楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 展望


さて今回も、上位人気想定の馬の考察をしていきます。

レッドヴェイロン

この馬のお母さんであるエリモピクシーは、東京マイルが得意な馬が多く生まれています。

この馬も例を漏れずに、東京マイルは大得意です。
まだ馬券を外していませんし、今回はルメール騎手に乗り替わり、鬼に金棒ですね。

ここも好走してきそうな感じがしています。

ヴァンドギャルド

クラシックのころには期待されていた馬ですね。

なかなか結果がかみ合わずに、明けて4歳になりました。
近3走は、3連勝と勢いに乗っています。

今回がこの馬の試金石になりそうですね。

古馬の重賞初挑戦ですし、ここは少し様子見をしたいかなと思います。

プリモシーン

東京は得意な舞台だと思います。

あとは展開がどうなるか次第かなと思います。
個人的にはこの馬は、最後バテたところを差す競馬が得意だと思っていますので、あまりにもドスローでキレキレの展開になってしまうと、位置取りにもよりますが、少しどうなのかなと思います。

古馬になってからは福永騎手が結果を出してきましたが、牝馬の扱いがうまい福永騎手から今回デムーロ騎手になるのもどうなのかなと思います。

あとはここ2走負けています、前走は末脚が不発になる展開でしたし、2走前は、+12k月曜競馬と繊細な牝馬には厳しい条件でした。

それでも負けは負けです、牝馬は急にガタッとくることもあるので、その辺は気にしてみていたいです。

レイエンダ

この馬は走り所が分かりずらい馬ですね。

個人的な見解ですが、湿った馬場と展開がハマったときにはかなり強い競馬をするのかなと思います。

エプソムCは前残りの展開を前で粘りこみ、2着になった富士Sは差し決着で差してきて2着、どちらも稍重でした。

今回は、天気も悪くならなそうですし、馬場は厳しそうですが、スロー濃厚のメンバーで前に付けたらひょっとするかもしれません。

大外は引きたくないですね。

サトノアーサー

サトノアレスと被る馬ですね、名前がかなり似ていますねー

前々走は長期休養明けでしたが、しっかりと2着になりました、その時の1着馬は後にチャレンジCを制するロードマイウェイ、そのロードマイウェイより3キロ重い斤量でタイム差なしですから、この馬も重賞級だと思います。

前走は不良馬場に泣きましたが、ラスト1Fまでは粘っていましたし、気にしなくていいと思います。

さすがに前走ほど馬場が悪くなると厳しいですが、少しは時計が掛かった方がいいと思います。
キレキレの展開になるとどうなのかなと思います。

ベストは1800mだと思いますし、その辺は気になりますね。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

粒ぞろいのメンバーですね。

みなさんはどう考えましたか?
最終的な予想は週末に書きたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は、京都の短距離重賞シルクロードSが行われます。

今回も、上位人気想定の馬の個人的な感想を書いていきたいと思います。


モズスーパーフレア

一番人気はこの馬になるのかなと思います。

この馬は、中山で功績を挙げていますので、中山専用機という声も聞こえてきます。
この馬とにかく自分のペースで、早めに前半入って、後続を削り倒す競馬が得意な馬ですね。

こういうペースになりやすい中山で好走が多いのも納得できます。

ですが、中山でしか走らないとうわけでもないのかなと個人的には思っていまして、負けたレースを見ても、前走なんかは、前半遅かったのが敗因でしょうし、北九州記念も負けてはいるものの、最後まで粘っていますし、その時2着のディアンドルとは斤量が3k差ありました。

中山でしか走らない、この考えが広まって、人気になりすぎないのであれば、少し狙ってみたいですね。

レッドアンシェル

この馬も評価が難しいですね。

前走CBC賞は勝っているものの、福永騎手も言うように、重馬場が得意だったのかなと思います。
この時のメンバー構成、(2着 アレスバローズ57.5k 3着 セイウンコウセイ58k)も正直そこまでレベルが高くないと思っていますので、56kで辛勝は少し物足りないかなと思います。

そして今回はフォーリ騎手に乗り替わり、テン乗りというのも少し不安ですね。

ディアンドル

前走はG1に挑戦も、道中ついてくのが精いっぱいという内容でした。
直線では力尽きていましたね。

北九州記念は勝ってはいるものの、52kとかなり有利な斤量だったと思います。
古馬との実績はこれくらいですし、今回がこの馬の試金石になるのかなと思います。

ただ、こういうタイプの馬は池添騎手はかなり合うと思いますので、そこはいい点かなと思います。

アウィルアウェイ

前走は少し直線に入るまでにスムーズではありませんでしたので、あの結果は仕方ないかなと思います。

川田騎手とも手が合いますし、馬体が成長しているのもいいですね、ただ、差してくる馬ですので、ごちゃつくと抜けてこれない可能性もありますので、そこは少し警戒したいですね。

カラクレナイ

近走は、なかなか勝てない結果になっていますね。

生涯成績(4-1-4-16)そのうち京都1200m成績(0.1.4.2)と勝ち切れないものの、この舞台は得意にしています。
ゴール前まで伸びきれない所がありますので、その辺がこの結果に繋がっているのかなと思います。

今回も、接戦は演じそうな感じはしますが、頭まではどうなのかなというのはあります。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

最終的な予想は週末に更新したいと思います。

みなさんはどう考えますか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今回も、今週に行われます、AJCCに出走を予定しております、馬の中から、上位人気想定の馬の馬の考察をしていきたいと思います。

ミッキースワロー

この馬の一番の武器は、必ず追い込んでくる末脚だと思います。

中山外回りでも結果を出していますし、斤量も近走はハンデ戦が多かったですが、今回は56kと魅力です。
そして中山といえば、個人的にはノリさんなので、今回の乗り替わりもいいと思います。

過去の傾向から、早めに仕掛ける馬が有利だと思いますので、捲り差しができるこの馬には向く舞台だと思います。

ブラストワンピース

凱旋門賞の大敗明けの一戦です。

この馬、いい脚を長くバテずに使える馬だと思っています。
他の馬がキツくなってきてもこの馬だけは必ず差してきますね。

なかなか成績が安定しませんが、過去走を見ると、凡走した大阪杯、菊花賞は大外を回していますし、展開が向きませんでした。

目黒記念ではゴールまで減速しない流れでしたし、スピードの質で負けたと思います。

怖いのが休み明けです、かなり体重が増えているとの話もありますので、当日の馬体重には気をつけたいですね。

外枠を引いてしまった場合、川田騎手だと外を回す可能性もありますので、距離ロスの少ない枠もほしい所です。

ステイフーリッシュ

この馬はG2、G3番長だと思っています。
少しG1だと厳しいですね。

安定した成績こそあるものの、少し勝ちに遅いですので、こういう馬に乗ったときのルメール騎手は怖いですね。

前走は勝負所で接触してしまい、少し不完全燃焼な競馬になってしまいました。
強気にまくっても強い競馬ができると思いますので、ペース判断も折り合いも上手いルメール騎手ならば、ここはアッと言わせてくれそうな気がします。

ラストドラフト

前走、中日新聞杯2着と力を証明してきました。

2走前のオクトーバーSは前有利の展開に泣きましたが、それでも最後は差してきていますから、力は見せていました。

中山で今大活躍中のマーフィー騎手の継続も心強いです。
ただ、今回は、そんなに飛ばす馬もいなそうですし、スローになって前残りの展開になってしまったとき、どうなのかなというのはあります。

スティッフェリオ

この馬もG1では少し厳しい馬ですね。

今回のメンバー構成を見れば一番展開利がありそうな馬ではないでしょうか。

3走前のオールカマーの様な一人旅からの逃げ切りの再現も十分にありそうです。
この馬のことをよく知っている丸山騎手とのコンビも魅力です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最終的な予想は週末に書きたいと思っています。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今回も、日経新春杯に出走を予定しております、馬の中から、ネット競馬の1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

レッドジェニアル

1番人気はこの馬になると思います。

前走の菊花賞では、6着と見せ場を作りました。
直線少し、スムーズではありませんでしたので、それを考えれば、力は証明しました。

今回重賞勝ちを収めた京都なのもいいでしょう。

気になるのは、今の京都の馬場です、内目を通った馬が好走している馬場ですので、外を回して届くのかは少し気になります。

ですが、そこは武豊騎手、内をすくってくる競馬をしてくれるのではないでしょうか。

アフリカンゴールド

前走アルゼンチン共和国杯3着と、勢いに乗る馬です。

距離適性、競馬場適性ともに今回も舞台はいいと思います。

ゴール寸前で少し失速するときがありますので、なかなか勝ち切れませんが、今回も上位争いはしてきそうです。

タイセイトレイル

前走は少しG1に飲まれてしましました。

今回格下げ戦ですし、巻き返してくる可能性は十分にありそうです。
この馬は、内枠で内々を回した方が、いい馬だと思いますので、内枠はほしい所だと思います。

サトノガーネット

前走重賞制覇をはたして勢いに乗っていますね。

この馬、必ず上位の上りを出してくる馬ですね。

今回も、いい脚は使ってくると思います、あとは展開がハマるかどうか、今の京都は内有利ですから、恐らく大外を回すであろうこの馬にとっては、少し気になる傾向です。

メロディーレーン

この馬は2400以上の距離で結果を出してきています。

距離が短いと追走に苦労して、切れ負けしてしまう所があると思いますので、今回の距離はいいと思います。

馬格が小さくて、評判の馬ですが、菊花賞では5着、前走も負けはしたものの、直線で寄られる不利がありましたし、今回は斤量も49kと恵まれています。

大外を回してくるとどうかなと思いますが、今回も面白い一頭だと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回のメンバーは一言でいうと難解ですね。

枠順もみてから決めたいと思います。
みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に上げたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は2歳G1の朝日杯が行われます。

いつものように、ネット競馬さんの1桁人気馬想定の馬の考察をしていきたいと思います。

サリオス

一番人気はこの馬だと思います。

2戦2勝でここに向かってきています。
特に前走のサウジアラビアRCでは、先週の阪神JFで3着と好走しているクラヴァジュドールに先着していますし、内容的にも、ラスト捕まりそうになったところで、盛り返しての勝利ですから、改めて能力は高いなぁと思いました。

ただ、新馬戦8頭立て、サウジアラビアRC9頭立てですので、初めての多頭数というのが少し引っ掛かります、これは走ってみないとわかりませんが、やはり初めての多頭数になると、走る気をなくしてしまう馬がいるのも事実ですので、これだけ引っ掛かります。

ただ、先行できる馬ですので、その辺はムーア騎手がうまく乗ってくるでしょうし、競馬ファンの心理として、先週リアアメリアが負けていて、全然馬のキャラは違いますが、2歳G1の1番人気はどうなんだ?という疑心暗鬼を生めば、抜けた人気にはならないと思います。

今回は面白い馬だと思います。

レッドベルジュール

この馬も2戦2勝ですね。

前走のデイリー杯は、休み明け、28k増としっかり馬体を成長させながら勝ち切ってきました。
スタートはあまりよくありませんでしたが、そこは天才武豊騎手、内が開くのがわかっていたように、道中は内をぴったり追走し、直線は再内を力強く割ってきました。

新馬戦の相手もその後、4頭が未勝利を勝ち上がりのハイレベルレースでした。

ただ、藤原調教師が少し弱気なコメントが多いのが気になります、藤原調教師はとても素直な調教師だと思っていまして、そんな調教師が、まずは順調に帰ってくるのが課題、あともう1ハロンあったほうがいい、など少し予防線の様なコメントが多いのが気になります。

2歳のこの時期ですから、自信満々に言える馬は少ないと思いますが、これは少し気になります。

タイセイビジョン

デビューから、1400→1200→1400mを使ってきていますね。

今回マイルに延長して、道中の折り合いは少し気になりますね。
短距離戦は11秒台から12秒台のラップを続けての、競馬になりやすいですから、短距離でも少し引っ掛かるような前向きな気性のこの馬にとって、マイル戦への距離延長は少し気がかりです。

道中の折り合いがこの馬のカギだと思いますので、当日のテンションは注意してみていきたいですね。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬を見てきました。

最終的な予想は週末に上げたいと思います。

みなさんはこのG1どう考えますか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ