楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 予想


さて、今回は日曜日に札幌で行われます。

エルムSの予想をしていきたいと思います。

久しぶりのダート重賞予想な感じがしますね、では張り切っていきたいと思います。

展開予想

逃げるのはリアンヴェリテではないのかなと思います。

このエルムS過去を見ても、ある程度前にいないと厳しいなぁというのが感想です。

昨年こそ、早いペースで差しが決まりましたが、今回はそこまで早くならなそう。

となれば、ある程度好位か、まくってこれる馬ではないと厳しいのかなと思います。

指数順位

1位 ハイランドピーク
2位 タイムフライヤー
3位 バスカヴィル
4位 アディラート
5位 ウェスタールンド

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

 ハイランドピーク

・ タイムフライヤー

買いたい馬

・ エアスピネル

前走初ダートで重賞2着というのは立派だと思います。

元々、クラシックを賑わわせた馬ですし、マイルCS2着など実績は申し分ないです。

武豊騎手も、3歳の頃からダートでやれそうだなと思っていたそうですので、武豊騎手からしたらやっと来たかという感じでしょう。

前走も最後まで伸びていました、最後こそサンライズノヴァにやられてしまいましたが、あの垂れない脚は札幌でこそ輝くと思います。

・ リアンヴェリテ

展開の握りそうな馬です。

この馬はとにかく、気持ちよくいければ、粘りこむ馬だと思っています。

道中絡まれると、とたんにもろくなる印象があり。

今回のメンバーを見ても、単騎でいけそうですので、今回は買いたいです。

・ アナザートゥルース

安定した先行力と粘り強さが武器の馬だと思います。

今回札幌に運んできて、休み明け、状態面でどうかなと思いましたが、調教を見る限り、大丈夫そうです。

札幌コースに求められる脚質にドンピシャだと思いますし、外目の枠ですんなり好位を取れそうなメンバー構成。

ここも買いたいです。

・ ハイランドピーク

このエルムSはこの馬にとって、かなり相性のいい舞台で。

18年では1着、昨年19年は2着と、安定して走っています。

前走は休み明けで+16k、それでも3着に来ていますし、予定通りなのかなと。

今回一回叩いて、状態もさらに上がってくると思います。

そして、なんといっても横山和騎手、このレースには父の典弘騎手、弟の武史騎手が出走しますが、一番気合が入るのは横山和騎手ではないのかなと思っています。

父は子を想うのは当然ですが、兄弟ともなると、さらに気合いが入ると思います。

弟も好成績を挙げていて、今回兄としておもうところがあると思いますので、それも込みで期待しています。

・ タイムフライヤー

前走のパフォーマンスには驚きました。

相手が弱いというのはあると思いますが、それでもオープン競争を持ったままちぎって完勝はなかなかできないと思います。

昨年のエルムSからダートに転向した馬ですが、あの時は先行馬には苦しい展開でしたし、初ダートということもあり、負けたのは仕方ないかなと思っています。

今回ルメール騎手なのもいいですし、期待しています。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

まとめ

◎ ハイランドピーク
〇 タイムフライヤー
▲ アナザートゥルース
△ エアスピネル
△ リアンヴェリテ

ここはハイランドピークからいきます。

馬券的には馬連◎〇ー印に流したいと思います。

梅雨が明けて厳しい暑さが来ています。
私の馬券の梅雨も明けてほしいなぁと思っています。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて、今回は日曜日に行われます、クイーンSの予想をしていきたいと思います。

展開予想

逃げたい馬が多いなぁというのが、メンバーを見渡した時に思いました。

コントラチェック、ナルハヤ、タガノアスワド、モルフェオルフェ、ざっと見てもこれだけいますね。

札幌1800mは最初のコーナまで、そこまで距離がないので、近走必ず行っているモルフェオルフェが外目の枠になって、ハナ争いが激化しそうな気がしています。

コントラチェックは今回は逃げなくてもといっていますので、そこまでついていかないのかなと、そうなれば、コントラチェック以外の3頭がレースの流れを決めそうです。

3頭でやりあって、先団は少し離して逃げる展開になるのかなと思います、となればペースは遅くはならないと思います。

指数順位

1位 コントラチェック
2位 タガノアスワド
3位 フェアリーポルカ
4位 サムシングジャスト
5位 モルフェオルフェ

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ コントラチェック

・ タガノアスワド

買いたい馬

・ スカーレットカラー

昨年2着、適性は問題ないですし、実績はこのメンバーでも上位だと思います。

前走は直線でさっぱりでしたが、この馬は岩田騎手の時の方が走る馬。

気難しい馬だそうですので、その辺のメンタルが影響したのかなと、牝馬ですし。

今回は乗り慣れた岩田騎手、昨年2着した舞台で巻き返しに期待です。

・ カリビアンゴールド

昨年は格上挑戦ながら3着と、適正はあります。

枠的にも先団を見ながら競馬できそうですのでいいと思います。

藤岡康太騎手もこの馬を知っていますし、昨年頑張った舞台で、成長した姿を見たいところです。

・ コントラチェック

考察記事では厳しいかなと言いましたが、枠が決まって、各陣営のコメントを聞くと、今回少し面白いのでは?と思ってしまいました。

逃げた時には全勝を挙げている馬で、今回は逃げ馬も多いので厳しいのでは・・とおもっていました。

いましたが、モルフェオルフェが外枠に行ってくれた事で、ハナ争いが激化して、逃げ馬3頭で飛ばしてくれるのであれば。

今回番手でもいいといっているコントラチェックが離れた4番手で競馬できれば、実質逃げ的なポジションで競馬できるのではと思います。

そうなれば、じっくり加速して、最後突き放してバテた逃げ馬たちを捕まえて勝ち切るイメージもできますので、買いたいです。

・ フェアリーポルカ

重賞2連勝はなかなかできるものではありません。

若いころから、好走して実績を上げていましたが、近走さらにかみ合ってきたなぁと思います。

和田騎手とも相性がいいですし、今回も好勝負できそうです。

・ リープフラウミルヒ

前走は11着に敗れていますが、距離が少し長かったかなと。

ずっと1600と1800mで実績を挙げてきた馬ですし、今回1800mに戻るのは好材料です。

まくれる馬ですし、札幌コースも合うと思っています、実際札幌1800mの持ち時計はメンバーイチですからね。

昨年の2勝クラスで札幌で勝っているんですが、その時破った馬はトーセンスーリヤやドゥオーモ、その後重賞でも好勝負している馬ですし、今回も好勝負できるのではないのかなと思います。

まとめ

◎ コントラチェック
〇 リープフラウミルヒ
▲ カリビアンゴールド
△ フェアリーポルカ
△ スカーレットカラー

指数厳選馬のコントラチェックを中心に考えます。

馬券は◎から馬連4点、〇から馬連3点の7点勝負を考えています。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。


さて、今回は夏の名物新潟1000m、アイビスサマーダッシュの予想をしていきます。

夏競馬も折り返し地点、なかなか荒れていて難しい夏競馬ですが、今回も頑張って予想していきます。

展開予想

新潟1000m、直線と特殊な条件というのもあって、ハッキリとした傾向があります。

それは外枠有利だということです、割と有名な話ですが、これは直線での競馬ですので、外側のラチ(柵)をぴったり走れる外枠が、最も距離ロスなく競馬できるからだと思います。

過去を見てもピンクの8枠は過去5年、人気も関係なしに好走している点からも外枠は有利なんだと思います。

それともうひとつ、ダッシュ力も重要だとおもっていまして、ゲートからのダッシュ力があれば、いい位置を取ることができますし、そのまま押し切りやすいのがこのレースですので、ダッシュ力も大切だと思っています!

そんな傾向も含めて予想していきます。

指数順位

1位 ライオンボス
2位 ダイメイプリンセス
3位 ジョーカナチャン
4位 ビリーバー
5位 ラブカンプー

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ ライオンボス

・ ダイメイプリンセス

買いたい馬

・ ナランフレグ

ダッシュ力が大切、外枠がいいといいながら、この馬を買うのか思われてしまいそうです・・

傾向的にはどうなのかなと思う馬なんですが、前走の韋駄天Sでの末脚が忘れられないんですよね。

韋駄天Sでは少し最後狭くなる場面がありましたが、空いてからはしっかり伸びきって、上り1位の5着!

もともと、重賞でも鋭い末脚で3着にきている実績馬ですし、この1000mでもしっかり差して来れるならば、人気も落ちそうなので、狙ってみたいなと思っています。

・ ダイメイプリンセス

2018年のアイビス覇者です。

7歳にはなりましたが、前走の韋駄天Sでもしっかり3着に来ていますし、まだ能力に衰えはないと思うんですよね。

昨年は負けてるんですが、しっかり6着と力は出していましたし、前回はデムーロ騎手でしたが、今回は秋山騎手になります。

個人的な見解ですが、夏といえば秋山騎手!

この馬との相性は秋山騎手が一番だと思いますので、今回の復活を願わずにはいられません。

・ ジョーカナチャン

新馬戦以外はすべて0.4差以内の競馬、あまり着差が付きにくい短距離だとしても、この安定感は魅力そのものですよね。

競馬もしっかり先行できますし、1000mでの実績も申し分ない、あんまり非の打ちどころがない馬です。

ただ、前走の韋駄天Sでは、53kの斤量でしたが、1着のライオンボスが57.5、3着のダイメイプリンセスが56kということを考えると、1k増える今回は、その2頭の方を上に取りたいかなと思います。

・ ライオンボス

1000mの鬼といっても過言ではないと思います。

新潟1000直は5回走って、4勝2着1回、しかもその4勝の中には昨年のアイビスサマーダッシュもありますし、まさに現1000直王者!

枠も外目のいい所に入りましたし、ダッシュ力もいい。

大崩れはしないと思います。すごい人気になりそうですがね。

・ クールティアラ

このレースの最も有利な8枠からはこの馬を。

前走もいい枠をもらいながらも負けているので力負け感もありますが。

今回の鞍上は石橋騎手、やっぱりローカルでこの石橋騎手は頼りになります。

経験豊富ですし、真っすぐ走らせるのも上手いと思いますので、この枠を活かして3着くらいには来てくれないかなと思っています。

まとめ

◎ ダイメイプリンセス
〇 ライオンボス
▲ ナランフレグ
△ ジョーカナチャン
△ クールティアラ

ここのところ荒れていますので、今回も荒れるのでは?と思うのが競馬ファンの心理だと思います。

ただこういうときって、意外と固く決まることもあるんですよね。

ダイメイとライオンの馬券を厚めに、今回は買いたいと思います。

荒れたら、笑ってください・・・

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


なかなか明けない梅雨空、じめじめしてしまい、気分も落ち込んでしまいがちですが、今回も元気に予想していきたいと思います。

ここも大混戦のメンバーです、難しいですね・・

展開予想

逃げるのは、トロワゼトワルでしょうかね。

前につけたい馬もいますが、そこまで多い印象ではないので、そこまでペースは上がらないのではないのかなと。

トロワゼトワルもハイペースでいっても残れる馬だと思いますが、三浦騎手ですので、そこまで無理には逃げないと思います。

雨が降る季節で、馬場傾向が急に変わることもあるんですが、先週の馬場を見る限りは、どの位置からでも、ある程度の力があれば来れる馬場だと思いますので、それを念頭に予想していきます。

指数順位

1位 ソーグリッタリング
2位 ギルデッドミラー
3位 エントシャイデン
4位 ケイアイノーテック
5位 プリンスリターン

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ ソーグリッタリング

・ ギルデッドミラー

買いたい馬

・ ディメンシオン

前走は短距離のペースについていけずに負けてしまいました。

ですが2走前の阪神牝馬Sでは、後のG1ヴィクトリアマイル2着のサウンドキアラに0.3差の3着に来ています。

今回のメンバーを見ても枠を見てもいい位置から競馬できそうですし、面白い存在なのではないのかなと思います。

・ プリンスリターン

前走のNHKマイルカップでは直線で不利があり大敗してしまいました。

しかしながら、その前には、今回人気になりそうなギルデッドミラーとアーリントンCで0.1差の競馬をしていました。

アーリントンCの内容も、ハイペースの流れを前に追走したプリンスリターンと、少し控えて競馬したギルデッドミラーを比べると、今回の人気を見ても、こちらの方が妙味があるのかなと思います。

そしてコンビ愛といいますか、原田騎手とのコンビは個人的には大好きなので、応援の意味も込めて買いたいです。

・ ソーグリッタリング

この馬の一番の武器はなんといっても安定力だと思います。

というのもこの馬は2018年の12月のリゲルS以来、掲示板を外したことがない馬なんですよね。

先行しても粘りますし、ポジションが悪くなっても、最後必ず頑張る馬です。

鞍上の川田騎手も乗っていますし、問題なし。

ただ、こういういかにも軸にぴったりな馬が、なんで?と思う様な結果になるのが多い競馬。

少し不安はありますが、それでも買いたくなる魅力があります。

 ラセット

3走前の彦根Sで馬体重を20k増やしてから安定してきた感じがありますね。

前走も、直線でワープしてきたかの様な末脚で驚きました。

2走前は着順こそ8着ですが、映像を見ると、大接戦の中での8着でしたし、そこまで気にしなくていいと思います。

そしてこういう差す馬に秋山騎手が乗るのは魅力そのもので、今回も突っ込んでくるのではないのかなと思います。

・ ギルデッドミラー

入れるか悩みましたが、抑えには入れたいと思います。

NHKマイルカップ3着は見事なんですが、レース内容を見ると、内をぴったりまわってきての3着なんですよね。

ただ、プリンスリターンの所でも書きましたが、プリンスリターンと対決した、アーリントンCを見る限り、あちらの方が魅力かなと。

枠も外ですし、悩んだんですが、やっぱりしぶとい末脚は魅力で、しかも51kという低斤量。

北村騎手も最近好調ですし、抑えたいです。


まとめ

◎ ソーグリッタリング
〇 プリンスリターン
▲ ラセット
△ ディメンシオン
△ ギルデッドミラー

3歳馬の世代レベルがよくわからないまま、2頭を馬券に組み込むのは怖いんですが、クラシック上位争いしてきた馬なので,入れたいと思います。

軸は安定感を買ってソーグリッタリング!

馬券はソーグリッタリングの複勝を本線に、ワイドで散らして狙いたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

よかったら応援お願いします。


今週は福島競馬場で七夕賞が行われます。

個人的には福島といえばこのレース!

今年は無観客ですが、メンバーはとても熱いメンバー構成です。

今回も頑張って予想していきます、よかったら見てください!

展開予想

これといった逃げ馬が居ないなぁというのがパッとメンバーを見た時に思いました。

この七夕賞、近年はハイペースになる傾向がありましたが、その時はマイネルミラノや、マルターズアポジーなど、わかりやすい逃げ馬がいました。

ですが今回は逃げたい馬がいませんね、こうなると少しペースは緩むのではないのかなと思います。

先週から開幕した福島ですが、先週の傾向はわかりやすい内先行有利、今週もこの傾向を引くのであれば、直線で前に取りつけるまくりか先行した馬に有利になるのではないのかなと思いますので、今回はそういう馬を狙いたいです。

指数順位 

1位 マイネルサーパス
2位 ヴァンケドミンゴ
3位 パッシングスルー
4位 バレリオ
5位 クレッシェンドラヴ

指数が選ぶ厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ マイネルサーパス

・ ヴァンケドミンゴ

・ パッシングスルー

買いたい馬

・ ウインイクシード

いい所に入りましたね、この枠ならばうまく先行できるのではないかなと思います。

前走は少し控えましたが、この枠ならば前にいってくれないかなと思うんですよね。
昨年11月の福島記念では4着でしたが、先行馬には厳しい展開ながら4着に粘りこんでいます。

先行したらしぶといと思うんですよね・・

中山金杯でも先行して2着でしたし、今回も期待しています。

・ クレッシェンドラヴ


久しぶりの競馬になります。

ただ休養のわけを調べてみても、疲れがたまってのもので、骨折などのけがではないのでそこまで心配はないのかなと・・

まくり差しができるので、福島は向くと思います、実際福島競馬場での成績はいいですからね。

・ パッシングスルー

近走はダートを使われていましたが、ここで芝に戻してきます。

愛知杯では負けていますが、あれは馬場が悪くて、進むのに苦労していた印象です。

今回戸崎騎手に戻るのも、個人的には歓迎で、戸崎騎手といえば福島が上手い印象があります。

そしてとくに内にこだわる騎手なのもよくて、今回戸崎騎手が乗っていた時の様な先行してくるのであれば、最高の場所を通ってこれると思います。

・ マイネルサーパス

このレースと同舞台の福島民報杯の勝ち馬です。

この馬もまくり差しが上手い馬で、それが最もハマりやすい福島での成績がいいのも納得です!

今回国分騎手ですが、この馬はなぜか丹内騎手と相性が悪くて、丹内騎手以外での成績がとてもいいです。

差し馬のタイミングが上手い国分騎手ですので、今回も好勝負してくるのではないかなと思います。

・ ヴァンケドミンゴ


福島では走る馬です。

この馬、生涯で4勝しているんですが、なんとそのすべてが福島でのもの、これは驚きの結果ですよね。

前走でも久しぶりに福島での勝利、これだけ適性があるのは、今回のメンバーでも通用するのでは?と思います。

まとめ

◎ マイネルサーパス
〇 ウインイクシード
▲ ヴァンケドミンゴ
△ クレッシェンドラヴ
△ パッシングスルー

ここは相性のいい福島民報杯の勝ち馬でもある、マイネルサーパスを中心に。

なかなか濃いメンバー構成で悩みますよね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

↑このページのトップヘ