楽しむ競馬

予想、回顧をメインにブログをがんばっています! その他にも、競馬にかかわる情報なども更新していきます。 趣味として楽しく運営しつつも、皆さんの競馬ライフに何かのお役に立てる情報も提供できたらないいなと・・ よろしくお願いします。


みなさんこんばんわ!

今回は本日行われました、阪神JFの回顧をしていきたいと思います。

レース結果

1着 ソダシ

2着 サトノレイナス

3着 ユーバーレーベン


レース回顧

スタートからハナを奪ったのはヨカヨカでしたね。

ファンタジーSでは控えて負けていましたので、好走が多かった逃げにチャレンジしてきましたね。

2歳戦ですから、そこまでペースは上がらず、前半3F 34.9-後半3F 34.4のミドルペースでした。

ラスト2Fでペースが上がる傾向がありましたが、今回に関しては最後の3Fは11.2-11.4-11.8のゴールまで減速する流れになりましたね。

それでも最後の3Fは11秒台、スピードの絶対値に加えて、持久力も大切になったのかなと思います。

1着 ソダシ

綺麗な白毛馬ですので、アイドル的人気が先行していた感がありましたが、能力も高いというのを証明してきましたね。

好位追走から、直線では瞬発力で抜け出し先頭へ、内からサトノレイナスに一瞬捉えられましたが、そこからもう一度伸びる勝負根性にも素晴らしいモノを感じました。

こういう競馬ができる馬は、瞬発決着でもスタミナ決着でも大負けしないと思います。

全ての能力が平均的に高いなぁといいのが現時点での印象です!

2着 サトノレイナス

道中はソダシをマークしてレース運びも完璧でしたが、今回に関してはソダシの勝負根性に負けましたね。

とはいえ、クラシックに強いディープ産駒、そして名門国枝厩舎ですから、来年のクラシックでも中心になる存在だと思います。

3着 ユーバーレーベン

前走のアルテミスSでは直線で前が開かず、切り返しながらの競馬でしたが、最後の末脚は確かなモノがありましたね。

今回のレース後にミルコ騎手が、馬に接近するのを怖がっていたといっていましたから、前走の切り返しはそれも影響していたのかもしれません。

今回はテン乗りでしたので、次回この馬のクセを掴んだデムーロ騎手が再び騎乗してくるのならば、注目したいと思います。

馬券の反省

馬券はハズレ・・・

本命のメイケイエールはスタートで出遅れて、やはり道中は掛かってしまい、直線は思ったより伸びずに負けてしまいました。

掛かるのはいつものことですが、直線では一瞬突き抜けるのでは?という感じでしたが、最後伸びなかったのは距離なのか、掛かってスタミナを消費してしまったのか、まだつかめていません・・

そんなことより、今回は歴史上初の白毛馬のG1馬の誕生を祝うべきでしょう!

綺麗な馬ですし、なおかつ強い!

来年も注目していきたいです。

みなさんはどうでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット