楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 考察


さて、今回も京都記念に出走を予定しています、馬の中から上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

カレンブーケドール

明け4歳牝馬が人気を集めそうな今回、まずはこの馬です。

昨年は勝ち切れないものの、オークス2着、秋華賞2着、ジャパンC 2着と好走を見せています。

この馬はディープ産駒ですが、よくいるキレキレのディープ産駒というよりは、スタミナや持続力で押し切るタイプのディープだと思っています。

今回の京都2200mというのもこの馬にはいい条件だと思います。

ただ少し気になるのは休み明けが案外な所です、休み明けで挑んだ紫苑Sは3着でしたが、この時に負けた相手が、パッシングスルー、フェアリーポルカとカレン自身の実績を考えれば負ける相手ではないと思いますし、この辺は休み明けの影響なのかなと思っています。

クロノジェネシス

バゴ産駒の最高傑作の呼び声も高い、4歳牝馬の一頭です。

前走のエリザベス女王杯では初めて馬券外になってしまいましたが、それでも生涯掲示板外は外していません。

オークスから間隔をあけて挑んだ秋華賞で馬体を成長させたことで、より強さが増した印象があります。

好位からいいスピードで、長くいい脚を使える馬だと思いますので、今回の条件はとても合うと思います。

休み明けも問題ない馬ですし、エリザベス女王杯はうまくクロコスミアのペースにはまってしまいましたが、それでもあのメンバーで、上り3位の脚が使えたのは能力の証だと思います。

北村騎手も思い入れのある馬ですし、ここは勝ち負けしてきそうな気がします。

ステイフーリッシュ

この馬は毎回言っていますが、G2、G3であれば結果を出す、馬だと思っています。

前走はルメール騎手が完璧に乗って2着でした、負けた相手がブラストワンピースですから相手が悪かったと思います。

先行するか、道中強気に捲って、早め先頭の競馬が得意だと思いますので、岩田騎手がどう乗るかまだ分かりませんが、控える競馬はあまりしてほしくないですね・・

昨年の同レース2着馬ですし、レース適性はいいと思いますし、今回も好勝負かなと思います。

クラージュゲリエ

昨年のダービー以来の出走になります。

この馬は最後の切れ味が素晴らしい馬ですが、そこまで末脚の持続力は高くないと思います、気性的にもむずかしい馬ですので、どこまで気性が成長しているかは気になります。

展開的にも控えて後方からの競馬をするならば、少し厳しいかなと思います。前有利になりやすい京都記念ですからね。

今回は人気を集めそうですし、個人的には少し軽視したいかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

小頭数になりそうですので、展開利も受けそうな人気薄もいそうなので面白いレースになりそうです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


更新が遅れ申し訳ありません。

少し体調を崩してしまいまして、お休みしていました。
皆様も体調には、十分おきおつけてください。

さて今回も、シンザン記念に出走を予定しています馬の中から、上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

ルーツドール

1勝馬ながら、1番人気になりそうな馬です。

それも頷ける新馬戦でした、スタートから好位に付けると、そのままゴール前では、もう一伸びしての快勝!
タイムも1分33秒3という、その日に行われた、古馬のレースを見ても既に古馬ともやれると思いますし、本気で走っていませんから、さらに強さが際立ちました。

今回も好勝負なのではないでしょうか?

サンクテュエール

この馬も好位から競馬ができるのが強みでしょう。

アルテミスSでも2着に入っていますし、最後リアアメリアにこそ交わされましたが、力は証明済です。

2戦とも左回りの、直線が長いコースでのものですので、右回りがどうなのかなというのもありますが、今の京都は、内有利、この傾向を味方に付ければ面白いかなと思います。

タガノビューティー

前走、初芝で、G1、4着と大健闘しました。

血統を見ても、芝は行けそうですし、前走はあまりにも人気がありませんでしたね。

今回は人気しそうです、個人的な感想ですが、前走は少し展開も向いたのかなと思います。
ハイペースを差してきていますから、少し遅めの流れになったとき、脚が生かせるか、不安はあります。

個人的には、少し下げたいと思います。

オーマイダーリン

この馬も後方から競馬してきそうですね。

新馬で負けているのは気になります、今の京都は、内有利ですし、武騎手の内を突く神騎乗待ちな所もありますので、すこし厳しいのかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

みなさん、体調には気をつけてくださいね。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今週は、いよいよ今年最後の中央競馬があります。

有馬記念が終わって、なにかソワソワしますが、今回も、上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

コントレイル

1番人気はこの馬でしょう。

ここ2走の勝ち方は素晴らしいものがありますね、特に前走なんかは、レコード勝ちですから、かなり印象的な勝ち方でした。

当然ここも通過点になる可能性も高いと思いますが、2走とも展開に恵まれた勝ち方でした。
新馬では、前がそのままでしたし、前走では、差し有利な展開を味方につけたと思います。

厳しい競馬を経験していないのは少々引っ掛かります。

今回控える競馬をしてくるならば、展開次第では差し損ねそうな気もします。

先週のアーモンドアイショックを、競馬ファンは忘れていないと思いますし、どの程度の1番人気になるか、どうなるかわかりませんが、あまり人気になりすぎるなら少し逆らってみたい一頭です。

ワーケア

ここ2走で見せている瞬発力はとても素晴らしいものがありますね。

2走とも、3F勝負ですが、新馬は11.1-11.0-11.4、2戦目は、11.7-11.1-11.2という流れを差し切っていますから、かなり脚が早いと思います。

ルメール騎手ですし、もしかしたら当日は1番人気はこの馬になる可能性もあります。

中山がどうかですが、ハーツクライですし、むしろ歓迎なのかなと思います。

オーソリティ

前走中山で勝ちがあるのは好材料ですね。

新馬戦では後に重賞を勝つ、ブラックホールに勝利していますし、ノーザン系ですから休み明けも問題ないと思います。

どんな競馬できますし、心配点があまりないのが現状だと思います。

シルクレーシングですし、池添騎手も勝ちたいところだと思います。

ヴェルトライゼンテ

新馬、2戦目と悪い馬場を勝っています。

小倉も勝っていますし、小回りもこなせそうです。
中山で先行させたらうまいマーフィー騎手ですし、ここでも人気に押されそうです。

少し気になるのが、ここ2走直線に入る所で、少し曲がり切れてないような感じが気になります。
直線に入ってからは真っすぐ走れていますが、これがもし内枠になって、内に閉じ込められたときどうなるのかは気になります。

ですが、そこはマーフィー騎手、かなり分析して乗るタイプの騎手ですので、心配しなくていいと思いますが、少し気になる所です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位想定の馬の考察をしてきました。

今年最後のG1、終わりよければすべてよしといいますし、ここは仕留めたいですね。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


この世代からは、最も多い出走ですね。
思い出深い馬もたくさんいますし、この世代は個人的に好きな世代でもあります。

アエロリット

この世代のNHKマイルCの勝ち馬です。
その後の成績を見ても、マイルくらいで良績が目立ちます。

今回初の距離になりますが、血統的に見ても、少し距離が長いかなと思います。
あとこの馬、雨が降るとやる気をなくすと思いますので、当日の天気にも注意したいですね。

アルアイン

この世代の皐月賞馬です。

この馬は、好位に付けて、持ち味を出す馬だと思います。
内枠というのは好走には必須だと思います。

近走は行きっぷりが悪いのも目立ちます、天皇賞秋は、枠順が外だったので仕方ないかなと思いましたが、前走のマイルCSでも前に付けられず敗戦、ちょっとどうしたのかなと思いました。

少し年齢的な衰えが来たのか、まだわかりませんが、どちらにしろ内枠はほしい所だと思います。

キセキ

この世代の菊花賞馬です。

昨年の有馬記念では5着と、健闘しました。
この馬は前に付けて、早めに仕掛けて粘りこむ競馬が得意だと思います。

前走の凱旋門賞では負けましたが、馬場が合わなかったのだと思います。
ただフィエールマンのところでも書きましたが、凱旋門賞明けというのは引っ掛かります。

体調が万全ならばここでも面白いですが、海外帰りは割引が必要かなと思います。
鞍上も川田騎手からムーア騎手に変わり、どういう競馬になるかわかりませんし、今回は個人的には少し疑ってみたいと思います。

スティッフェリオ

この馬は小回りは得意な馬だと思います。

オールカマーでは見事な逃げ切りを決めていますし、中山2500もこなせると思います。

持ち前の器用さでどこまでやれるか、まだG1では実績こそありませんが、内枠に入って、思いきって逃げる競馬をすることがあれば、少し面白いと思います。

スワーヴリチャード

前走ジャパンCを制して勢いに乗る馬です。

この馬を語る時に必ず言っていますが、やはり左回りの方が合っていると思います。
前走なんかは馬場も展開も全てがうまくいきましたね。

今回有馬記念ですが、3歳時には僅差の4着した舞台です、引き続きマーフィー騎手なのも心強いですね。
昨年の有馬記念ではミッキーロケットに乗ってしっかり先行して掲示板に乗っていますし、今回も先行させてくるでしょう、中山で先行したときのマーフィー騎手は侮れません。

左回りの方が得意だと思いますが、右回りもこなせなくはないと思います。
前走がメイチだったような気もしますが、今回も期待したくなる一頭ですね。

リスグラシュー

今年は宝塚記念を制して、海外でも勝ちを上げるなど、今勢いに乗る馬ですね。

海外帰りはマイナス要素ですが、矢作厩舎の場合は海外帰りでも走る傾向にあります。
この馬も、海外帰りでもしっかり結果を出してきていますし、そこは心配しなくていいと思います。

今回レーン騎手ということで、前目で折り合いをつける競馬をしてくると思います。
非根幹距離のG1を2勝(宝塚、エリ女)していますし、この中山でも対応できると思います。

アーモンドアイとどちらが勝つのか、ワクワクしますね。

レイデオロ

昨年の有馬記念の覇者ですが、今年に入ってからは成績がよくありませんね。

前走のジャパンCは1番人気でしたが、11着、馬場が合わなかったのか少しらしくない競馬でした。
加速には時間がかかり、乗り切ればトップスピードは高い馬だと思いますので、昨年の様な捲る競馬ができれば、面白いと思いますが、今回は現時点で騎手は未定です。

やはりこの馬にはルメール騎手が一番合っていると思いますので、今回は昨年の様な競馬を望むのは少し難しいと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は5歳世代を見てきました。

個人的には、アルアイン、レイデオロはかなり思い入れのある馬で、今回が最後なのは寂しいです。
まずは無事に走ってきてほしいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今回は有馬記念、出走予定馬の考察4歳世代編です。

アーモンドアイ

言わずと知れた絶対女王ですね。

元々は香港に登録していましたが、熱発の影響で回避、急遽ここに登録をしてきました。

ルメール騎手も確保して万全の体制ですね。

心配なのは、初中山ですが、これまでのレースぶりからも好位からいい脚を使えますので、小回り中山でもやれると個人的には思っています。

今年は、安田記念こそ負けていますが、あれはスタートの不利がすべてだと思います。
それでも追い込んで3着と、その時同じような不利を受けたダノンプレミアムが大敗しましたが、ダノンプレミアムのその後の成績を見れば、いかにこの馬が化け物ということが分かりますね。

今回も馬券内に入る可能性はとても高いと思います。

何より、参戦してくれるのは競馬ファンとして素直にうれしいです。

エタリオウ

近走は少し恵まれない展開が続いていますね。

今年に入ってから、日経賞こそ好走していますが、天皇賞春では、道中強気に捲るも裏目にでて敗戦、宝塚記念は前を行く馬がそのまま残る展開で後方からの競馬で敗戦、京都大賞典も内先行が有利な展開で、後方大外を回して敗戦と、少し運がありませんね。

ただ前走の好位での競馬はとてもいいと思います、有馬記念へ向けて、ノリさんが少し試しているようにも見えました、結果的には負けてしまいましたが、その経験は今回活きてきそうだと思います。

中山2500は今年好走している舞台ですし、あまりにも人気がないのであれば、面白いかなと思います。

スカーレットカラー

今年に入ってからの勢いは素晴らしいですね。

この馬の武器はキレのある末脚だと思います。
特に、2走前の府中牝馬Sで見せた末脚は素晴らしかったですね。
ラスト2Fで11.2-11.8の流れを、ほぼ最後方からごぼう抜きしましたから、脚は早いなぁと思いました。

ただ有馬記念に関しては、そこまで末脚のキレは必要にならないレース展開になりやすいので、今回は少し厳しいのかなと個人的には思います。

フィエールマン

この世代の菊花賞馬ですね。

今年に入ってからは天皇賞春を勝ち勢いに乗っていましたが、凱旋門賞挑戦は敗戦に終わりました。

この凱旋門賞挑戦が個人的には引っ掛かります、過去の挑戦馬も国内に帰ってきてから成績が悪くなっている馬が目立ちますし、やはり海外遠征はそれだけ疲労が蓄積しやすいんだと思います。

実績的には、高いものがありますが、今回は少し軽視したいかなと個人的には思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は4歳世代を見てきました。

なんといってもアーモンドアイの参戦はビックサプライズですね。

年の瀬のグランプリにふさわしい、素晴らしいメンバー構成です。

みなさんはこの豪華レースどう考えますか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

※フィエールマンが消えていたので、追加しました、申し訳ございません。

↑このページのトップヘ