みなさまこんばんわ!

今回は、日曜日に新潟で行われます、新潟記念の上位人気馬を見ていきたいと思います。

いつものごとく、ネット競馬さんの1桁人気を上位としてみていきますね。

ワーケア

3歳の実績馬が満を持して、登場してきます。

ざっと成績を振り返りますと、G1ホープフルS3着、3歳重賞ディープ記念2着と3歳世代では上位の力を持っていると思います。

あとは、古馬に交じってどこまで通用するのか。

ここでものさしに使うのは、ディープ記念とダービーでほぼタイム差なしだった、ブラックホールです。

そのブラックホールですが、今年の札幌記念に出てきて9着に敗れています。

単純なものさし理論ですが、この結果を考えるとワーケアもどうなのかなと疑問がわきます。

とはいえ、スローからの末脚比べにもなりやすい新潟記念。

この馬の力は出しやすい舞台だと思っています。

うーん・・悩む一頭ですね。

あまり人気になりすぎるなら、切ってみても面白いと思います。

ブラヴァス

名馬を連発した、ハルワスウィートの子供の内の一頭でもある、ヴィルシーナの子供です。

父もキングカメハメハということで、まさに良血ですね。

良血のプレッシャーに負けない成績を上げていると思います。

3歳時にはなかなか結果がでませんでしたが、ここにきて安定感を増して、さらにパワーアップしていると思います。

なかなかしぶとい脚を使える馬だと思いますし、そこそこ切れる脚も使える馬ですので、仕掛けところは重要になると思っています。

その点でも、この血統に詳しい福永騎手というのはいいですね。

新潟大賞典では負けてしまいましたが、前が残る展開の中、よく伸びていると思います。

新潟適性も問題なし、今年好調の福永騎手と共に、ここで重賞勝ちも期待できると思います。

カデナ

早い時期から活躍したディープ産駒は古馬になるにつれて、ピークアウトしていく馬が多い中、5歳になって調子を取り戻した珍しい馬です。

この馬の武器はなんといっても末脚のするどさだと思っています。

G1の大阪杯でも名だたるメンバーの中で末脚一番早かったですからね!

ただ、その末脚の代償に後方待機を余儀なくされます。

今回直線が長い新潟になることで、この馬の末脚は最大限生かせると思います。

昨年もスローの展開の中、ほぼ最後方から3着にまで来ていますからね。

あとはトップハンデの58kでどうかだと思いますが、昨年は57kですし大丈夫かなと思います。

ジナンボー

この馬もブラヴァスに負けるとも劣らない良血です。

前でねばりこむ戦法がこの馬は合うと思いますので、下げて末脚をいかそうとした、前走七夕賞は負けても仕方なかったと思います。(出遅れたのもありますが)

大阪杯のような、強気の競馬ができれば面白いと思います。


ただ、出遅れクセがたまにでるのは怖いところです・・・

でも、今回は昨年2着したときのデムーロ騎手になるのはいいですね。

デムーロ騎手の馬場読みは神だと思っていますので、いいところを通してくれると思います。

ピースワンパラディ

デビューから一貫した左回りへのこだわりは陣営の思いを感じるところです。

ただこの馬はトップスピードの質を問われる展開になると、少し甘いところがあると思っていまして。

少し馬場が重くなって、持久力が問われる展開になった方がいいと思います。

前走のエプソムCは不良馬場でしたが、上りは2位ですからね。

前が止まらない展開の中で負けてはしまいましたが、いい脚は使っていたと思います。

土曜日に少し雨が降ってくれたりすればこの馬にとっては追い風かなと思います。

ただ、良馬場でもある程度はやれると思いますよ!

ただ、良馬場では馬券内に食い込めるかはどうかなと思っています、5着くらいかな?と


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

今回は上位人気をみてきました。

夏競馬もいよいよ終わりですね。

みなさんはいかかでしたか?夏競馬。

私はひどい結果でしたよ・・

ただ終わりよければすべてよしです!

頑張りましょう!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。