みなさんこんにちは!

今週はいよいよ、競馬界の総決算、有馬記念が行われます。

今回も上位人気想定の馬を見ていきたいと思います。

クロノジェネシス

今が充実期だなぁという印象です。

3歳のころは今より小さい牝馬で、競馬っぷりもまだまだ不安定でしたが、3歳の夏で成長を促したことによって、3歳の秋からは本当に安定していますね。

距離不安も言われていますが、宝塚記念のあの重めの馬場でスタミナお化けのキセキをちぎっていますので、距離自体は持つのかなと思います。

それよりは2周するコースの方が不安です。

昨年のアーモンドアイもそうでしたが、1周目の直線で最後の直線と勘違いして、もっていかれることもありますので、その辺だけは不安かなぁと思います。

初の中山ですし、不安点はあるんですが能力だけでいえば、ここでもトップクラスでしょう。

フィエールマン

前走で中距離でも十分にやれるというのを証明してきました。

昨年の有馬記念では4着になってはいますが、凱旋門賞明けでしたし、厳しいローテの中よく頑張ったと思います。

天皇賞春を連覇している様にスタミナは証明済み。

ルメール騎手もG1勝利新記録がかかりますので、燃えていると思います。

ラッキーライラック

ここがラストランになるようですね。

この馬はとにかく溜めていい馬で、仕掛けてからの持久力も瞬発力も高いレベルにあると思います。

好位につけても好走していましたので、なかなか乗り方が定まりませんでしたが、近走では乗り方が決まってきた印象があります。

溜めて差してきた方がいいのかなと個人的には思っています。

宝塚記念ではまけていますが、あれは馬場が堪えたのでしょう。

良馬場ならば、今回もそこそこやれるのでは?と思います。

カレンブーケドール

なかなか勝ち切れない馬ですが、自分の能力は安定して発揮する馬だなぁという印象があります。

前走も負けてはいますが、勝ち馬がアーモンドアイですし、コントレイルは仕方ないとして、デアリングタクトとはかなり際どい競馬でした。

これを考えると、今回のメンバーの中でも能力は上位だと思います。

中山も走れますし、今回も安定して上位争いしそうです。

内枠は欲しいところでしょうがね。

ワールドプレミア

昨年の有馬記念3着馬です。

昨年3着ですので、適性はないことはないと思いますが、昨年の流れはハイペースの前崩れを最後方待機からの3着でしたので、着拾い感も正直あるんですよね。

武騎手の乗り方を見ても、距離損を最小限にするため内を進みますし、スムーズ出せなければ伸びてきても馬券内に届かない可能性もあると思うんですよね。

叩き2走目に仕上げてくる友道厩舎ですので、今回ローテ的にはいいんですが、馬券に組み込もうかは悩む馬です。

今回は上位人気を見てきました。

総決算にふさわしい豪華なメンバーだと思います。

悩みますね・・・


みなさんはどう考えましたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。