今週から舞台を東京、京都に移し、いよいよダービーに向けて盛り上がっていく季節になりました。

今週は、G1は中休みですが、安田記念の前哨戦、マイラーズCがありますね。
今回も上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

インディチャンプ

昨年は安田記念、マイルCSを制して、マイルでは今最も熱い一頭です。

能力は高いのは既にご承知だと思います。

不安要素としては、前哨戦の成績が良くないことです。

昨年の春は、マイラーズカップ4着→安田記念1着 秋 毎日王冠3着→マイルCS1着 と前哨戦ではそこそこ走って本番で一番のデキで臨んでくるのが、この馬のパターンなのかなと思います。

とはいえ今回のメンバーを見渡しても、馬券外はあんまり考えにくいですが、勝ち切るかと言われればそれもどうなのかなと、馬券に入れるかは、悩む一頭です。

フィアーノロマーノ

この馬は成績を見ても、坂有りコースの様なタフな条件の方が力を発揮するタイプだと思います。

今回の条件は厳しいかなと個人的には思います。

阪神、中山では強気に買いたいですね。

ヴァンドギャルド

決め手は今回のメンバーの中ではトップクラスのものだと思います。

前走の東京新聞杯では6着に負けていますが、出遅れて、直線もスムーズではなかったのに、追い上げてきて6着ですから、重賞でもやれるというのは前走で証明したのかなと思います。

重賞実績こそ乏しいですが、それで人気も手ごろになるのであれば、面白いですね。

ヴァルディゼール

京都マイルは3戦3勝、舞台適性はかなり高いと思います。

少しエンジンのかかりが遅い所がありますから、内で溜めて末を活かす競馬をしたいところだとおもいます。
個人的には内枠を引いてほしいですね。

アーリントンCは直線で狭くなって負けていますし、2走前のカシオペアSでは13着でしたが、終始外を回してのガス欠でしたし、この2戦に目を瞑れば安定した成績です。

1,600で引き続き、一番得意な舞台での巻き返しに期待しています。

レッドヴェイロン

前走は本命でしたが、案外伸びずに負けてしまいました。

一説では体調が悪かったとの話もありました。(本当かはわかりませんが)

この馬はとにかく残り1ハロンの伸びが素晴らしい馬です。
前走その末脚が見られなかったのは体調が悪かったのかなと思います。

一族の血統からも東京マイルが得意だと思われていますが、京都のマイルも走れないわけではないと思います。

マイラーズカップは位置を取りに行った馬の方がいいと思いますので、浜中騎手がどう乗るのかも含めて楽しみです。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最終的な予想は週末に書きたいと思います。

みなさんも体調にお気を付けください。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。