さて、今回も京都記念に出走を予定しています、馬の中から上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

カレンブーケドール

明け4歳牝馬が人気を集めそうな今回、まずはこの馬です。

昨年は勝ち切れないものの、オークス2着、秋華賞2着、ジャパンC 2着と好走を見せています。

この馬はディープ産駒ですが、よくいるキレキレのディープ産駒というよりは、スタミナや持続力で押し切るタイプのディープだと思っています。

今回の京都2200mというのもこの馬にはいい条件だと思います。

ただ少し気になるのは休み明けが案外な所です、休み明けで挑んだ紫苑Sは3着でしたが、この時に負けた相手が、パッシングスルー、フェアリーポルカとカレン自身の実績を考えれば負ける相手ではないと思いますし、この辺は休み明けの影響なのかなと思っています。

クロノジェネシス

バゴ産駒の最高傑作の呼び声も高い、4歳牝馬の一頭です。

前走のエリザベス女王杯では初めて馬券外になってしまいましたが、それでも生涯掲示板外は外していません。

オークスから間隔をあけて挑んだ秋華賞で馬体を成長させたことで、より強さが増した印象があります。

好位からいいスピードで、長くいい脚を使える馬だと思いますので、今回の条件はとても合うと思います。

休み明けも問題ない馬ですし、エリザベス女王杯はうまくクロコスミアのペースにはまってしまいましたが、それでもあのメンバーで、上り3位の脚が使えたのは能力の証だと思います。

北村騎手も思い入れのある馬ですし、ここは勝ち負けしてきそうな気がします。

ステイフーリッシュ

この馬は毎回言っていますが、G2、G3であれば結果を出す、馬だと思っています。

前走はルメール騎手が完璧に乗って2着でした、負けた相手がブラストワンピースですから相手が悪かったと思います。

先行するか、道中強気に捲って、早め先頭の競馬が得意だと思いますので、岩田騎手がどう乗るかまだ分かりませんが、控える競馬はあまりしてほしくないですね・・

昨年の同レース2着馬ですし、レース適性はいいと思いますし、今回も好勝負かなと思います。

クラージュゲリエ

昨年のダービー以来の出走になります。

この馬は最後の切れ味が素晴らしい馬ですが、そこまで末脚の持続力は高くないと思います、気性的にもむずかしい馬ですので、どこまで気性が成長しているかは気になります。

展開的にも控えて後方からの競馬をするならば、少し厳しいかなと思います。前有利になりやすい京都記念ですからね。

今回は人気を集めそうですし、個人的には少し軽視したいかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小頭数になりそうですので、展開利も受けそうな人気薄もいそうなので面白いレースになりそうです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。