし、前走しっかり叩いて、去年の悔しい思いを晴らしてきそうですね。

高松宮記念も勝ってはいますが、長い審議の末の勝利で本人的にもすっきりしないでしょうし、そういう想いも込みで面白いのかなと思います。

ダノンスマッシュ

なかなかG1タイトルが遠い馬ですが、近年の短距離界を引っ張ってきている一頭ですね。

この馬はとにかくスピードの持久力が高い馬だと思っていまして、ゴールまでしぶとく伸びる馬だなぁという印象があります。

坂も苦にはしないので、今回の舞台もいいハズですし、モズスーパーフレアがゴールまで減速するラップになる展開を作ってくれれば、終いは伸びてくると思います。

昨年の様な展開になればいいですね。

ただ、前哨戦のダノンといわれるように、ダノン~と付く馬は前哨戦の成績はいいんですが、本番のG1になると勝ち切れないというジンクスが続いています。

あくまで流れなんですが、G1にはこういう目に見えない力も働くと思っていますので、そこだけは気になります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気を見てきました。

このほかにもさすがG1というメンバーで目移りしそうです。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。


皆さんお疲れ様です。

今回は本日行われました、2重賞の回顧をしていきたいと思います。

神戸新聞杯

1着 コントレイル

2着 ヴェルトライゼンテ

3着 ロバートソンキー


・ 回顧

スタートからの3ハロンこそ少し早めでしたが、そこからゴールまではそこまでペースの上下もありませんでした。

スピードの持久力を求められる展開だったのかなぁと思います。

1着 コントレイル

ここでは能力が違いましたね、単勝1.1倍という単勝からも、ここはファンも納得の競馬だったのではないでしょうか。

直線手前では詰まりそうで怖かったですが、空いたところを突いてからの加速力と持久力の高さには、さすがダービー馬だなぁと思いましたよ。

これで無敗も継続、ディープ以来の無敗の3冠馬へ、菊花賞がより楽しみになりました!

2着 ヴェルトライゼンテ

休み明けはあまり良くない馬だと思います。

実際この馬はノーザン系ですし、ぶっつけでもいいハズなのに、一回使うというのもその表れかなぁと思っていました。

そんなコチラの考えは裏腹に強い競馬でしたね。

直線に向いたときには後方でしたので無理かなと思いましたが、そこからのスピードの持久力と速さはやっぱりダービー3着馬なんだなと思う末脚でした。

距離が伸びてもいいと思いますし、この馬も菊花賞ではチャンスのある一頭だと思いますよ。

3着 ロバートソンキー

キャリア3戦でここに挑んで3着に入るのはすごいですね。

確かに2戦目の未勝利戦での末脚はすごかったんですが、メンバーレベルが上がってどうなのかなと思ってしまいました。

ただ、伊藤騎手もこの馬と2戦目からコンビを組んでいますし、騎手的にも燃えるものがあったと思います。

こういう意気込みがすごそうな、騎手が乗る馬には気を付けないといけないと思いました。

オールカマー

1着 センテュリオ

2着 カレンブーケドール

3着 ステイフーリッシュ


・ 回顧

土曜日にも少し降雨があり、馬場状態は稍重でした。

レースのペースもスローで行ってからロングスパート戦、持久力の高さを問われたレースだったと思います。

1着 センテュリオ

この馬は過去を見ても、最後の最後で突っ込んでくる競馬が多いんですよね。

こういう馬は、瞬発力勝負になると厳しいところがあると思いますが、今回の様なジワジワ伸びる馬に向く展開の時には強さを発揮しますね。

仕掛けをじっくり待った戸崎騎手もさすがですし、うまくかみ合ったなぁという印象があります。

今後もそういう重めの条件では強気に買ってもいいと思いますよ。

それ以外の条件でもぼろ負けすることはないと思いますがね。能力は高いと思いますので。

2着 カレンブーケドール

調教もそこまでよくなく、津村騎手もこの馬にしてはまだまだの仕上がりといっていた様に、本調子ではなかったのかなと。

それでも2着に来れるのは能力の高さがゆえですね。

馬場が重めなのもこの馬にとってはいいと思います、2着になったジャパンカップも悪い馬場でしたからね。

今回一度使って状態が上向けば、この秋どこかでG1タイトルを手にすることもあると思います。

3着 ステイフーリッシュ

上がり3Fが同じのクレッシェンドラヴに一度は抜け出されそうになりながら、差し返したのは持久力の高さの技だと思います。

この馬はとにかくG2以下ならば安定して走りますね。

ただ、こういう馬はいきなりG1で穴をあけることもある馬だと思っていまして。

次走G1で人気を落とすなら、少し買ってみたい気もします。

馬券の反省

神戸新聞杯では本命のコントレイルは来たものの、軽視したヴェルトライゼンテで走られてしまいハズレ。

ただ競馬ファンとしては嬉しい結果で、このまま3冠馬を見たいなぁと思いました。

オールカマーも本命のカレンブーケドールは2着も、最後の最後で切ったセンテュリオに激走されハズレ・・

ただ2重賞とも、本命は来ていますので、プラス思考に来週こそ当てたいと思います。

いよいよ来週からはG1.

年末に向けて、競馬は盛り上がりのシーズンになりますので、私も競馬のブロガーとして盛り上がっていきたいと思います。

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


オールカマーの予想もしていきます。

フィエールマンの回避で小頭数がさらに少なくなってしまいましたが、メンバー的には粒ぞろいで、楽しみな一戦です。

展開予想

先週から中山競馬場は内の先行馬が有利だなぁという印象があります。

ここでもハナを切る馬には注目したいです。

今回のメンバーを見れば、1年ぶりにはなりますが、ジェネラーレウーノなのかなぁと思います。

早めに仕掛けていい味を出す馬ですが、屈腱炎明けですのでどう乗るのかは未知数です。

でも、そこまでスローには落とさないと思うんですよね。

ミドルペースくらいかなと思います。

直線手前でまくれるか、先行する馬を中心に考えたいです。

指数順位

1位 カレンブーケドール

2位 クレッシェンドラヴ

3位 センテュリオ

4位 ジェネラーレウーノ

5位 ミッキースワロー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ カレンブーケドール

買いたい馬

・ クレッシェンドラヴ

福島コースでの良績が目立つ馬ですが、中山もこなせると思います。

中山金杯では、後方から外々を回しての7着ですし、最後は差してきていますので力負けというよりは展開負けだと思います。

昨年のオールカマーも5着に敗れていますが、直線で完全に詰まってしまい、外に切り返すロスがあっての5着ですから、これも運がなかったなぁと思います。

2度あることは3度あるといいますので、今回も少し怖いんですが、力はあると思いますので、買います。

・ ミッキースワロー

中山コースは大得意ですね。

どんな展開でも必ず最後追い込んでくる印象があります。

元々はG2、G3番長のイメージがありましたが、前走の天皇賞では3着。

心身ともに充実していますし、ここでも期待したいです。

・ ジェネラーレウーノ

19年1月以来の競馬になります。

ただ、中山コースは高相性で中山での復帰はこの馬にはもってこいの条件だと思います。

ある程度厳しめのペースで行っても粘れると思いますし、三浦騎手がどう乗るのかに注目ですが、そこまで人気しなそうですので、抑えたいです。

・ ステイフーリッシュ

G1では厳しい印象がありますが、G2以下ではかなり安定した成績を上げています。

今回のメンバーを見渡しても、十分通用すると思いますし、前に付けられるこの馬にとっては今の中山はさらにいいと思います。

・ カレンブーケドール

フィエールマンが回避したことで、人気になりそうですね。

中山コースでもしっかり走っていますし、前走こそ後ろ目からの競馬になりましたが、好位から競馬できると思いますし、今の中山のコース形態を味方につけてほしいです。

G1でも2着に来ている馬ですし、斤量の恩恵があったにせよ、3歳の牝馬があそこまでできるのは素直に評価しています。

休み明けがどうなのかなと思いますが、それを考えても買いたい馬です。

まとめ

◎ カレンブーケドール
〇 ミッキースワロー
▲ ステイフーリッシュ
△ ジェネラーレウーノ
△ クレッシェンドラヴ

買い方は◎〇ー〇▲△の馬連で行きたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


今週は注目の重賞、神戸新聞杯が行われますね。

このレースの注目点はなんといっても、無敗の3冠に王手をかけているコントレイルの出走でしょう。

どんなレースを見せてくれるのか、今から楽しみですね。

では予想していきます。

展開予想

逃げるのは、パンサラッサかビターエンダーかなと思います。

3歳重賞ですので、そこまでペースを上げての競馬になるとは思えません。

スローからの決め手勝負になるのではないでしょうか。

指数順位

1位 グランデマーレ

2位 コントレイル

3位 マイラプソディ

4位 アイアンバローズ

5位 メイショウボサツ

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ グランデマーレ

・ コントレイル

買いたい馬

・ グランデマーレ

まだ2戦しか走ってないんですが、2戦の戦い方を見ると、先行したいはずですのでこの枠はいいですね。

戦ってきた相手も、その後重賞を勝つダーリントンホールにも勝っていますし、能力的には通用する下地はあると思っています。

重賞のカベがどうかわかりませんが、期待したいです。

・ コントレイル

説明不要の現3歳世代最強馬でしょう。

皐月賞も展開的にはそこまで向いていませんでしたが、圧勝しましたし、ダービーも他をひきつけない圧勝でした。

現時点では、この世代でこの馬に真っ向勝負できるのはサリオスだけだと思いますし、ここは負けられない一戦だと思います。

・ ディープボンド

前に付けてしぶとい馬です。

この枠はギリギリだと思いますが、テンも早いので、ここでも先行できると思います。

・ エンデュミオン

春の成績は決していい結果ではありませんでした。

ただ、夏で古馬とやりあって成長を感じる馬です。

馬を調教で強くするイメージがある清水厩舎の馬ですし、近走の脚を見ていると、ここでも一発穴をあけても不思議ではないと思いますので、買いたいです。

・ メイショウボサツ

中京コースは3回走って連を外していません。

中京コースの経験というのは、プラスになりますね。

着順を見ても、そこまで負けていませんし、最後までジワ伸びしてくれますので、仕掛け所は大切ですが、今回のメンバーならば買いたい一頭です。

 ビターエンダー

前走のダービーでは10着に敗れてしまっていますが、プリンシパルSからのローテは厳しいモノがあったと思います。

先行して伸びる馬ですが、前走はこの馬にしては後方からの競馬でした。

皐月賞ではしっかり先行できているので、メンバーレベルが上がるとついていけないということはないと思います。

一度休んで、ここは巻き返しに期待しています。

まとめ

◎ コントレイル
〇 グランデマーレ
▲ ディープボンド
△ メイショウボサツ
△ エンデュミオン
△ ビターエンダー

相手探しが難しい一戦ですね。

競馬に絶対はないので、少し怖いですが、ここはコントレイルが自力で好走してくれないかなと思います。

3歳戦では負けてほしくないのが、競馬ファンとしての心境ですね。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


皆様こんにちは!

今回は今週に行われます、オールカマーに出走を予定しております馬の中から、1桁人気を見ていきたいと思います。

フィエールマン

現長距離王者の参戦です。

天皇賞(春)の19年20年連覇をはじめ、有馬記念4着など、実績面ではメンバーイチでしょうね。

中山コースも問題ないので死角なしのように見えますが。

この馬の最大目標はこの秋はジャパンカップだと陣営が明言しています。

この馬、前哨戦の成績が少し落ちるところがあると思っています。

凱旋門賞の前哨戦、札幌記念は3着、19年天皇賞(春)の前哨戦、AJCCは2着と馬券内には来ますが、勝ち切れないレースが続いていますね。

とはいえ、安定した力がある馬、馬券外というのは、なかなか想像できないというのが正直なところです。

カレンブーケドール

今年の活躍が見られる4歳世代の牝馬から、カレンブーケドールが登場です。

近走を見ても、京都記念、ジャパンカップで2着に入っていますし、能力は当然高いと思います。

ただ、古馬とやったこの2レースは共に重馬場だったんですよねぇ。

良馬場のオークスでも結果を出していますし、問題ないとおもうんですが、まだ実績がないのは、少し引っ掛かるところです。

あと前走は、この馬にしては後ろからの競馬でした、今の中山を見ていると好位から行った方が有利だと思いますし、津村騎手がどう乗るのかはすごくきになるところです。

ミッキースワロー

中山の鬼だと思っています。

昨年のこのレースの2着馬ですし、まくり気味に差してくる馬ですので、中山のコース形態はこの馬に向いているなぁという印象があります。

AJCCでは4着に負けていますが、あれはマイネルフロストがレース中にアクシデントがあり、下がってきた不利を受けていると思いますし、気にしなくていいかなと。

少し前までは、G1だとなかなか成績を上げられませんでしたが、天皇賞で好走したことで一皮むけた印象。

ここでも期待せずにはいられません。


人気ブログランキング

よかったら応援お願いします。


頭数は少ないですが、なかなか濃いメンバー構成。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ