楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 考察


みなさんこんにちは!

今週末はいよいよ、G1スプリンターズステークス!

今回は前回の、上位人気の考察に続いて、中位人気くらいの馬もみていきます。

前回の記事はコチラ



ダイアトニック

高松宮記念3着馬です。

ただ、高松宮記念では、最後の直線でクリノガウディーに進路を切られ、勝負所で減速していまう痛い不利を受けてしまいました。

あの時、もし不利がなかったらもっときわどい競馬をしていたと思います。

G1でも好勝負できるのは能力があるからですね。

前走のキーンランドカップでは大敗していますが、レースに騎乗した武騎手はレース後に、全然進んでいかなかった・・といっていました。

これは馬場の影響だったと思います。

この馬の好走パターンは内をロスなく進んだ時だと思っていまして、キーンランドカップでは外を回したというのもよくなかったと思います。

敗因は明確ですし、巻き返しに期待です。

内枠は欲しいところですがね。

レッドアンシェル

長期休養を挟んで、あまり調子がよくない時期が続きましたが、近走を見る限りでは復活してきていますね。

ブリンカーを装着してから集中力を増して競馬できていると、関係者が口をそろえていっていますので、復調気配なのは間違いないと思います。

ただ気になるのは、ずっとコンビを組んできた福永騎手が今回はミスターメロディを選んでいることです。

この馬を一番知っているのは福永騎手だと思いますし、なんで今回乗らないのかは少し引っ掛かるところです。

ただ、乗り替わりになるのはデムーロ騎手。

デムーロ騎手からしたら、今回きりという可能性も十分にあるので思い切り乗ってくると思います。

馬場読みも上手いですし、もしかしたらいいスパイスになるかもしれません。

ミスターメロディ

この馬も19年の高松宮記念を制しているんですよね。

休み明けが良くない傾向にあった馬ですが、前走は休み明けながら3着になりました。

これをどうとるのかが非常に悩ましいです。

というのも、前走はマイナス10kでの出走だったんですよねぇ

前走の陣営コメントを見ても、ここを目標に乗り込んできたといっていますし、もしかしたら仕上げすぎたのでは?と思ってしまいます・・・

昨年4着ですので、舞台適性はあると思うんですが。

ただ、馬が成長して休み明けでも能力だけで3着に来たというパターンも考えられます。

となれば今回は恐ろしい存在なのですが。

取捨が悩ましい一頭です。

今回は中位人気3頭を見てきました。

最終的な予想は週末にあげますね。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。


今週からいよいよG1開幕!

普通の競馬ももちろん熱いんですが、やっぱりG1はさらに熱いですね。

G1開幕戦は短距離の王者決定戦、スプリンターズステークス!

メンバーを見渡しても、今の短距離界を引っ張っている馬があつまり、まさにオールスターという感じですね!

今回も、ネット競馬さんの1桁人気を見ていきます。

グランアレグリア

1番人気はこの馬かなぁと思います。

前走の安田記念では、現役最強馬のアーモンドアイに勝利していますからね。

春の高松宮でも2着に好走していますし、短距離でもしっかり走っていますね。

ただ、今回はルメールに乗り替わりになるんですが、ルメール騎手の最近の調子が悪いのは気になります。

やはりG1ともなれば、一瞬の判断が勝敗を分けることになると思います。

しかもこの馬は、割と後方から中団でレースを進める馬ですので仕掛け所はより重要になりますね。

運の要素も必要なG1で、あまり流れの良くない騎手が乗るのは少し気になります。

ただ、G1ですから、ルメール騎手も気合が入ると思いますし、馬自体の能力はとても高いので、あっさり好走しても驚きません。

モズスーパーフレア

春の短距離王者のモズスーパーフレアです。

この馬の得意なパターンは早めのペースで逃げて、後続の脚を削り切って勝ち切ることだと思います。

そういう意味では、スタートから下りになっている、この中山1200mはこの馬にとってはいいと思います。

実際昨年も2着に好走していますからね。

今年は春の王者として挑む秋ですから、松若騎手も気合いが入るでしょうし、前走しっかり叩いて、去年の悔しい思いを晴らしてきそうですね。

高松宮記念も勝ってはいますが、長い審議の末の勝利で本人的にもすっきりしないでしょうし、そういう想いも込みで面白いのかなと思います。

ダノンスマッシュ

なかなかG1タイトルが遠い馬ですが、近年の短距離界を引っ張ってきている一頭ですね。

この馬はとにかくスピードの持久力が高い馬だと思っていまして、ゴールまでしぶとく伸びる馬だなぁという印象があります。

坂も苦にはしないので、今回の舞台もいいハズですし、モズスーパーフレアがゴールまで減速するラップになる展開を作ってくれれば、終いは伸びてくると思います。

昨年の様な展開になればいいですね。

ただ、前哨戦のダノンといわれるように、ダノン~と付く馬は前哨戦の成績はいいんですが、本番のG1になると勝ち切れないというジンクスが続いています。

あくまで流れなんですが、G1にはこういう目に見えない力も働くと思っていますので、そこだけは気になります。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は上位人気を見てきました。

このほかにもさすがG1というメンバーで目移りしそうです。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。


皆様こんにちは!

今回は今週に行われます、オールカマーに出走を予定しております馬の中から、1桁人気を見ていきたいと思います。

フィエールマン

現長距離王者の参戦です。

天皇賞(春)の19年20年連覇をはじめ、有馬記念4着など、実績面ではメンバーイチでしょうね。

中山コースも問題ないので死角なしのように見えますが。

この馬の最大目標はこの秋はジャパンカップだと陣営が明言しています。

この馬、前哨戦の成績が少し落ちるところがあると思っています。

凱旋門賞の前哨戦、札幌記念は3着、19年天皇賞(春)の前哨戦、AJCCは2着と馬券内には来ますが、勝ち切れないレースが続いていますね。

とはいえ、安定した力がある馬、馬券外というのは、なかなか想像できないというのが正直なところです。

カレンブーケドール

今年の活躍が見られる4歳世代の牝馬から、カレンブーケドールが登場です。

近走を見ても、京都記念、ジャパンカップで2着に入っていますし、能力は当然高いと思います。

ただ、古馬とやったこの2レースは共に重馬場だったんですよねぇ。

良馬場のオークスでも結果を出していますし、問題ないとおもうんですが、まだ実績がないのは、少し引っ掛かるところです。

あと前走は、この馬にしては後ろからの競馬でした、今の中山を見ていると好位から行った方が有利だと思いますし、津村騎手がどう乗るのかはすごくきになるところです。

ミッキースワロー

中山の鬼だと思っています。

昨年のこのレースの2着馬ですし、まくり気味に差してくる馬ですので、中山のコース形態はこの馬に向いているなぁという印象があります。

AJCCでは4着に負けていますが、あれはマイネルフロストがレース中にアクシデントがあり、下がってきた不利を受けていると思いますし、気にしなくていいかなと。

少し前までは、G1だとなかなか成績を上げられませんでしたが、天皇賞で好走したことで一皮むけた印象。

ここでも期待せずにはいられません。


人気ブログランキング

よかったら応援お願いします。


頭数は少ないですが、なかなか濃いメンバー構成。

みなさんはどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


秋競馬の3歳戦が続きますね、秋の大舞台に向けて飛躍してほしいところです。

では、今回は日曜日に行われます、ローズSに出走を予定している馬の中から、ネット競馬さんの1桁人気の馬を見ていきたいと思います。

デゼル

オークスでは2番人気を背負いながら、11着に惨敗してしまいました。

この敗因が様々な憶測を呼ぶところで、その中でも関東への短期間での輸送にあるというのが最もそれらしいかなぁと思います。

あの時期の3歳牝馬には厳しいローテーションだったと思います。

ですが、それにしても負けすぎかなぁと思ってしまいました。

スイートピーSでは後方から抜き去る、強い競馬でしたが、メンバーレベルを見たときにクラシックで主役級の活躍をした馬に混ざるとどうなのかなと思いました。

あまり人気しすぎるなら、馬券的には軽視したいかなと思います。

クラヴァシュドール

阪神JF3着、桜花賞4着とクラシックでも上位争いしてきた馬です。

オークスでは15着に大敗していますが、これは桜花賞の疲れも残っていたのかなと思います。

桜花賞は重馬場でしたし、そこで頑張りすぎた分のダメージが残ってしまったのかなと思いました。

今回は休み明けですし、馬場のいいところを通ってくれるデムーロ騎手なので、今回は巻き返して来そうな気がしています。

リアアメリア

この馬もクラシックの主役の一頭でしたね。

人気を背負って望んだ阪神JFでは、前が止まらない展開に泣き、6着。

桜花賞では馬場に泣き、10着に負けてしまいました。

前走のオークスでは4着に来ていますし、スムーズに行ければ、この世代では高い能力を持っていると思いますし、中京の直線もこの馬にはいいと思います。

フアナ

フローラSで3着になった実績はあるものの、今回のメンバーに入るとどうなのかなというのが正直なところ。

前走では1勝クラスで勝っているものの、競った相手がなかなか1勝クラスを抜け出せない馬でしたし、もう少し着差をつけてほしかったなぁと思います。

馬券的には軽視したいかなぁと思います。

リリーピュアハート

前走のオークスでは9着に破れてしまいました。

ですが、これはスタートでつまずいたのがすべてだと思います。

つまずいたことによって後方からの競馬になってしまいましたし、直線でもなかなか抜けてこれませんでした。

それでも大負けはしていませんから、能力的には通用すると思います。

好調の福永騎手ですし、今回は巻き返して来そうかなと思います。


人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

クラシックを賑わわせた馬たちがぞくぞくと出てきて、秋競馬が始まったんだなぁというのが、実感してきます。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


今週は重賞が3本立て!

ブログでは京成杯AHとセントウルSを取り上げていきます。

今回は、京成杯AHの上位人気の考察を書いていきたいと思います。

スマイルカナ

古馬と混じって苦戦が目立つ3歳世代から、春はクラシックを好走してきた、スマイルカナの登場です。

この馬はディープ産駒なんですが、クラシックで活躍するような、直線切れ味で勝負するというよりは、ジリジリと、しぶとく伸びて勝負するタイプだと思います。

3歳世代が古馬に挑戦して敗れているレースが続いていますが、この馬は前走の米子Sで古馬に勝っているんですよね。

米子Sは斤量50kということで、恵まれた感もありますが、勝っているのは自信につながると思います。

脅威なのはトロワゼトワルの存在。

この馬は逃げなくても競馬はできますが、番手に控えるとどうしても折り合いが悪くなる印象があります。

前走もスタート後は番手で競馬していましたが、道中でハナに立ちました、まくったというよりはもっていかれた印象があります。

成績を見ても逃げたときの方が好成績です。

そういう意味では、昨年、驚く様なペースで逃げ切って勝ったトロワゼトワルの存在は、脅威そのものだと思います。

トロワゼトワルよりは内枠に入りたいですね。

ルフトシュトローム

こちらは3歳の牡馬です。

前走のNHKマイルカップでは、進路とりに戸惑いながらも、5着まで追い上げたのは力があるなぁと思いました。

ただ、古馬と混じってどうなのかは少し疑問です。

3歳同士なら上位入着も可能だと思うんですがね。

古馬に勝った実績もなしですが、マイルを中心に使うのならば、越えなければいけない壁ですので、頑張ってほしいところです。

トロワゼトワル

昨年の覇者です。

スマイルカナのところでも触れましたが、昨年は驚く様なペースからの逃げ粘りでした。

これは横山騎手の手腕が光ったところですね。

今年も横山騎手で向かってきますが、今年は同型スマイルカナもいる中、昨年の様なレースをするのは難しいかもしれません。

あまりにもスマイルカナが主張してくるならば、ノリさんが譲るというのも十分に考えられます。

馬のペースを一番に考えるジョッキーですからね。

そうなると厳しいものがあるのかなと。

前走激走したことで、マークもきつくなると思いますし、ノリさんがどう乗るか読むのは不可能ですので。

せめてスマイルカナより内は欲しいところかなと思います。

アンドラステ

重賞初挑戦になったエプソムCでは、内の先行馬が残る中、外から伸びて4着。

前走の関屋記念では、しぶとく内から伸びて3着と、いつ重賞を勝ってもおかしくないと思います。

そして今回はルメール騎手に乗り替わり、これには勝負気配を感じますね。

中山未経験が引っ掛かりますが、右回りもこなせると思います。

なかなか最近重賞でいいところがないルメール騎手ですが、中山変わりで流れを変えてきそうです。

シゲルピングダイヤ

昨年クラシックを賑わわせた一頭です。

接戦を演じた、クロノジェネシスやビーチサンバが頑張っていますし、この馬もまだまだ負けていられないところです。

この馬は最後まで頑張る馬ですので、和田騎手の様な最後までガシガシ追う騎手が合うと思っています。

前走のG1ヴィクトリアマイルでは6着、アーモンドアイは仕方ないとして、以下2着のサウンドキアラとは0.3秒差。

まだ衰えが来たと判断するには早いと思います。

ただ、休み明けがあまり良くないのは気になるところ。

人気予想オッズより下がってくれるのならば、相手の一頭として考えたいかなと思っています。


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。

ゴール前で大接戦になることも多い、ハンデ戦。

かなり見ごたえのあるレースになると思いますよ。

みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

↑このページのトップヘ