みなさんこんばんわ!

本年度初めてのG1が終わりましたね。

今回は終わりたてのフェブラリーステークスを回顧していきます。

レース結果

1着 カフェファラオ

2着 エアスピネル

3着 ワンダーリーデル


レース回顧

スタートから引っ張ったのは、エアアルマスとワイドファラオでしたね。

そこまで先行争いも厳しくなりませんでしたし、極端にペースが速くなったり遅くなったりはしませんでした。

内を通った馬が伸びやすい傾向がありましたので、外を回した馬にはペースを考えても厳しい展開になったと思います。

1着 カフェファラオ

馬具を工夫して、いろいろ考えてきた成果が出たと思います。

東京ダート1600mは持ちタイムもメンバー3位でしたし、やっぱりこの舞台は得意なんだなぁと思いました。

またルメール騎手も枠を活かして馬場傾向も読んで、最高の騎乗だったと思います。

やっぱりG1ではこの男には逆らえないなぁと改めて思った一戦です。

能力自体は現ダート界でも高いモノがありますし、気性も成長してくればこの先も楽しみな馬ですね。

2着 エアスピネル

スタートから内に潜り込んで、直線では少し進路取りにもたつきましたが、そこからの持久力の高い末脚は見事でしたね。

もともと芝のG1でもやれている馬ですから素の能力は高いのはいわずもがな。

ジリジリ差してくる脚は同舞台の武蔵野Sでも見せていましたから、その経験が今回活きましたね。

3着 ワンダーリーデル

この馬も内を回して、直線も無駄のない進路運び、さすがノリさんという騎乗でした。

今回は相手が悪かったというしかありませんね。

この馬の競馬はできたと思います。

この馬もダート1600mで実績がありますので、今後もこの舞台では注目です。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

馬券の反省

本命はカフェファラオでした。見事勝利!

馬券は単勝のみ的中!

色々不安点もある馬でしたので、ルメール騎手が乗りながら単勝3倍超えは嬉しかったです。

少しプラスになりました。

みなさんはどうでしたか?

来週からも頑張っていきたいと思います!