さて今回は今週に行われます、天皇賞秋の考察をしていきたいと思います。

いゃあー素晴らしいメンバーですね。
予定馬を見渡しただけでも、ワクワクするメンバーになっていますね。

さて、個人的に気になったポイントをまとめます。

① 年齢は4歳か5歳

② クラシック皐月賞好走組に注目

① 年齢は4歳か5歳

過去10年のデータですが、4歳から5歳馬が計9勝と圧倒的な成績を収めています。

東京競馬場ということで、スピードを求められやすくなるので、高齢馬の経験よりは、若い馬の勢いが勝っているということを示しているデータですね。

ただ、今回もほとんどが4歳か5歳馬、もっとなにかないかな?とレース傾向を見ているときに、気が付いたことがあります。
それが次のポイントです。

② 皐月賞好走組に注目

過去の好走馬になにか共通点はないか?
そんなことを考えながら探していたときに気付いたので、少し面白いかなと思ったので、紹介したいと思います。

それは、皐月賞好走馬の4、5歳馬の成績が良いことです。

参考までに
皐月賞(掲示板以内の馬で天皇賞秋に出た馬)

14年 皐月賞         天皇賞秋
1着 イスラボニータ→ 14年 3着 15年 3着

5着 ステファノス→ 15年 2着 16年 2着

15年 皐月賞

2着 リアルスティール → 16年 2着 17年 4着

3着 キタサンブラック → 17年 1着

16年 皐月賞

2着 マカヒキ → 17年 5着

17年 皐月賞

1着 アルアイン → 18年 4着

5着 レイデオロ → 18年 1着

過去5年でも、こんなに好走馬が出ています。(掲示板も含む)

これは皐月賞はスピードと機動力を求められるレースですので、そんな性質がここでも発揮しやすい舞台だからかなと思います。

ちなみに今年この条件を満たすのは、

アルアイン 17年 1着

サートゥルナーリア 19年 1着

スワーヴリチャード 17年 6着(0.4差)

になります。

こんな見方もあるのかと、少しでも楽しんでいただけたら嬉しいです。

人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

有力馬解説もしていきたいと思いますので、ぜひこちらも読んでいただければ幸いです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。