皆さまお疲れ様です。

秋競馬開幕戦いかがでしたか?

今回は、今週行われた2重賞の回顧をしていきたいと思います。

京成杯AH

1着 トロワゼトワル

2着 スマイルカナ

3着 ボンセルヴィーソ

回顧

開幕週の中山、内先行有利な馬場だったと思います。

トロワゼトワルとスマイルカナの逃げ争いが注目を浴びましたが、逃げたのはスマイルカナでした。

ペース的にも、緩みないペースでしたし、スピードを一定に出し続けることと、内先行有利な馬場を味方につけて、前につけることも必要だったと思います。

1着 トロワゼトワル

さすが、馬の気持ちを大切にする横山騎手だなぁという騎乗でした。

逃げにこだわらず、あくまでトロワゼトワルのペースで行くことに専念したのが、この結果に繋がったと思います。

結果的にペースも向きましたし、これ以上ない、素晴らしい連覇だったと思います。

2着 スマイルカナ

今回もハナを主張しての競馬。

この馬の競馬はできたと思います。

今後も右回りコースでは注目ですね。

逆に上がり勝負になるような東京競馬場などでは、どうなのかなと疑ってみたいと思います。

3着 ボンセルヴィーソ

馬場傾向も展開もハマりましたが、ハマればこれくらいやれる馬ですね。

馬場が悪くなると、厳しくなる印象がありましたので、前走のパラダイスSは参考外。

中山の重賞でも好走していますし、木幡騎手も上手く乗ったと思います。

不利があったと思った馬

アルーシャ、ラセット

最後の直線、ラスト200m地点付近で、ストーミーシーがよれてきてはじかれました。

馬場的にも内有利を外追走ですので、それだけで厳しいですが、さらに厳しくなってしまいました。

次のレースに期待したいです。

セントウルS

1着 ダノンスマッシュ

2着 メイショウグロッケ

3着 ミスターメロディ

回顧

開幕週の中京、ペースによっては差しも届くレースもありましたが、個人的には内先行有利な馬場だったのかなぁと思います。

前半33.0後半34.9とかなりのハイペースを引っ張ったのは、セイウンコウセイでしたね。

この逃げには驚きました。

底力を問われる展開になったのかなと思います。

1着 ダノンスマッシュ

左回りは苦手でしたが、今回セイウンコウセイがゴールまで減速するラップになる展開を作ってくれたことで、苦手な条件をカバーできましたね。

この馬は加速力というよりは、ゴールまで伸びきれる持久力が武器だと思っていまして、今回のペースは良かったとおもいます。

スプリンターズステークスでもモズスーパーフレアが似たような流れを作ってくれれば、今年も好走可能だと思います。

2着 メイショウグロッケ


今年の京都牝馬Sでは3着、休み明け2戦目で変わり身を見せてきましたね。

この1200の距離というのも、この馬にはいい方に出たのかなと思います。

浜中騎手も上手く乗ったなぁという印象があります。

3着 ミスターメロディ

休み明けは苦手だと思っていましたが、得意の左回りではそこもカバーできるのですね・・

さすがG1馬というレースでした。

最後甘くなったのは休み明けの影響もあるとは思いますが、それでも3着は素晴らしいです。

ここを一回叩いて、昨年4着だったスプリンターズステークスでも面白い存在になりましたね。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

今週の反省

馬券はどちらも不的中・・

京成杯AHでは本命のアンドラステは10着に敗れました。

ルメール騎手ならば掛かる心配はないと思ったんですが掛かってしまいましたね・・

馬券的にはトロワとボンセルの馬連ももっていたんですがねぇ

指数軸馬がスマイルカナだっただけに、指数を裏切ったのが完全に裏目にでました。

セントウルSは、クライムメジャーが本命でしたが、見せ場なく敗戦

狙いすぎた感はありますね・・

今週は残念でしたが、楽しい秋競馬が開幕しましたので、来週からも楽しんでいきたいと思います。

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。