CBC賞の回顧をしていきたいと思います。

いゃあー荒れましたね・・・

さすが夏競馬、一発目でこんなに波乱をおこしてくるとは驚きました。

レース結果

1着 ラヴカンプー

2着 アンヴァル

3着 レッドアンシェル

回顧

先週までの阪神とは違い、内先行馬がそのまま残る展開が目立ちましたね。

このレースも例をもれずに、内先行した馬がそのまま馬券内に。

ハイペースでありながら前が残る結果でしたが、ほぼ後方から進めた差し馬も掲示板付近には来ていますので、ラヴカンプーが作った流れを追走してきた馬にとっては、ラヴカンプーを差すのは厳しい展開になったのかなと思います。

差し馬はラスト1Fのバテたところで、一気に来ていますので、それをみてもラヴカンプーの作った流れは、後続の脚を削る様な流れだったのかなと思います。

1着 ラヴカンプー

最後に好走したのは18年スプリンターズSでの2着以来、これにはビックリしました・・

衝撃を受けたのはわたしだけではないハズです。

ハイペースで飛ばしても残すことができる馬でしたが、近走は成績不振が続き、どうなのかなと思っていましたが、しっかり復活してきましたね。

斤量の軽さも効いたと思いますが、成績不振でもあきらめない、陣営の想い、そしてそれに答えようとする斎藤騎手のキズナに感動もしました。

今後どうなるかわかりませんが、この馬の復活は一人の競馬ファンとしても嬉しいかぎりです。

2着 アンヴァル

この馬も長期休養明け、3戦目で復活しました!

北村騎手も上手く内を突いて乗りましたが、今回はラヴカンプーの方が一枚上手でしたね。

前走は手ごたえの悪さから、最後はほぼ追わずの惨敗でしたし、2走前は直線手前で不利を受けての敗戦でした。

今回3戦目、元々力はある馬でしたのでこの馬も復活とみていいのかなと思います。

展開が向いた面もあるとは思いますが、素晴らしい競馬でした。

3着 レッドアンシェル

またまたこの馬も長欠明け3戦目で3着しました。

展開が向いた面はあると思いますし、福永騎手もレース後コメントで、よい頃と比べて物足りないという趣旨のコメントを残している様に、昨年勝った時よりは状態は落ちているのかなと。

馬場も重めの馬場は得意でしたし、それを考えても最後少し失速したのには、まだ戻り切ってはいないのかなと思います。

それでもしっかり3着に残したのは見事ですし、復活は嬉しい限りです。

・ まとめ

本命のタイセイアベニールは4着、この馬場この展開でよく4着にこれたなぁと思いますが、馬券は大外れ!

上位2頭はとても買えませんでした・・反省します。

3頭とも、苦しんでからの復活劇、この馬のがんばる姿には元気をもらえたのでヨシとします!

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。