楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 考察


今回は、日本ダービーに出走を予定しております、中位人気馬の考察をしていきたいと思います。

ワーケア

皐月賞をパスして、日本ダービーに向かってきます、これはルメール騎手の進言や状態面で皐月賞をパスした方がいいと陣営が考えてのものなので、この一戦に賭ける想いが伝わってくるようです。

実際東京競馬場では、2戦2勝、特に2戦目のアイビーSではラスト11.7-11.1-11.2の流れを差し切っていますので、切れ味は一級品だと思います。

そして、日本競馬を知り尽くしたルメール騎手というのも心強いですね。

ガロアクリーク

スプリングSを勝ってから、そのままの勢いから前走も皐月賞で3着と力はあるところは見せてきました。

ただ、勝った2連勝が共に短期で来日していたヒューイットソン騎手でのものでした、ここのコンビ解消は少し気になりますね。

脚質的にも後方から差してくる競馬ですし、今の東京の馬場、そして過去の日本ダービーを見ても、直線では好位に取りついていないと、少し厳しい印象がありますので、今回はどうなのかなと個人的には思います。

ダーリントンホール

前走の皐月賞は出遅れて外を回す苦しい競馬でした。

それでも詰めてきて6着というのは、力を示したと思います。

今回と同じ競馬場の共同通信杯を勝っていますし、きちんとスタートを出て、好位に取りついて競馬を進めれば、巻き返してきても不思議ではないと思います。

デムーロ騎手もG1には特に燃える騎手ですし、人気の割には不気味な存在だと思います。

ヴェルトライゼンテ

この馬も2歳時から好走を続けてきた馬です。

前走は初の馬券外に敗れてしまいましたが、馬場が少し緩かったのと、外枠が響いたのかなと思います。

好位から競馬ができますので、面白い存在だと思いますが、外枠からよりは内をすくって最短コースを回ってきた方がいいと思いますので、馬券に入れるか入れないかは、個人的には枠を見てからにしようかなと思っています。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

今回は中位人気の馬を考察してきました。

いよいよ今週は、競馬の祭典日本ダービー、今から楽しみで仕方ないです。

みなさんはどう考えましたか?

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週はいよいよ日本ダービーが行われます。
競馬界の祭典ですし、競馬ファンとしてもワクワクしますね。
では今回も上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

コントレイル

皐月賞では、外目を回して完勝、ここでも堂々主役ですね。

能力の高さは言わずもがなです。
全てのレースで強い競馬を見せてくれていますね。

東京競馬場でも、東スポ杯を5馬身差圧勝していますし、全然問題ないと思います。

不安点を挙げるとするならば、前走の内容、福永騎手としては好位から競馬を進めたかったようですが、結果的には後方気味から、外を回しての競馬になりました。

ダービーではある程度好位に付けないと厳しいと思いますので、今回も後方からとなると少し不安ですが、先週のデアリングタクト同様、どんな展開でも能力でねじ伏せてしまう可能性もかなり高いと思いますので、今回も主役の一頭ではないでしょうか。

サリオス

コントレイルが同期にいる、これがこの馬にとっては一番の不安点ですね。

この馬もこの世代では抜けた力を現段階では持っていると思います。

実際皐月賞でも3着のガロアクリークは離していますし、最大のライバルはコントレイルではないでしょうか。

好位から安定した競馬ができる馬ですし、ダービーの舞台も合うと思います。

コントレイルとのマッチレースをもう一度見てみたいです。

サトノフラッグ

今回の予想オッズを見ても2強といった感じですね。

2強以外で人気になりそうなのはこの馬でしょうか。

この馬もディープ記念では強い競馬でした、走り方を見ても東京競馬場の方が向きそうですし、前走の皐月賞では直線でコントレイルに挟まれるようなところがあり、そこから減速したように見えました。
それでも最後までジリジリ伸びていますし、そこまで悲観する内容ではなかったと思います。

2強にどこまで迫れるかですが、東京に変わるのはプラスだと思います、

ただ皐月で付けられた着差を見る限りでは、2強に勝つには、展開の助けも必要かなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

今回は上位三頭を見てきました、みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週はオークス、3歳牝馬の頂上決戦ということで、今回は上位人気想定の馬の考察に加えて、予想中位人気馬も見ていきたいと思います。

ミヤマザクラ
 
前走の桜花賞は5着に敗れていますが、レース後の福永騎手のコメントからも雨で大苦戦したようで、そんな中でもしっかり伸びて5着ならば、能力は高いなぁと思いました。

東京に変わるのもいいでしょうし、好位から競馬を進めるタイプだと思いますし、今の東京の前有利の馬場もこの馬にとってはいいと思います。

内枠は欲しいですね。

サンクテュエール

この馬も東京に変わるのはいいと思います。

ミヤマザクラと同様、前走は馬場のせいもあるのかなと思います。
先行脚質ですし、ルメール騎手というのもプラスだと思います。

巻き返しがあってもいいのかなと思います。

ウインマリリン

前走フローラSを勝ち、先行脚質で、今の馬場にはマッチしそうですが、上りが早くなったとき対応できるのかは少し未知数な所があります。

今まででだした最高の上りが前走の35.3と早い上りが求められたとき、対応できるのかは気になります。

中山の様な条件の方が個人的には合っているのかなと思います。

リアアメリア

2歳のころは主役の一角でしたが、近走は少し勢いがなくなってしまったのかなと思います。

気性も少し気になる所がありますし、オークスは距離も長くなります、折り合いに不安があるのは少し気になります。

今回は軽視したいかなと思っています。

スマイルカナ

展開を握りそうなのはこの馬ですかね。

やっぱりこの馬はハナに行ってなんぼだと思います。
実際ハナに立ったレースは、3走走って、2勝していますし、前走も逃げて桜花賞3着はすごいと思います。

距離が伸びてもいいでしょうし、ある程度の流れで引っ張ってくれれば、最後まで粘り強い競馬をすると思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
良かったら応援おねがいします


中位人気の馬を見てきました、楽しみなレースになりそうです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週はいよいよオークスですね、なんかダービーが近づいてきた感じがします。

今年はどうなるのか、では今回も上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

デアリングタクト

前走は桜花賞を快勝して、今回は堂々の主役ですね。

倒した相手もレシステンシアですし、そのレシステンシアがあの状態でNHKマイルでも好走するのですから、この馬の株もさらに上がりましたね。

前走は本当に強い競馬でした。
ここでも能力は上位だと思います。

少し不安点を挙げるとするならば、ここ最近の東京競馬場は前がかなり有利な傾向があることです。

恐らくリズムを重視する乗り方をしそうですので、位置取りは後方になると思います、いい脚では差してくると思いますが、あまりにも前有利になると差し届かない可能性もありそうです。

ただ、能力は本当に高いと思いますので、あっさりクリアしても不思議ではないと思います。

デゼル

この馬も連勝の勢いそのままにレーン騎手ということで、人気になりそうです。

この馬も後方からレースを進めてきましたが、末脚の破壊力はすごいものがあります。

一戦級と戦うのは初めてですが、それでも人気になるのも納得な近走の競馬ですよね。

ただ、この馬もデアリングタクトと一緒で後方脚質、展開次第では差し届かない可能性もあります。

ですがそこはレーン騎手、後方から行くと見せかけて前で折り合いをつけて、あっさり勝ってしまうことも想定されます、そういうことができる騎手ですからね。

クラヴァシュドール

この馬は他の上位人気馬達とは違い王道の路線を戦ってきていますね。

前走は4着に負けてしまいましたが、直線で狭い所を突いて馬がひるんでしまったようで、それでも最後までジリジリ伸びてきていますから、力負けではないかなと思います。

東京コースの方が活きる脚質だと思いますので、東京コース変わりもいいと個人的には感じます。

デムーロ騎手もこの馬のクセを掴んでいますし、勝ち切るかはどうかですが、今回も上位争いしてきそうです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回も上位人気想定の馬の考察をしていきました。

なかなか頭を悩ますメンバー構成ですね・・

もっと考えていきたいと思います。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今回は土曜日に行われます、京王杯SCの上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

短距離界のエース級の激突になりますし、日曜のアーモンドアイを前にこちらも盛り上がること間違いないなしです。

では考察していきます。

タワーオブロンドン

前走はなんとも言えない負け方をしてしましましたが、今回も一番人気になると思います。

昨年このレースを制していますので、コース適性は問題ないと思います。

前走の大敗についてですが、これは個人的には、騎手との相性かなと思います。
福永騎手がダメということではなく、この馬は少しクセがある馬だと思っていまして、そういう意味ではテン乗りでG1というのは、少し厳しかったかなと思います。

今回は乗り慣れているルメール騎手に戻りますし、巻き返してくるのではないのかなと思っています。

ダノンスマッシュ

この馬最大の敵はあとは左回りですね。

この馬は海外を除いて馬券外に敗れたレースは、6つありまして、そのうちの4つが左回りコースでのものになります。

左回りでの成績が悪いことは気になりますね。
この馬は右回り、平坦コースが最も能力を発揮できると思っていますので、今回レーン騎手になるのは魅力ですが、それでも今回は軽視しようかなと思っています。

ステルヴィオ

若い頃の勢いはなくなってしまっているなぁというのが正直な感想です。

いろいろ苦労がある馬で、それでも頑張っているので応援している馬なのですが、個人的にはもう少し距離が長い方がいいのでは?と思っています。

今回も人気しそうですし、馬券に関しては軽視する予定ですが、応援はしていますので頑張ってほしい所です。

グルーヴィット

今回はベストの条件だと思います。

この馬は左回りの方がいいと思います、いい末脚は持っているのですが、加速に時間が掛かるタイプだと思いますので、直線は長い方がいいと思います。

前走も、前目有利な展開において、後方からすごい末脚で追い込んできていました、グランアレグリアの末脚がすごすぎてかすんでしまいそうですが、この馬もかなりいい脚で追い込んできていました。

岩田騎手が乗れないのは残念ですが、今好調のデムーロ騎手になるのはいいと思います。

このレース過去を見ても、差しも結構決まる印象ですし、注目している一頭です。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よろしければ応援お願いします。


最終的な予想は週末に書きたいと思います。

なかなかメンバーがそろったのではと思います。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ