楽しむ競馬

予想、回顧をメインにブログをがんばっています! その他にも、競馬にかかわる情報なども更新していきます。 趣味として楽しく運営しつつも、皆さんの競馬ライフに何かのお役に立てる情報も提供できたらないいなと・・ よろしくお願いします。


競馬のレースの中で重要な要素で何を思い浮かべますか?

展開、調教、逃げ馬、等々あると思います。

その中でも競馬で最も注目を浴びる直線、そこで重要になる上がり3ハロンについて、今回は書いていきたいと思います。

上り3ハロン(上り3F)とは?


1ハロンは200m、競馬は基本的には、この200m単位でタイムを計っていきます。

その中でも最も激しい争いになる所が、ゴール前からの600m(3ハロン)になります。

これを上り3ハロンと呼びます。

脚質の種類

この上り3ハロンの内容によって、いろいろな呼ばれ方がありますので、そちらについても、自分がつかんでいる内容を紹介します。

・ 切れる脚

他の馬より、早いラストスパートを出せる馬です。

自分がやっている見分けかたとしては、レース全体の上りが34秒台前半で、その馬自身は33秒台で差し切っている様な馬はキレるタイプに分類しています。

ただ、東京競馬場でよく見られますが、そのレースでほとんどの馬が33秒台であがれるような結果になっているときには、それだけを見て、この馬はキレる!と思わない方がいいと思います。

・ 持久力が高い脚

他の馬より、粘り強くゴールまで伸びきれる馬です。

見分け方としては、レース全体の上りが35秒台、または、馬場が良くない中で、ゴールまで勢いが落ちていない馬は、スタミナがある馬、持久力が高い馬に分類しています。

予想に活かす方法

各馬の上り3ハロンタイプを分析したら、当日の馬場傾向や、競馬場の傾向をみます。

すると、今週は早い馬場になっているから、切れるタイプを。
この競馬場はスタミナの方が必要だから、人気だけど切れるタイプの馬はやめよう。

などの判断材料になると思います。

まとめ

今回は競馬における上がり3ハロンについて書きました。

書いてきましたが、この3ハロンに至るまで、様々なドラマがあって、そのたびに結果が変わるのが競馬の面白いところ。

傾向は読めても、実際にそうなるかは、誰にもわかりません、だからこその予想なのです。
展開、メンバー構成、馬場傾向、騎手心理、ローテーション等々、これを完璧に読み切るのはかなり困難だと思います。

だからこそ競馬は面白い!

今回書いたことが、何かのお役にたてれば光栄です!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
よかったら応援お願いします。
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット