本日行われました、東京新聞杯の回顧です。

まずは結果から!

1着 プリモシーン
2着 シャドウディーヴァ
3着 クリノガウディー
4着 サトノアーサー
5着 クルーガー

回顧

スタートで遅れたのはヴァンドギャルドでしたが、それ以外はキレイにスタートをきれました。

予想記事でも書きましたが、道中はモルフェオルフェが少し離して逃げる展開になりました。
大逃げまでとはいきませんでしたね。

レース結果を見ても、2着に入ったシャドウディーヴァ以外は道中6番手以内の馬達でした。
中団より後方から差すというのは厳しい展開でしたね。

1着 プリモシーン

道中では割と前目のポジションから競馬を進めていきました。

この馬の好走パターンでもあるラスト3F減速ラップの流れもよかったですね。
何よりデムーロ騎手の意地の様なものを見た気がします。

もちろん馬も強かったですので、今後はどこにいくのか楽しみです。

2着 シャドウディーヴァ

道中はインをロスなく回し、直線強襲でした。

同じような位置にいたレッドヴェイロンとこの馬の差はこの道中の位置取りの差かなと思います。
直線で内をスッと回せたのが好走の要因だと思います。

人気もほどほどでしたし狙うべきでした・・

3着 クリノガウディー

近走は不利続きでなかなかスムーズな競馬ではありませんでしたが、ここでは巻き返してきましたね。

直線で一瞬勝ったかなと思いましたが、最後は持続力の差で差されてしまいましね。
こういう展開には強いと思います。

展開さえハマればどこかを勝てそうだと思います。

反省

軸のレッドヴェイロンは9着、道中の位置取りも後ろすぎましたね。
今日の馬場では厳しかったでしょう・・
ルメール騎手とは本当に相性が悪いです。

でも、自分の予想力がまだまだ未熟でしたね。
精進します。

それでも2番手評価した、シャドウディーヴァが2着と相手は来ていますので、あくまでプラス思考で頑張っていきたいと思います。

みなさんはどうでしたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村