さて今回は、今週末行われます。東京新聞杯の予想をしていきたいと思います。

展開予想

このメンバーならば行くのは、モルフェオルフェだと思います。
詳しいことは下で書きますが、馬群は縦長になるのかなと思います。

スローからの上り勝負というよりかは、ある程度流れていくのではないのかなと思います。

どんな展開でも、対応できる騎手を買いたいと思います。

指数順位

1位 レッドヴェイロン
2位 ヴァンドギャルド
3位 シャドウディーヴァ
4位 プリモシーン
5位 サトノアーサー
5位タイ レイエンダ

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

レッドヴェイロン

ヴァンドギャルド


買いたい馬

プリモシーン

東京ではヴィクトリアマイル2着と、適性を見せています。
近2走は負けていますが、前走は得意ではないコースで、しかもG1でしたし、仕方ないかと思います。

2走前の府中牝馬では、馬場が堪えたのか、精神的なものなのか、少しこの馬らしくないレース運びでした、まったくといっていいほど見せ場がありませんでしたからね。

東京マイルはベストの舞台だと思いますし、スローからの上り勝負にはならないと思っていますので、ゴールまで、減速する流れになれば、この馬の自慢の持続力で、ゴール前強襲してきそうです。

モルフェオルフェ

みなさんは、この格言を知っていますか?
「気をつけろ忘れた頃の江田照男」

この格言は、江田騎手は、忘れた頃に穴馬を持ってくるというものですが、それが今回、発動しそうな気がしています。

この馬、過去のレースを見ても、瞬発力というよりは、持久力勝負に持ち込みたい所だと思います。
となれば、ハナを取れそうな今回、わざわざスローで逃げるような事はしないのではないかなと思います。

持久力を活かしたければ、後続の脚を削るしかない、となれば大逃げしかありません。
本当にこうなるかはわかりませんが、こうなれば逃げ残りというのも十分にありそうだと、思いますので、馬券には入れたいです。

サトノアーサー

この馬も素質馬でしたが、ケガがあったりなど、少し順調さを欠いています。

それでも、まだまだ力は衰えていないと思います。
前走は、馬場が堪えたのかなと思います、重馬場は不得意ではないと思いますが、それ以上に持久力が高い馬にやられてしまいました。

それでも力は見せていますし、2走前にはその後重賞を制した、ロードマイウェイ相手に3kの斤量差がありながらもタイム差なしの2着、この馬も力は重賞級だと思いますし、今回も期待したいです。

レッドヴェイロン

この馬の母であるエリモピクシーの一族は、この東京マイルで走る馬が多いですね。
この馬も例を漏れず東京マイルは大得意の舞台です。

ルメール騎手というのも鬼に金棒、少しエンジンのかかりが遅い馬ですが、ラスト1Fでは必ず差してくるので、癖が分かるルメール騎手なのもいいです。

そして今回は、江田騎手がどうでるかわかりませんが、どんな展開になっても、自分のペースを乱さず焦らない、ルメール騎手はとても心強いですね。

シャドウディーヴァ

関東圏のレース(2.2.1.2)関西圏(0.0.0.3)と関東圏のレースの方がいいと思います。

好位に付けそうな馬が少ない今回は、楽な展開で運べるのではないかなと思います。
スタミナが求められる展開でも対応できると思いますし、秋華賞ではあわやの競馬でした。

人気も手ごろですので、買いたいです。

ケイアイノーテック

NHKマイルカップの覇者です。

東京のマイルでは、常に決め手があるものいいですね。

安田記念では上りが32.7でしたが、そのほかにこのレースに出てきた馬で32秒台の脚を使ったのは、アーモンドアイ、インディチャンプ、サングレーザー、ステルヴィオ、ペルシアンナイトとその秋G1を賑わせたすごいメンバーでした。

決め手は、このメンバーになれば、上位でしょうし、得意のコースで、巻き返しに期待です。

まとめ

◎ レッドヴェイロン
〇 シャドウディーヴァ
▲ サトノアーサー
△ プリモシーン
△ ケイアイノーテック
△ モルフェオルフェ

印的にはこうまとめました。

なかなか楽しみなメンバー構成ですね。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村