楽しむ競馬 

主に競馬予想をあげていきます 独自指数の軸馬レーダーを使って考えて予想していきます。 競馬は程よく楽しめば一生の趣味にできると思います。 趣味として楽しくブログしていきます、よろしくおねがいします。

カテゴリ: 競馬の基本


今回はタイトルの通り、重賞では強い馬が勝つとは限らないということについて、私が思うことを書いていきたいと思います。

重賞では強い馬が勝つとは限らないとは?

長年競馬をやっているとちょくちょくこんなことを感じることがあります。

このメンバーでは負けようがない馬なのに、なんで負けたんだよ・・と

なぜこう思ってしまうのか、それはその馬が強いという印象が強くインプットされているからです。
G1を勝っていたり、近走強い内容が続いている馬が出てくると多くの方が無意識にそう思ってしまいます。

結論から言いますと適性の違いで着順が入れ替わってしまうので、力通り決まらないのが競馬なので強いと思われている馬が負けるのは普通なのですが、適性がよくわからなかった時にはそれも何を言っているのかわかりませんでした。

その条件で最も力を発揮しそうな馬を狙う

みなさんも体育などで陸上をやった時、短距離が得意だったり長距離が得意だったりしますよね?

競争馬にも同じことが言えます。
重賞に出てくるような馬は、そこにたどり着くまで、未勝利、1勝、2勝、3勝、とそこのクラスを勝ちあがってきていますので、ある程度の力はある馬ばかりです。

後は何が勝負を決めるか?
展開などもありますが、多くは適性の差で決まってくると思います。

例えば、東京のG1で好勝負を演じてきた馬と福島が凄く適性のある馬、この2頭が福島記念などで対決した場合、福島に適性がある馬が勝ってしまったりするのが競馬の面白い所でもあります。

なぜそのようなことが起こるのか?それは東京と福島では競馬場の形態が違うからです。
東京は直線が長く、直線勝負の様なレースが多いですが、福島競馬場では直線が短くコーナーからの加速が必要なので、東京の様な直線で豪快な末脚を発揮する馬が、福島で直線に入ってからゴボウ抜きしようとしても届かないことが出てくるからです。

その馬はどんな条件で好走するのか?
そんなパターンを完璧に見抜けるようになれば、重賞で勝ちまくれるようになると思います。
それはなぜか?オッズに惑わされなくなるからです。

他人とは違う着眼点を見つけるのが競馬で勝つ近道だと思いますので、重賞では特に適性を考えるというのが大切な考えだと思います。

エラそうなこと言っていますが、私自信もまだ自信たっぷりに適性が分かるのかと言われれば、それはまだ言えません。
ではなぜこういう記事を書いたのかというと、1人でも多くの人にこういう考えもありますというのを伝え、より競馬を楽しんでほしいと思うからです。

まとめ

競馬に詳しいかたならば、なにを今更当たり前のことをと言われてしまいそうですが。

私はこれを知った時かなり衝撃的だったので今回記事にしました。
これを読んで今週末の重賞から適性をより見ようと思ってくださる方がいましたら、嬉しい限りです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回は初めて馬券を購入してみようかなと思っている方へ

馬券の買い方と予想についての記事を書いていきます

予想に使うサイト

予想に使うサイトですが、ネット上には有料、無料含めていろんなサイトがあると思います

そんな中でおススメなのが、JRAの公式サイトです。

公式サイトなので安心ですし、予想に必要な情報が最低限揃っています。

過去の成績はモチロンのこと、レース動画なども見ることができます。

なにがいいのかわからない・・という方はまず初めはこのJRAサイトで予想することをおススメします。

JRA公式サイトはコチラ

馬券を購入する

予想が終わったらいよいよ馬券の購入です。

馬券の買い方は大きく分けて二つ
・現地で買う
・ネット、電話で買う

現地で買う

競馬場やウィンズやエクセルなどの場外馬券場で買う方法があります。

ライブ感を味わいたい方におススメです。

何とも言えない雰囲気は現地でしか味わえないと思います。

どこにあるかわからないという方も多いと思います。

コチラに関しても公式サイトに記載があります。

競馬場、場外一覧はコチラ

ネット・電話購入

競馬場やウインズが近くにないよという方にはネットや電話で購入する方法があります。

こちらはどこからでも馬券が買えますので時間や場所を選ばす馬券を買えます。

ネット購入や電話投票についても公式サイトに説明があります。

ネット・電話購入についてはコチラ

馬券はいくらから買えるの?

馬券の最低購入金額は100円です。

これ意外と知らない人も多いです、競馬を全く知らない人にこのことを言うとビックリされることも多いです。

最初におススメの馬券

初めて馬券を購入される方におすすめしたい馬券の種類は単勝、複勝です。

単勝・・・1着になる馬を当てる馬券
複勝・・・3着までに入る馬を当てる馬券

おススメの理由はシンプルだからです。

この馬券は単勝も複勝もその馬だけを見ればいいのでレースも楽しみやすいです。


いかがでしたでしょうか?
今回は馬券の購入や予想について書いていきました。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


さて日本ダービーが近づいてきました。
いまでこそワクワクしますが、競馬を始めたばかりの時には、G1と言われてもいまいちピンときませんでした。

そこで今回は、JRAで行われます、全G1の詳細を自分なりにわかりやすく書いてみます。

2歳頂上決戦

朝日杯FS(阪神1600)
阪神JF(阪神1600牝馬限定)
ホープフルS(中山2000)


競争馬は2歳からデビューできます。
デビューした馬達2歳限定のG1がこの3レース。
キャリアが浅い馬から、夏の重賞を戦ってきた馬が激突します。

3歳馬達の一度きりのレース

3歳馬達の限定戦はクラシックと呼ばれます。
このクラシックは3歳時しか走れないので、その馬にとってそのレースを取るチャンスは一度きりです。

牡馬(牝馬も参加可能)クラシック
皐月賞(中山2000m)
日本ダービー(東京2400m)
菊花賞(京都3000m)


牝馬クラシック
桜花賞(阪神1600m)
オークス(東京2400m)
秋華賞(京都2000m)

全て勝った馬は三冠馬と呼ばれます。距離も違うのでなかなか三冠馬はでません。

そのほかにはNHKマイルカップ(東京1600m)もありますが、このレースを勝っても三冠には入りません。

砂のレース(ダート)の最強決定戦

ここからは古馬(4歳以上)のG1になります。
基本的には春G1と秋G1で2つに分かれています。

春(冬?)フェブラリーS(東京ダート1600m)
秋 チャンピオンズカップ(中京ダート1800m)


砂のレースの最強を決めるレースです。
中央にはダートレースが少ないので地方でも盛んに重賞が行われています。
ダートレースが好きな方は地方競馬もおすすめです。

中距離最強決定戦

春 大阪杯(阪神2000m)
秋 天皇賞(秋)(東京2000m)


2000mくらいの中距離のスペシャリストが結集するレースです。

古馬の牝馬限定戦

春 ヴィクトリアマイル(東京1600m)
秋 エリザベス女王杯(京都2200m)


牝馬限定のG1です。
個人的には秋のエリザベス女王杯が好きです。古馬と3歳戦を終えたばかりの牝馬が対決するのはワクワクします。

短距離王決定戦

春 高松宮記念(中京1200m)
秋 スプリンターズS(中山1200m)


短距離(1200)俗にいうスプリンターの最強を決めるレースです。
すぐ終わってしまうのでまばたき厳禁です。

マイラー最強決定戦

春 安田記念(東京1600m)
秋 マイルCS(京都1600m)


1600mを得意とする馬が集まるレースです。
なかなか骨っぽいメンツが集まりやすく、個人的には好きです。

スタミナ自慢達のマラソンレース

天皇賞(春) (京都3200m)

ステイヤーと呼ばれる、長距離に自信がある馬が集まります。
距離が長いので見応えがあります。

障害コースの最強決定戦

春 中山GJ(中山4250m)
秋 中山大障害(中山4100m)


障害レースと呼ばれる、障害物を飛び越えて競うレースの日本最強を決めるレース。
最近ですとオジュウチョウサンが有名ですね。
結構面白いレースが多いのでもっとフォーカスされるべきレースだと思います。

ファン投票で決まるお祭りレース

春 宝塚記念(阪神2200m)
秋 有馬記念(中山2500m)


有馬記念は有名ですよね。
このレースはファン投票によって選ばれた順に出走できます。

暮れの有馬記念には1年闘ってきた馬の総決算レースなので盛り上がるしかありませんよね。

日本で一番の古馬決定戦

ジャパンC(東京2400m)

国際G1で海外馬の出走も目立ちます。
ここで勝った馬が実質古馬で一番手の評価を受けます。


いかがでしたでしょうか?
大きく分けて春と秋シリーズ、たくさんG1が行われますのでぜひみなさんも競馬を楽しんでくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


今回からは競馬の基本を書いていきたいと思います。
初回は、競馬の馬券の種類とちょっとしたコツを書いていきたいと思います。

単勝

単勝とは、1着に来る馬を当てる馬券です。
実にシンプルな馬券ですが、シンプルがゆえに奥が深いです。
勝つ馬を見てるだけでいいので、レースも見やすいです。

勝ちそうな馬を複数選んで、散らして買うこともできます。
自分的なおすすめは、2点買いです。
勝ちそうな馬を2頭選び、その2頭にうまく資金を散らして買います。

複勝

複勝は3着内に来る馬を当てる馬券です。
3着までに入ればいいので、当てやすいです。
ですが当てやすいが故、配当は低いです。

私が複勝を買うときは、穴馬を買うときですね。
複勝には2.1-3.8などの上限があり、人気の馬が馬券にならなかった時、複勝の上限が跳ねます。
穴馬の場合上限も広いので、穴馬のみ買いたいときによく使います。

ワイド

ワイドは馬券内に来る2頭を当てる馬券です。
例えば
ワイド3-8を買ったとします。
例1着3番 2着13番 3着8番
例1着13番 2着3番 3着8番
ワイド3-8の場合この例が的中になります。
つまりは着順関係なしに馬券内に入ってくる馬を2頭当てる馬券です。

この馬券の良いところは、人気馬を嫌うことができることです。
圧倒的に人気になっている馬がいるとして、その馬に自分なりの不安がありあまり買いたくないな、と思った時に使えます。
もし仮にその人気馬に勝たれようが2着3着に入れば当たりです。
的中のチャンスが広がる馬券です。結構おすすめの馬券です。

馬連

馬連は1着と2着に来る馬を当てる馬券です。
ワイドと違い1着と2着を当てる必要があります。

例えば馬連3-8を買ったとするなら、1着3番2着8番 仮に8番が1着2着3番でも当たりです。

馬連は難しいですが、当てれば配当は結構つきます。
私のおすすめは、軸を決めて流すことです。
勝てそうな馬から2着までに来そうな馬に流して買っています。
ボックス買いなども方法としてありますが、それだとレースが見づらくなるので軸馬を決めることをお勧めします。

馬単

馬単は馬連と違い、1着、2着を順番通りに当てる馬券です。
馬連より難しいがゆえ、配当はつきます。

あまり使わない馬券ですが、買うときは絶対的な人気馬を2着固定にして買います。
この方法ですと、配当面も期待できますし、人気馬に勝てそうな馬を選ぶので、点数も絞りやすいです。

枠連

枠連は馬連の枠番です。

レースでは、2枠2番などの番号とは別に枠番があります。
この枠番の2着までに来る枠を当てる馬券です。

この馬券の良い所は、7枠13番、14番、15番 8枠16番、17番、18番とあったとき、枠連7-8を買えば1点で済むということです。

狙っていた馬が同じ枠番に入ったとき、よく使います。

3連複

3連複は1着から3着までに入る馬を当てる馬券です。
順番は問いません。

難しい馬券ですので、配当は期待できます。
その分当てるのは難しいです。

これも軸を決めて流す方法をよく使います。
1頭から相手を5頭選んで流しても1000円で買えます。

お金がない私はあまり使う馬券ではありませんが・・

3連単

3連単は1着2着3着を順番通りに当てる馬券です。

最高の難易度を誇ると思います。
その分配当面では期待できます、上手く荒れればウン百万ウン千万にも化ける夢のある馬券です。

やはり3連単にもなるとある程度資金力がないと厳しいと、個人的には思うので、ほとんど買わない馬券です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
中央競馬の馬券の種類でした。
自分に合いそうな馬券を極めるのも、夢を追って3連単を買っても どちらも同じ1点100円。

みなさんのスタイルに合った馬券を選び競馬を楽しんでみてくださいね。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

↑このページのトップヘ