みなさまお疲れ様です。

夏競馬最後の重賞でもある、新潟記念が終わりました!

今回も回顧を書いていきたいと思います。

レース結果

1着 ブラヴァス

2着 ジナンボー

3着 サンレイポケット


レース回顧

ペースが落ち着きやすい、このレースにおいて、逃げ馬がウインガナドルだけ、というのはさらにペースを遅くする要因だったと思います。

実際ペースも結構なスローに落ち着きましたし。

ペースがあがったのは最後の800m、ちょうど直線に向いたあたりからでした。

この結果から、考えられるのは、瞬発力、そしてトップスピードの持久力を求められた展開だったと思います。

ばてたところを差すタイプの馬たちにとっては厳しい展開になったのかなと思います。

東京競馬場で求められるような適性が必要だったのかなと思います。

上位入着している馬のお父さんがディープやキンカメが占めていましたし、現代競馬らしい、溜めて最後ドン!という決着になったと思います。

1着 ブラヴァス

さすが好調福永騎手、コース選びもレース運びも完璧でした。

それに答える馬の能力があってこそですが、この夏の福永騎手は神でしたね!

トップスピードも高いですし、持久力も高い、この馬にとっては素晴らしい展開だったと思います。

レース後福永騎手のコメントによると、まだまだこんなもんじゃないというコメントをしていましたし、末恐ろしい馬だなぁと思います。

こういう競馬ができるのであれば、東京でもいいと思いますし、秋が楽しみになりました。

2着 ジナンボー

前走に続いて今回も出遅れ・・

この時点では厳しいかなと思いましたが、そこで終わらないのがデムーロ騎手。

最内の空いたところをスルスル気持ちよくポジションを取り直しました。

ペースを読んだ結果なのかはわかりませんが、こういうところはさすがだなぁと思いました。

直線向いてからも粘っていましたが、前半無理した分、最後の最後少し脚がにぶりましたね。

それでも、先行したらしぶとい馬というのは再確認できましたし、G1とかはどうかなと思いますが、今後もやれると思います。

3着 サンレイポケット

末脚の持久力が高いことは、ここまでのレースで証明していましたし、その末脚を活かすレース展開になったのは、よかったと思います。

伸びる外枠を差して来れたのも好走の要因だと思いますよ。

ただ上位2頭とは2kもらっていますから、もう一度違う重賞で見てみたいと思うところです。

馬券の反省

本命のサトノダムゼルは5着に敗れるも、抑えの馬連が的中!

夏競馬最後は絶対当てたかったので、素直に嬉しいです!

サトノダムゼルはかなり手ごたえよさそうに見えたんですがね・・
直線でまわりを見る岩田騎手を見て、これはキタ!とおもったんですが・・・

とはいえマイナス10kでここまでやれるのならば、やっぱり力はあるなぁと思いました。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


無観客で行われた、異例の夏競馬。

そんな中でもここまで開催できるのは、すべての競馬関係者の皆様のおかげだとおもっています。

ありがとうございました。

季節は秋競馬に向かい、競馬で一番盛り上がるシーズンが来ますので、ひとりの競馬ブロガーとして少しでも盛り上がるお手伝いができるように頑張ります。


今回もブログを読んでくださりありがとうございました。