みなさん、こんばんは!

今回は、先ほど行われましたマイルCSの回顧をしていきたいと思います。

レース結果

1着 グランアレグリア

2着 インディチャンプ

3着 アドマイヤマーズ

レース回顧

レースを引っ張ったのは大方の予想通り、レシステンシアでしたね。

ただ、ここで予想外だったのがスローで逃げたことでした。

レシステンシアのこれまでのレースを見ても、スローで逃げていい味が出るタイプではないと思っていましたので、これには驚きました。

そのままレースは直線へ。

中団より前に付けた馬の上がりが33秒台でしたので、後方からレースを進めた馬には厳しい展開だったなぁと思います。

1着 グランアレグリア

好スタートから前目で競馬を進めてきましたね。

短距離戦より追走も楽そうでしたし、早めのペースになっても押し切れるというルメール騎手の自信もうかがえました。

直線ではインディチャンプに前を塞がれ、一瞬ヒヤッとしましたが、ラスト200m付近で抜け出すと、そこからの末脚はまさに異次元でしたね!

今の現役の中でも能力は間違いなくトップクラスですし、来年がますます楽しみになりました。

2着 インディチャンプ

休み明けが不安でしたが、蓋を開けてみれば、いつもの強いインディチャンプでしたね。

今回は一頭化け物がいただけで、この馬も十分勝利に値する競馬だったと思います。

ひとつ思ったのが、この馬は休み明けが悪いというよりは、馬自身がG1だけ走ればいいというのをわかっているのかなぁ~なんて思いました。

3着 アドマイヤマーズ

さすが海外G1勝ち馬だなぁという競馬でした。

前走は休み明けでしたし、叩き2走目に仕上げてくる友道厩舎らしい上昇度でした。

前で粘る競馬はダイワメジャー産駒が最も得意とする形ですし、アドマイヤマーズのストロングポイントをしっかり活かす川田騎手も素晴らしい騎乗だったと思います。

まだレース数も少ない馬ですし、5歳になる来年も大崩れせずに走ってくれそうですね。

馬券の反省とまとめ

馬券は的中!

少しだけプラスになりました。

ただレースを見直した時に、今回後ろ目から競馬を進めて最後伸びてきた、ペルシアンナイト、ヴァンドギャルド、サリオスあたりはレース展開が不利でしたので、次走出てくるときには注目したいです。

特にヴァンドギャルドとペルシアンナイトは次走メンバーレベルが下がったところにでてくれば、十分に勝負になると思いますよ。 そこまで人気もしなそうですし。

みなさんはどうでしたか?

いよいよ来週はジャパンカップ!

世紀の一戦になりますね、今からワクワクが止まりません!

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。