今週は東京競馬場でエプソムカップが行われます。
G1は少しお休みですが、なかなか骨っぽいメンバー構成だと思います、予想のしがいがありますね。

では今回も、予想1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

レイエンダ

あのダービ馬のレイデオロの弟になります。

舞台適性的には昨年のエプソムカップを制していますし、そのほか富士Sでも2着しているので充分あると思います。

間隔をあけるとよくないタイプだと思いますので、2走前の東京新聞杯は休み明け8着ですのであんまり気にしなくてもいいのかなと思います。

昨年のエプソムカップは前が残る結果で2番手追走からの楽勝でしたので、昨年ほどうまくはいかないと思いますが、今回も上位争いしてきそうですね。

サトノアーサー

2年前のエプソムカップの覇者ですね。

近3走は、差してくるものの前が捕まえきれないもどかしい競馬が続いています。

溜めればいい脚を長く使える馬ですし、東京に戻るのは条件好転かなと思います。

ただ仕掛けが遅れると前に届かないことが今回も起こりそうですので、レーン騎手がどんな競馬をしてくるかにかかってくると思います。

アイスストーム

前走久しぶりに勝利を収めました、今回も同条件で行われているのはこの馬には追い風だと思います。

ただ脚質が後方脚質だけに、展開の不利を受けやすいのは不安点です。
実際3走前の白富士Sも、直線でいき場をなくし、もったいない競馬でした。
それでも抜けてからの少しの区間で5着になるのですから力はあると思います。

この馬も末脚を長く使えますので、引き続き東京はいいですね。

ただ何度も言うように展開に左右されやすい馬、全幅の信頼を置くのは少し怖いかなと思います。

シャドウディーヴァ

前走のヴィクトリアマイルは、ほぼ全馬が33秒台を出せる、位置取りがそのまま結果に直結したレースだったと思います。
その中で、この馬は道中12番手からの追走・・この時点でかなり厳しかったかなと思います。

この馬は、関東馬なので関東の出走が多いのはわかりますが、関西での好走実績がないので、引き続き関東でのレースに臨めるのはいいと思います。

今の東京を見ると内を進んだ方が有利に働くと思いますので、内枠でじっくり乗りたいところですね。

近走はマイルを使っていましたが、個人的にはしぶとくいい脚を使えるこの馬には1800以上がいいのかなと思っていましたので、今回は変わり身を見せてくれないかなと願っています。

ピースワンパラディ

一貫して左回りのコースを使われているということに関しては、陣営の熱い想いを感じますね。

前走でやっと3勝クラスを脱出して、初の古馬重賞に挑んできます。
一頭になるとフワッとするところがある馬ですので、抜け出すタイミングは重要かなと思います。

ここまでは安定して上り上位の脚を使えましたが、古馬の重賞初挑戦で、どこまで喰らいつけるかという所でしょうね。

戦ってきた相手関係をみても、うーんというのが正直な所なので、今回は様子見したいかなと個人的には思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

というわけで、今回は上位人気馬の考察をしてきました、今回紹介した馬以外にも、ダイワキャグニーであったりソーグリッタリングであったり、なかなか目移りしてしまう様なメンバー構成ですね。

これは週末まで頭を悩ませることになりそうです。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。