今回は土曜日に行われます、京王杯SCの上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

短距離界のエース級の激突になりますし、日曜のアーモンドアイを前にこちらも盛り上がること間違いないなしです。

では考察していきます。

タワーオブロンドン

前走はなんとも言えない負け方をしてしましましたが、今回も一番人気になると思います。

昨年このレースを制していますので、コース適性は問題ないと思います。

前走の大敗についてですが、これは個人的には、騎手との相性かなと思います。
福永騎手がダメということではなく、この馬は少しクセがある馬だと思っていまして、そういう意味ではテン乗りでG1というのは、少し厳しかったかなと思います。

今回は乗り慣れているルメール騎手に戻りますし、巻き返してくるのではないのかなと思っています。

ダノンスマッシュ

この馬最大の敵はあとは左回りですね。

この馬は海外を除いて馬券外に敗れたレースは、6つありまして、そのうちの4つが左回りコースでのものになります。

左回りでの成績が悪いことは気になりますね。
この馬は右回り、平坦コースが最も能力を発揮できると思っていますので、今回レーン騎手になるのは魅力ですが、それでも今回は軽視しようかなと思っています。

ステルヴィオ

若い頃の勢いはなくなってしまっているなぁというのが正直な感想です。

いろいろ苦労がある馬で、それでも頑張っているので応援している馬なのですが、個人的にはもう少し距離が長い方がいいのでは?と思っています。

今回も人気しそうですし、馬券に関しては軽視する予定ですが、応援はしていますので頑張ってほしい所です。

グルーヴィット

今回はベストの条件だと思います。

この馬は左回りの方がいいと思います、いい末脚は持っているのですが、加速に時間が掛かるタイプだと思いますので、直線は長い方がいいと思います。

前走も、前目有利な展開において、後方からすごい末脚で追い込んできていました、グランアレグリアの末脚がすごすぎてかすんでしまいそうですが、この馬もかなりいい脚で追い込んできていました。

岩田騎手が乗れないのは残念ですが、今好調のデムーロ騎手になるのはいいと思います。

このレース過去を見ても、差しも結構決まる印象ですし、注目している一頭です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。


最終的な予想は週末に書きたいと思います。

なかなかメンバーがそろったのではと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。