今週からはまたG1が始まります。

舞台は京都3200ということでかなり特殊な条件ですね。
見ごたえのある長距離重賞、今回も上位人気想定の馬の考察をしていきたいと思います。

フィエールマン

 
昨年の覇者です。

最初にも書きましたが、距離がかなり特殊、特殊であるがゆえに昨年勝っているというのは大きなアドバンテージですね。

後は能力に衰えがないかという点だと思いますが、個人的には問題ないかなと思います。

昨年は凱旋門賞に挑戦し、結果は12着と大敗でしたが、かえってダメージが少なかったのかなと思います、凱旋門賞に行くと急に調子を崩す馬がいますが、この馬は復帰戦の有馬記念でも4着と、あわやの馬券内でした。

休み明けでもキチンと結果を出している馬ですし、昨年も経験済み、鞍上はルメール騎手と、今回も上位争いしそうですね。

ユーキャンスマイル

昨年は3番人気5着と、スタミナについては問題ないと思います。

後は展開次第かなと思います、必ずいい脚で追い込んできますが、前が有利になると、前を捉えきれない可能性もあります。

前走の様な競馬をしたいところでしたので、乗り慣れた岩田騎手が乗れないというのは少し気になりますね。

キセキ

この馬はフィエールマンとは違って凱旋門賞に挑戦したことで、調子を崩してしまったのかなと思います。

凱旋門賞に挑戦する前までは、いいスタートから、好位から粘りこむ競馬で結果を出してきましたが、凱旋門賞挑戦後の2戦は出遅れからの競馬が続き、キセキの好調時の競馬ができずにいます。

若い頃の悪い所がまた出てきているかなと思います。

ただ、前走の阪神大賞典は大出遅れからの道中強気に捲って、そこまで離されていないというのは、能力の高さを改めて確認できたかなと思います。

今回は平成の盾男武豊騎手に乗り替わりです、スタートが上手い騎手ですので、スタートが肝心だと思います。
キチンとスタートを出れば、巻き返してきてもいいかなと思います。


人気ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

非常に楽しみなレースです。

最終的な予想は週末に書きたいと思います。
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。