さて今週も大阪杯に出走を予定しています馬の中から上位人気馬の考察をしていきたいと思います。

ダノンキングリー


前哨戦のダノン、昨年から継続している流れですね。

前哨戦で快勝したダノン~の馬が本番(G1)になると凡走する流れが続いているのは不吉ですね。

前走の中山記念では勝ち切りましたが、流れにも恵まれたものだと思います。
昨年秋のマイルCSでは負けてしまいました、この時は京都での競馬でした。

この馬の成績を見ても、まだ関西圏での実績がないのは気になります。

輸送をこなせるか、当日の気配には注目ですね。

ラッキーライラック

この馬も昨年から好調が続いていますね。

エリ女あたりから差す競馬に本格的にシフトしてきたイメージがありますが、前走でもバテない末脚で2着に滑り込みました。

ただ今回は大阪杯、このレースは好位から立ち回った馬がいいと思っていますので、あまり溜めすぎるとギリギリ届かない可能性もあるのかなと思います。

デムーロ騎手がどう乗ってくるかにもかかっていますね。

クロノジェネシス

秋華賞での馬体増、この辺からこの馬は変わってきたなぁーと思います。

それまでは、どちらからというと決め手勝負の馬の印象がありましたが、秋華賞からは好位から押し切る器用な競馬をするタイプになったなと思います。

ただ、秋華賞以降好走したレースは、上りが36秒超掛かるレースばかりで、軽い芝になったとき、切れ負けしないかは不安です。

エリ女では33秒台の脚を使っていましたので、対応できるとは思いますが、内目の枠は欲しい所ですね。

ブラストワンピース

昨年は6着と負けてしまいましたね。

川田騎手に変わってからは、割とポジションを取りに行く競馬が多くなったなぁと思います。
先行して、持続力を活かす末脚を活かすには内枠は欲しい所だと思います。

上りが掛かってくれれば尚いいと思いますので、当日の天候には気を付けたいですね。

上りが出やすい馬場だと少し苦しくなるかもしれませんので、馬場傾向も気を付けていきたいですね。

ワグネリアン

あまりレースを使えていませんが、ディープ産駒は使いすぎると消耗すると思っていますので、まだフレッシュだと思えばかえっていいと思います。

バランスがいい馬で、末脚も早いですし、持久力も高いと思います。

昨年でも好走している舞台ですし、今回も期待したいと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

芝のトップクラスの馬がそろっていますね。

今からレースが楽しみです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。