楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数を使って考えて予想していきます。 競馬は楽しむもの、この考えの元に記事を作成していきたいと思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 競馬の基本


競馬のレースの中で重要な要素で何を思い浮かべますか?

展開、調教、逃げ馬、等々あると思います。

その中でも競馬で最も注目を浴びる直線、そこで重要になる上がり3ハロンについて、今回は書いていきたいと思います。

上り3ハロン(上り3F)とは?


1ハロンは200m、競馬は基本的には、この200m単位でタイムを計っていきます。

その中でも最も激しい争いになる所が、ゴール前からの600m(3ハロン)になります。

これを上り3ハロンと呼びます。

脚質の種類

この上り3ハロンの内容によって、いろいろな呼ばれ方がありますので、そちらについても、自分がつかんでいる内容を紹介します。

・ 切れる脚

他の馬より、早いラストスパートを出せる馬です。

自分がやっている見分けかたとしては、レース全体の上りが34秒台前半で、その馬自身は33秒台で差し切っている様な馬はキレるタイプに分類しています。

ただ、東京競馬場でよく見られますが、そのレースでほとんどの馬が33秒台であがれるような結果になっているときには、それだけを見て、この馬はキレる!と思わない方がいいと思います。

・ 持久力が高い脚

他の馬より、粘り強くゴールまで伸びきれる馬です。

見分け方としては、レース全体の上りが35秒台、または、馬場が良くない中で、ゴールまで勢いが落ちていない馬は、スタミナがある馬、持久力が高い馬に分類しています。

予想に活かす方法

各馬の上り3ハロンタイプを分析したら、当日の馬場傾向や、競馬場の傾向をみます。

すると、今週は早い馬場になっているから、切れるタイプを。
この競馬場はスタミナの方が必要だから、人気だけど切れるタイプの馬はやめよう。

などの判断材料になると思います。

まとめ

今回は競馬における上がり3ハロンについて書きました。

書いてきましたが、この3ハロンに至るまで、様々なドラマがあって、そのたびに結果が変わるのが競馬の面白いところ。

傾向は読めても、実際にそうなるかは、誰にもわかりません、だからこその予想なのです。
展開、メンバー構成、馬場傾向、騎手心理、ローテーション等々、これを完璧に読み切るのはかなり困難だと思います。

だからこそ競馬は面白い!

今回書いたことが、何かのお役にたてれば光栄です!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。


競馬中継などを見ていると、「クラシック戦線開幕!」といわれることがありますよね?

始めたて方にはこのクラシック競争が、そもそもなんでこんなに強調されるのかわからないと思います。

なので、今回はクラシック競争はなにか?
なぜこんなに競馬ファンが熱くなるのか、競馬ファン目線で解説していきます。

クラシック競争とは

日本におけるクラシック競争は以下の通りです。

・皐月賞(中山2000)

・日本ダービー(東京2400)

・菊花賞(京都3000)

牝馬(メスの馬限定)

・桜花賞(阪神1600)

・オークス(東京2400)

この5競走が日本ではクラシックレースと呼ばれています。

牝馬限定の3歳戦では他に、秋華賞があります、これはクラシック競争にはカウントされていませんが、桜花賞、オークス、秋華賞を制した馬は、牝馬3冠と呼ばれます。

牝馬でありながら、皐月賞やダービーに挑戦する馬もいますが、基本的には、3歳時にはおとこ馬は皐月賞、ダービー、菊花賞、おんな馬は桜花賞、オークス、秋華賞にチャレンジしていきます。


おとこ馬の3冠は最近ではオルフェーヴル(2011)までさかのぼります、今年コントレイルという馬が現時点2020年6月では三冠に王手をかけています。どうなるか楽しみですね。

現時点で3冠馬と呼ばれる馬はたったの7頭!

これを聞いても、3冠がいかに厳しい壁かわかりますね。

クラシック戦線とは

クラシックレースに出るまでの予選会という考え方でいいと思います。

毎年約7000頭の競争馬が産まれ、そのなかでもクラシックレースに出られるのは、最も格式の高いダービーで最大18頭ですので、そこまでの競争をクラシック戦線と言います。

競争馬のデビューは最速でダービー翌週の2歳時点からできます。

そこから切磋琢磨して、残った馬たちがクラシックレースへの参戦権を得ることになります。

なぜクラシックレースは熱いのか

人生一度きりの競争というのが熱くなる最大の要因だと思います。

毎週競馬を見ている私の様な人間は、当然クラシック戦線を最初からみているわけです。

そうすると、「この馬つえーー」と思う馬が出てきます。
それも一頭ではなく、様々な路線から強い馬がたくさん出てきます。

別路線から出てきた馬が初対戦する舞台が、このクラシックレースだったりするわけで、この馬とこの馬が戦ったらどうなるんだろう・・

そんなワクワク感があるのも、このクラシックレースの魅力だったりします。

関係者もかなり力が入るレースですので、当然すべての馬が最高の状態で出てきます。

その最高の状態で火花を散らすレース、これは競馬ファンとしては、ワクワクするほかないのです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

今回は3歳クラシック戦線について触れてきました。

是非ですね、このクラシックレースをダービーの翌週から追いかけてみていってほしいと思います。

最初のうちはピンとこなくても、追いかけているうちに熱いなにかがこみ上げてくると思いますよ。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


さて今回は競馬におけるトリガミへの思いを書いていきたいと思います。
トリガミとは?トリガミは悪いことなのか? という疑問に対して、少しでも自分の考えが役にたてればなと思います。

結論

トリガミは恐れるものではない。


トリガミって?

まずトリガミとは何かについて説明していきたいと思います。

トリガミとは。
馬券の購入額に対して払い戻し金が少ないことを言います。

例)

買い
馬連で10点購入

買い目例
1-2.3.4.5.6.7.8.9.10.11 各100円(1000円)

払い戻し
的中も、馬連の払い戻し800円

この場合、購入1000円に対して、払戻は800円
つまり200円損していますよね?

これをトリガミといいます。

トリガミは避けるべきなのか?

このトリガミ、人によって様々な意見があると思います。

わざわざ、損をする払戻の馬券を買う必要がないという声も聞こえてきそうですが、私個人の考えとしては、トリガミは避けるべきものではないと思います。

人によって様々な楽しみ方があると思いますが、私の楽しみ方ではこのトリガミは非常に大切になっています。

私がトリガミを恐れない理由

私がトリガミを恐れないのは、一言でいうと長く競馬を楽しめるからです。

というのも私も一時期は、トリガミになる組み合わせは避けて買っていました、ですがそれだと、0か100かになる結果になることが多くなってしまいました。

結果お金はすぐに無くなり、取り返そうとして、また高めの配当を狙う・・この負のループにおちていってしまいました。

予想と結果を見渡しても、トリガミを恐れなければ、配当にありつけたレースも多かったです。

それに気づいてからはトリガミの配当も恐れず買うことにしました。金額は調整しますが。

トリガミを買うようになってよかったこと

これは精神的に余裕が産まれたことですかね。

トリガミを恐れるあまり、配当はゼロになり、予想は当たっていてもなんか外れた気持ちになっていました。

トリガミ馬券であっても、そこでゼロにはならず、次に繋げられる、これはメンタルにはいいと思います。
当てることで自分の中で、流れがよくなる気がします。

またそのレースではトリガミだったとしても、その配当金は次のレースでの大きな配当に繋がることもあります。

精神的に自信が付くことで、思い切った買い目を選ぶこともできると思いますので、そこもトリガミ馬券のいい所だと個人的には思います。

まとめ

どうでしたでしょうか?

悪いことのように扱われるトリガミ馬券ですが、私のように少額で、チマチマ楽しんでいるものにとっては素晴らしい配当の一つでもあります。

何より長く競馬を楽しむ上では必要になるのではないかと思うほどです。

もちろん、そんなの嫌だ、勝つ馬券だけ買いたい、儲ける馬券だけ買いたい、という方には無理に進めることはしません。
あくまでこんな楽しみ方をしているのか、と何かの参考になればいいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回はタイトルの通り、重賞では強い馬が勝つとは限らないということについて、私が思うことを書いていきたいと思います。

重賞では強い馬が勝つとは限らないとは?

長年競馬をやっているとちょくちょくこんなことを感じることがあります。

このメンバーでは負けようがない馬なのに、なんで負けたんだよ・・と

なぜこう思ってしまうのか、それはその馬が強いという印象が強くインプットされているからです。
G1を勝っていたり、近走強い内容が続いている馬が出てくると多くの方が無意識にそう思ってしまいます。

結論から言いますと適性の違いで着順が入れ替わってしまうので、力通り決まらないのが競馬なので強いと思われている馬が負けるのは普通なのですが、適性がよくわからなかった時にはそれも何を言っているのかわかりませんでした。

その条件で最も力を発揮しそうな馬を狙う

みなさんも体育などで陸上をやった時、短距離が得意だったり長距離が得意だったりしますよね?

競争馬にも同じことが言えます。
重賞に出てくるような馬は、そこにたどり着くまで、未勝利、1勝、2勝、3勝、とそこのクラスを勝ちあがってきていますので、ある程度の力はある馬ばかりです。

後は何が勝負を決めるか?
展開などもありますが、多くは適性の差で決まってくると思います。

例えば、東京のG1で好勝負を演じてきた馬と福島が凄く適性のある馬、この2頭が福島記念などで対決した場合、福島に適性がある馬が勝ってしまったりするのが競馬の面白い所でもあります。

なぜそのようなことが起こるのか?それは東京と福島では競馬場の形態が違うからです。
東京は直線が長く、直線勝負の様なレースが多いですが、福島競馬場では直線が短くコーナーからの加速が必要なので、東京の様な直線で豪快な末脚を発揮する馬が、福島で直線に入ってからゴボウ抜きしようとしても届かないことが出てくるからです。

その馬はどんな条件で好走するのか?
そんなパターンを完璧に見抜けるようになれば、重賞で勝ちまくれるようになると思います。
それはなぜか?オッズに惑わされなくなるからです。

他人とは違う着眼点を見つけるのが競馬で勝つ近道だと思いますので、重賞では特に適性を考えるというのが大切な考えだと思います。

エラそうなこと言っていますが、私自信もまだ自信たっぷりに適性が分かるのかと言われれば、それはまだ言えません。
ではなぜこういう記事を書いたのかというと、1人でも多くの人にこういう考えもありますというのを伝え、より競馬を楽しんでほしいと思うからです。

まとめ

競馬に詳しいかたならば、なにを今更当たり前のことをと言われてしまいそうですが。

私はこれを知った時かなり衝撃的だったので今回記事にしました。
これを読んで今週末の重賞から適性をより見ようと思ってくださる方がいましたら、嬉しい限りです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回は初めて馬券を購入してみようかなと思っている方へ

馬券の買い方と予想についての記事を書いていきます

予想に使うサイト

予想に使うサイトですが、ネット上には有料、無料含めていろんなサイトがあると思います

そんな中でおススメなのが、JRAの公式サイトです。

公式サイトなので安心ですし、予想に必要な情報が最低限揃っています。

過去の成績はモチロンのこと、レース動画なども見ることができます。

なにがいいのかわからない・・という方はまず初めはこのJRAサイトで予想することをおススメします。

JRA公式サイトはコチラ

馬券を購入する

予想が終わったらいよいよ馬券の購入です。

馬券の買い方は大きく分けて二つ
・現地で買う
・ネット、電話で買う

現地で買う

競馬場やウィンズやエクセルなどの場外馬券場で買う方法があります。

ライブ感を味わいたい方におススメです。

何とも言えない雰囲気は現地でしか味わえないと思います。

どこにあるかわからないという方も多いと思います。

コチラに関しても公式サイトに記載があります。

競馬場、場外一覧はコチラ

ネット・電話購入

競馬場やウインズが近くにないよという方にはネットや電話で購入する方法があります。

こちらはどこからでも馬券が買えますので時間や場所を選ばす馬券を買えます。

ネット購入や電話投票についても公式サイトに説明があります。

ネット・電話購入についてはコチラ

馬券はいくらから買えるの?

馬券の最低購入金額は100円です。

これ意外と知らない人も多いです、競馬を全く知らない人にこのことを言うとビックリされることも多いです。

最初におススメの馬券

初めて馬券を購入される方におすすめしたい馬券の種類は単勝、複勝です。

単勝・・・1着になる馬を当てる馬券
複勝・・・3着までに入る馬を当てる馬券

おススメの理由はシンプルだからです。

この馬券は単勝も複勝もその馬だけを見ればいいのでレースも楽しみやすいです。


いかがでしたでしょうか?
今回は馬券の購入や予想について書いていきました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ