今週は重賞が3本立て!

ブログでは京成杯AHとセントウルSを取り上げていきます。

今回は、京成杯AHの上位人気の考察を書いていきたいと思います。

スマイルカナ

古馬と混じって苦戦が目立つ3歳世代から、春はクラシックを好走してきた、スマイルカナの登場です。

この馬はディープ産駒なんですが、クラシックで活躍するような、直線切れ味で勝負するというよりは、ジリジリと、しぶとく伸びて勝負するタイプだと思います。

3歳世代が古馬に挑戦して敗れているレースが続いていますが、この馬は前走の米子Sで古馬に勝っているんですよね。

米子Sは斤量50kということで、恵まれた感もありますが、勝っているのは自信につながると思います。

脅威なのはトロワゼトワルの存在。

この馬は逃げなくても競馬はできますが、番手に控えるとどうしても折り合いが悪くなる印象があります。

前走もスタート後は番手で競馬していましたが、道中でハナに立ちました、まくったというよりはもっていかれた印象があります。

成績を見ても逃げたときの方が好成績です。

そういう意味では、昨年、驚く様なペースで逃げ切って勝ったトロワゼトワルの存在は、脅威そのものだと思います。

トロワゼトワルよりは内枠に入りたいですね。

ルフトシュトローム

こちらは3歳の牡馬です。

前走のNHKマイルカップでは、進路とりに戸惑いながらも、5着まで追い上げたのは力があるなぁと思いました。

ただ、古馬と混じってどうなのかは少し疑問です。

3歳同士なら上位入着も可能だと思うんですがね。

古馬に勝った実績もなしですが、マイルを中心に使うのならば、越えなければいけない壁ですので、頑張ってほしいところです。

トロワゼトワル

昨年の覇者です。

スマイルカナのところでも触れましたが、昨年は驚く様なペースからの逃げ粘りでした。

これは横山騎手の手腕が光ったところですね。

今年も横山騎手で向かってきますが、今年は同型スマイルカナもいる中、昨年の様なレースをするのは難しいかもしれません。

あまりにもスマイルカナが主張してくるならば、ノリさんが譲るというのも十分に考えられます。

馬のペースを一番に考えるジョッキーですからね。

そうなると厳しいものがあるのかなと。

前走激走したことで、マークもきつくなると思いますし、ノリさんがどう乗るか読むのは不可能ですので。

せめてスマイルカナより内は欲しいところかなと思います。

アンドラステ

重賞初挑戦になったエプソムCでは、内の先行馬が残る中、外から伸びて4着。

前走の関屋記念では、しぶとく内から伸びて3着と、いつ重賞を勝ってもおかしくないと思います。

そして今回はルメール騎手に乗り替わり、これには勝負気配を感じますね。

中山未経験が引っ掛かりますが、右回りもこなせると思います。

なかなか最近重賞でいいところがないルメール騎手ですが、中山変わりで流れを変えてきそうです。

シゲルピングダイヤ

昨年クラシックを賑わわせた一頭です。

接戦を演じた、クロノジェネシスやビーチサンバが頑張っていますし、この馬もまだまだ負けていられないところです。

この馬は最後まで頑張る馬ですので、和田騎手の様な最後までガシガシ追う騎手が合うと思っています。

前走のG1ヴィクトリアマイルでは6着、アーモンドアイは仕方ないとして、以下2着のサウンドキアラとは0.3秒差。

まだ衰えが来たと判断するには早いと思います。

ただ、休み明けがあまり良くないのは気になるところ。

人気予想オッズより下がってくれるのならば、相手の一頭として考えたいかなと思っています。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

ゴール前で大接戦になることも多い、ハンデ戦。

かなり見ごたえのあるレースになると思いますよ。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。