楽しむ競馬

予想、回顧をメインにブログをがんばっています! その他にも、競馬にかかわる情報なども更新していきます。 趣味として楽しく運営しつつも、皆さんの競馬ライフに何かのお役に立てる情報も提供できたらないいなと・・ よろしくお願いします。


競馬の予想には様々なファクターが存在し、競馬予想とひとくくりに言ってもその形は多種多様にわたります。

その中から今回は過去のデータで予想するときに、個人的に気を付けていることを書いていきたいと思います。

データで予想するとは?

まずデータでの競馬予想とはなにかをざっくり説明していきます。

競馬は一年単位で開催されるのですが、大体決まった時期に同じ競争を繰り返していきます。

当然同じ時期ですので、過去5年や10年の競争の傾向も見えてきます。

その中から、過去5年外枠の馬は来ていない等のデータを軸に予想するスタイルがデータ予想です。

競馬のデータを見るときに気を付けている事

私も競馬を予想するときは過去のデータを参考にしていますが、データを見るときに気を付けていることがあります。

それはデータを鵜吞みにしないことです。

データを鵜呑みにしないとはどういうことか。

それはそのデータが実態を伴ったモノなのか、オカルト的なデータなのかを考えることです。

それでは、この実態を伴ったデータとオカルト的なデータとは何かも説明していきます。

実態を伴ったデータとオカルト的データとは?

 実態を伴ったデータ

説明できるデータを実態を伴ったデータとして扱っています。

例えばですが、過去10年そのレースでは外枠が来ていないというデータがあったとしましょう。

これだけを見れば過去の傾向でしかありませんが、よくよく調べてみると、その競馬場では外枠が不利になりやすいコース傾向があったとしたならば、このデータは実態を伴ったデータと呼んでいいと思います。

・ オカルト的データ


これは、過去5年○○人気は来ていないなど、自信をもって説明できないデータを言います。

たまたま、5年間特定の人気の馬が来ていなかっただけで、今年は来るかもしれませんよね。

もしかしたら、G1の前哨戦などで、仕上がっていない実績馬が人気して飛ぶことが多いレースなのかもしれませんが、その対象となっている馬の能力も一定ではありませんから、自信も持って証明はできません。

こういう具体的に説明できないデータは、そこまで気にしなくていいと個人的には思っています。

まとめ

今回は競馬のデータを見るときに個人的に気を付けていることを書いてきました。

最後にはなりますが、決してオカルト的データ予想を否定するものではありません。

何を信じて馬券を買うかは個人の自由ですし、楽しみ方のひとつですからね。

あくまで色々なデータの見方があるということが伝えられたらうれしいなと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット