ドバイワールドカップも開催が中止されて、世界的にも混乱が広まっていますね・・

はやく普段の日常に戻ってほしいと願うばかりです。

そんな中今週は、芝のG1開幕戦、高松宮記念が行われます。

今回も予想1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

タワーオブロンドン

一番人気はこの馬だと思います。

それも納得の成績を昨年は上げていますね、夏にスプリント路線に入ってきてからは、本当に安定していますし、そのままの勢いでスプリンターズステークスも制覇して、短距離王者になりました。

前走は休み明けでしたし、3着ならば格好はついたと思います。
関係者の話でも休み明けは元気すぎるところがあるようで、一度叩いてガス抜きできたのはいいのではないでしょうか。

中京での実績はないのが不安ですが、左回りもマイル以下はこなしていますし、大丈夫かなと。

ただ騎手がテン乗り、福永騎手に変わりますね、そこだけが不安です。
福永騎手自身は中京得意ですし、素晴らしい騎手なのですが、馬のクセがつかめていないとは言うのは少し気になる材料です。

終いの脚は確実ですので、どこで仕掛けるか、このタイミングが大切になってくると思います。

グランアレグリア

前走は距離を縮めての阪神Cでしたが、直線ではさらに突き放す強い内容でしたね。

今回休み明けですが、この馬に関してはそこまで気にしなくていいと思います。

末脚の持続力も高いですし、反応もいいので1200というのもこなしてくれると思います。

内からロスなく進めて、直線半ばで早め先頭から押し切る競馬ができればここでも通用すると思います。
内枠はほしい所ですね。

ダノンスマッシュ

短距離路線を引っ張る1頭ですね。

この馬の最大の敵は残すは左回りだと思います。
昨年もいい感じでレースを進めましたが、直線最後の最後で競り負け4着でした。

昨年の敗因は外枠だったことかなと思っていまして、外々を回されたのが最後の少しに影響したと思います。

この馬が最も力を発揮するのは、内々をロスなく回って競馬した時だと思いますので、内枠は欲しい所かなと思います。

あとはテン乗り三浦騎手が判断をどうするか、仕掛けが遅すぎても早すぎでも厳しいと思っていますので、そこが今回のカギかなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

メンバーを見てもかなり混戦ですね。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。