みなさんは、競馬のレース予想をするときに大切にしていることはなんですか?

競馬には様々はファクターがありますから、いろんな見方があると思います。

そんな中、私が重要視しているのは、近走のレース内容です!

というわけで今回は、過去のレース映像の見る方法をメインに、ちょっとしたコツもお教えできればなと思います。

この記事の流れ~

① 過去のレース映像を見る方法、有料、無料編

② 時間がない時のレース映像を見るコツ

① 過去のレース映像を見る方法、有料、無料編

競馬のレース映像を見る方法はたくさんありますが、いろいろ使ってみて、有料、無料の両方でおススメできるものをひとつあげていきます。

・ 無料

JRAホームページ(https://www.jra.go.jp/

無料でおススメなのは断然JRAのホームページです。

過去は少し画質が悪い時期もあったんですが、現在では普通にキレイに見れます。

有料サイトほど情報量が多いわけではないんですが、基本的なデータは見ることができます。

主に重賞だけやられる方であれば、これで十分なのかなと思います。

・ 有料 

net keiba スーパープレミアムコース(https://www.netkeiba.com/


有料でおススメなのは、有名な競馬SNSのnetkeibaの有料会員です。

基本的にはJRAさんの公式でも十分なんですが。

有料とだけあって、各馬の検索もできますし、週初めの段階から想定出馬表がでますので、過去を振り返るには便利です。

その他さまざまなコラムなど、競馬好きとして嬉しいモノもありますので、加入しています。

そして、レースの上りなどの細かいデータも割とまとまっていますので、個人的には重宝していますよ。

ですが、レース映像だけ見たいんだよなぁと思われる方にはJRAの公式をおススメします。

② 時間がないときのレース映像を見るときのコツ

レース映像で予想をするときの最大の敵は時間ではないでしょうか。

じっくり見たいが、なかなかそんな時間が取れないという方も多いのではないのかなと思います。

そんな時には、直線手前からみることをおススメします。

出遅れなどは、割と書かれていることがおおいんですが、直線でどんな進路をとったかは、書かれていません。

見たいポイントとコツも紹介します。

・ 直線どこを通ったか
 
直線は勝負所ですので、内を通るか外を通るかは、大切になってきます。

外を回しているということは、それだけで距離を多く走ってしまいますし、同じ騎手なら今回も同じ様な競馬をしてくると予想できます。

・ 不利はなかったか

前の馬が壁になって、追い出せない馬は能力を発揮できていないことが多くあります。

出馬表には乗っていないことがほとんどですので、直接確認したいところですね。

・ その馬の伸び脚はどうか


出馬表には着順しか載っていませんので、どのくらいの着差になったか、実際に見ることも大切かなと思います。

その中で、その馬の伸び脚はどうだったのか、際どい所まで来ていたのか、それとも全く勝負にならなかったのかは、実際見るのが一番だと思います。

大混戦のレースなどは着順は10着でも、ほぼひと塊でのゴールで際どい10着ということもありますからね。

最後に

今回は、レース映像の確認方法と、ちょっとした見方も書いていきました。

レース映像に関しては、なるべく全てを見るのをおススメします。

今回の見方はあくまで、その馬の近走をざっくり把握する場合ですので、道中の折り合いや、直線前の位置取りなどは確認できません。

競馬の予想の楽しみがつまっているレース映像、ぜひ皆さんも予想する際の参考にしていただけたら、嬉しいです。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。


人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。