今週はいよいよ、上半期、総決算でもあります、宝塚記念の上位想定(1桁人気)の馬を見ていきたいと思います。

サートゥルナーリア

昨年の有馬記念では2着と、3歳馬ながら、力は示していますね。

この馬が一番得意としているのは、スローから抜け出す競馬だと思っています。
抜け出す一瞬の脚は本当に素晴らしいんですが、そこからのスピードの持久力が少し低いのかなと思っています。

前走の金鯱賞もスローで流れて抜け出す競馬でしたし、有馬記念でも2着には来ていますが、ゴール後ワールドプレミアにきわどい所までこられていましたので、やっぱりスローで好位を追走する競馬が向くのかなと思います。

今回のメンバーを見渡しても、恐らくスローにはならないと思いますし、好位追走して、最後どこまで粘れるかは少し気になります。

右回りは問題ないと思いますが、ロンスパ決戦に持ち込まれたとき、どうなのかなと思います。

好きな馬の一頭ですので、頑張ってほしいと思ってはいますが、馬券的には悩ましい一頭です。

ラッキーライラック

昨年の秋から、調子を取り戻して、より強くなったなぁと思います。

エリザベス女王でも、ミス、エリ女クロコスミアのペースで流れたものの、この馬は一頭だけ鋭い末脚で伸びてきて差し切りました。

そういう競馬をしてきたと思えば、前走の大阪杯の様に、好位から差してきたりと、とてもバランスのいい馬です。

馬場読みが上手いデムーロ騎手ですし、どこからでも競馬できる強みは、デムーロ騎手と相性抜群だと思います。

今回も上位争いしてきそうだと思います。

クロノジェネシス

休みをとるごとに成長してくる、恐ろしい馬ですね。

昨年の春は、好走はするもののあと一歩届かない競馬が続いていましたが、夏しっかり休んで、直行した秋華賞ではプラス20kとしっかりした馬体になり、勝ち切りました。

その後のエリ女では古馬の見えない壁に阻まれてしまいましたが、そこからまた休養を挟んで、プラス12kとまた成長させてきました。

前走の大阪杯では、古馬相手に2着していますし、古馬G1もいよいよ射程にとらえたのではないでしょうか。

王道の好位からの競馬ができますし、馬場が渋っても大丈夫、ここでも好勝負してくるのかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

今回は上位人気の馬を見てきました、メンバーを見渡してもなかなか難しいメンバーですね。

まさにグランプリレースにふさわしい、メンバーだと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。