楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 考察


今回は日経賞の上位人気想定の馬の考察をしていきます。

ミッキースワロー

前走こそ、マイネルフロストの不利に巻き込まれて4着に敗れてしまいましたが、中山では本当に安定しています。

どんな展開でも、必ずいい脚で追い込んでくる馬ですが、勝ち切れるかは展開次第という感じでしょうか。

距離が延びるのは個人的には心配していません。
今回も掲示板外に飛ぶというのはあまり考えられないと思います。

エタリオウ

昨年の2着馬ですが、近走の調子を見ていると少しどうなのかなと思います。

京都大賞典あたりから、陣営が馬の走る気持ちが失せてきたという趣旨のコメントを出していますし、実際ノリさんからもたくさんの提案があり、試行錯誤しているようですが、いまいち結果に結びついていませんね。

それでいて人気になりそうならば、今回は軽視したいかなと思います。

モズベッロ

前走で重賞初制覇、内容的にも強い内容でしたね。

生涯4勝のうち、3勝を京都で上げていますが、中山がダメかというとそんなこともないのかなと思います。

2走前のグレイトフルS(中山)では4着になっていますが、追い出しに苦労してのものでした、追い出してからはしっかり伸びていますし、個人的には問題ないと思います。

あまり後方からだと厳しいとおもいますが、前走くらいの位置取りならばいい勝負ができると思います。

スティツフェリオ

器用なタイプの馬ですので、小回りコースというのは、この馬に向いていると思います。

ただ、距離的には、この馬は2000mがいいかなと思っていますので、2500というのはどうなのかなと思います。

田辺騎手に変わるのはいいと思いますが、前の残りの展開になってくれないと、厳しいかなと思います。

サトノクロニクル

前走は長期休養明けで5着、しかもこの5着は、故障を発生したマイネルフロストの影響を受けたもので、それでいて5着ならば負けて強しだと思います。

元々重賞でも好勝負していた馬ですので、まだ力は衰えていないと思います。

2戦目になりますし、今回こそ本来のこの馬の走りが見れると思いますので、個人的には期待しています。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

日経賞の上位人気馬の考察でした。
みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


ドバイワールドカップも開催が中止されて、世界的にも混乱が広まっていますね・・

はやく普段の日常に戻ってほしいと願うばかりです。

そんな中今週は、芝のG1開幕戦、高松宮記念が行われます。

今回も予想1桁人気の馬の考察をしていきたいと思います。

タワーオブロンドン

一番人気はこの馬だと思います。

それも納得の成績を昨年は上げていますね、夏にスプリント路線に入ってきてからは、本当に安定していますし、そのままの勢いでスプリンターズステークスも制覇して、短距離王者になりました。

前走は休み明けでしたし、3着ならば格好はついたと思います。
関係者の話でも休み明けは元気すぎるところがあるようで、一度叩いてガス抜きできたのはいいのではないでしょうか。

中京での実績はないのが不安ですが、左回りもマイル以下はこなしていますし、大丈夫かなと。

ただ騎手がテン乗り、福永騎手に変わりますね、そこだけが不安です。
福永騎手自身は中京得意ですし、素晴らしい騎手なのですが、馬のクセがつかめていないとは言うのは少し気になる材料です。

終いの脚は確実ですので、どこで仕掛けるか、このタイミングが大切になってくると思います。

グランアレグリア

前走は距離を縮めての阪神Cでしたが、直線ではさらに突き放す強い内容でしたね。

今回休み明けですが、この馬に関してはそこまで気にしなくていいと思います。

末脚の持続力も高いですし、反応もいいので1200というのもこなしてくれると思います。

内からロスなく進めて、直線半ばで早め先頭から押し切る競馬ができればここでも通用すると思います。
内枠はほしい所ですね。

ダノンスマッシュ

短距離路線を引っ張る1頭ですね。

この馬の最大の敵は残すは左回りだと思います。
昨年もいい感じでレースを進めましたが、直線最後の最後で競り負け4着でした。

昨年の敗因は外枠だったことかなと思っていまして、外々を回されたのが最後の少しに影響したと思います。

この馬が最も力を発揮するのは、内々をロスなく回って競馬した時だと思いますので、内枠は欲しい所かなと思います。

あとはテン乗り三浦騎手が判断をどうするか、仕掛けが遅すぎても早すぎでも厳しいと思っていますので、そこが今回のカギかなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬の考察をしてきました。

メンバーを見てもかなり混戦ですね。
みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は長距離重賞の阪神大賞典が行われます。

長距離は長い間ドキドキが楽しめますので、個人的には好きです。

では今回も、上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

キセキ

昨年は凱旋門賞にも挑戦しました、結果は残念でしたが、その後国内では有馬記念5着と、健闘しましたし、今回も有力だと思います。

近走は控える競馬が続いていますが、今回は先行するのではないのかなと思います。

スミヨン騎手では差す競馬をしていましたが、スミヨン騎手は自分の型にはめて競馬をしてくるタイプだと思いますし、前走は出負けしてしまい、差す競馬を余儀なくされました。

川田騎手に戻りますし、今回は先手で行くのかなと思います。

休み明けでも力を発揮してくると思いますし、有力だと思います。

ユーキャンスマイル

G1でも掲示板を確保していますし、今回のメンバーでもヒケは取らないと思います。

ただ気になるのが実績が左回りに集中している事です。
長くいい脚を使えるタイプだとおもいますので、個人的にはベストは新潟、東京なのかなと思います。

万葉Sでも差し損ねていますし、差してはくるけど頭まではどうかなというのが個人的な考えです。

ボスジラ

距離を伸ばして、3連勝と勢いに乗っていますね。

スタミナはあると思いますので今回の距離はいいと思います。
長く走ってしっかり脚を使える馬ですが、スピードの質は高めではないので、先行して競馬すればここでもいいかなと思います。

武騎手というのも心強いですね。
長距離は騎手を買えという格言もあるくらいですからね。

メイショウテンゲン

この馬はスタミナ型ディープかなというのが印象です。

前走も大波乱の決着も2着と近走は安定して差してきますね。

ただ今回はどこまでさせるのかは不安です、この馬後方から進めるタイプだとおもいますが、過去のこのレースを見ても、直線に入る手前でいい位置に押し上げないと厳しいと思いますので、直線一気でどこまで詰められるかの勝負だと思います。

松山騎手の差し馬というのもどうなのかなと思いますので、今回は軽視したいかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

頭数は少ないので少し寂しいですが、長距離は見ごたえがあるレースが多くて楽しいです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今週は3日間開催、金曜日にもあるのは不思議な感じがしますね、予想はいつも通り、土曜日か金曜の夜に上げたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は5重賞が行われますね。

ブログでは、2重賞を取り上げていきたいと思います。

それでは今回も、上位人気想定の馬の考察をしてきたいと思います。

コントラチェック

クラシック本番では、オークス9着、秋華賞15着と結果は出ませんでしたが、この馬の強さが一番活きるのは中山ではないかなと思います。

好位に付けて、器用な競馬ができる馬ですので、その持ち味が最も活きるのは中山かなと思います。

実際前走は久しぶりに中山で走って、重賞勝ちとしっかり巻き返してきました。

距離もこのくらいがちょうどいいと思いますし、今回もルメール騎手騎乗、内枠には入れればここでも力は上位だと思います。

エスポワール

秋華賞では期待していましたが、9着と結果がともないませんでしたね。

これは外枠だったことや、展開的にも前にいないと厳しかったレースですので、さすがに位置取りが悪かったかなと思います、ここはノーカンでいいかなと思います。

この馬も好位から持久力で押し切る競馬が得意だと思っていますので、乗り慣れているデムーロ騎手なのもいいと思います。

この馬も内枠が欲しいですね。

ウラヌスチャーム

昨年の2着馬で、今回も期待がかかる馬だと思いますが、近走の競馬の内容が少し気になります。

元々この馬は後方から競馬を進める馬でしたが、かならずそこからいい脚で伸びてきて、掲示板ないし馬券内という結果が出ていましたが。

京都大賞典あたりからの末脚がクイーンS前より鈍ってきたように思います。

前走も得意のはずの中山で案外の競馬、牝馬は一度崩れると立て直しが難しい所がありますので、そういう難しさが出てきたのかなと思います。

でもそこは天才ノリさんですから、馬の気持ちを汲んで、立て直すのではないかなと思いますが、今回は軽視したいかなと思います。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今週も恐らく無観客競馬だと思いますが、重賞は熱い5本立てです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週行われる、金鯱賞ですが競馬ファンの注目は、サートゥルナーリアではないでしょうか?

昨年はクラシックを大いににぎわわせた馬ですし、有馬記念では2着して、さぁ明けの4歳どうだ、という期待がかかりますね。

今回も上位人気想定の馬(ネット競馬での1桁人気の馬)の考察をしていきたいと思います。

サートゥルナーリア

そのサートゥルナーリアです、昨年の3歳戦はこの馬を中心に回っていたといっても過言ではありませんね。

この馬生涯戦績で2度、馬券外に飛んだレースがあります、それが日本ダービーと天皇賞秋です。
これはなぜなのか、自分なりに考えてみました。

まず共通するのが、G1、東京ということです。
この馬はG1になると、声援のせいか、雰囲気のせいか、少し入れ込んでしまう所が見受けられます。

負けた2戦とも、最後の残り100mくらいで失速していますので、これが入れ込みのせいなのか、それともこの馬自身の末脚の持続力が直線が長いと甘くなってしまうのか、それは今回はっきりすると思います。

抜け出す一瞬の脚は本当に高いものがありますので、無観客競馬でメンバーレベルもそこまで高くないここで3、4着になるようならば、やはり左回りが苦手なのかなと思います。

ロードマイウェイ

昨年の後半あたりからものすごい勢いで連勝して、前走は初重賞制覇と勢いはありますね。

左回りでも右回りでも結果がでていますので、今回の舞台もこなしてくると思います。
ここまでも5連勝はすべて54k、今回56kを背負うのは少し気になりますが、成長力でカバーしてくれると思っています。

前走こそ、スタートがいまいちで中団くらいからの競馬になりましたが、好位から競馬できる馬だと思いますので、過去の傾向からも、好位で競馬できるのは強みだと思います。

ラストドラフト

2走前には中日新聞杯で2着していますし、この舞台は合うと思います。

前走のアメリカジョッキークラブカップでは、直線に入る手前、マイネルフロストが故障で下がってきて、それを交わしたミッキースワローに巻き込まれるような形で不利を受けてしまいましたが、そこからの伸び脚は本当に素晴らしかったと思います。

不安点は、この馬自身、中団から競馬を進める馬です、過去の金鯱賞を見ても、好位からの馬が有利だと思いますので、後方から進めて直線差し切れずという展開になると厳しいと思います。

実際、オクトーバーSでは、脚は使えているものの、差し届いていませんからね。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気想定の馬を見てきました。
サートゥルナーリア!楽しみでたまりませんね。

どんな競馬を見せてくれるのでしょうか。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ