みなさんこんばんわ!

今回も今週の重賞回顧をしていきたいと思います。

レース結果

1着 ケイデンスコール

2着 アルジャンナ

3着 カイザーミノル


レース回顧

パンサラッサも除外になって、先行馬が少ない展開でしたので何が行くのかなと思いましたが、いったのはベステンダンクでしたね。

ただ、そこからあれよあれよの間に飛ばしていきましたね、これは予想外でした。

レースペースこそハイペースでしたが、これはベステンダンクのラップかなぁと思っていまして、後ろの集団はミドルペースくらいだったのかなと思います。

最後は持久力勝負になっていましたし、早めの脚を持続できる馬に有利になったと思います。

1着 ケイデンスコール

前日に岩田騎手のゴタゴタがあって、急遽の乗り替わりになりました、これは正直不安になった方も多いと思います。

ただ、レースが始まってみたらあっさり勝利しましたね。

中団からしっかりと構えて、ゴール前ではしっかり差し切りました。

ここ3走くらいで本当に馬が変わったなぁと感じます。

以前はワンターンの左回りがいい馬でしたからね。

苦手条件の克服は本格化の表れでもありますし、今後も楽しみな馬です。

2着 アルジャンナ

直線での位置取りでケイデンスコールとエアロロノアの間に入ってしまったのがよくなかったですね。

最後詰めてきているだけに、あのロスさえなければと思うところです。

3着 カイザーミノル

阪神コースは得意でしたから、コース適性が活きましたね。

先行して粘る競馬ですから、今後も阪神コースならば期待しています。

馬券の反省

本命はエアロロノアでした。

馬券もハズレ。

もう少し展開もゆるくなってスピードを求められる展開だったら際どい競馬できたのかなと思いますが、こういうキツイ流れになるといきなりの重賞は厳しいですね。


人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

来週からはまたG1が再開。

頑張っていきたいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。