今週はいよいよG1天皇賞春が行われます。

京都競馬場の改修工事の関係で阪神で行われる今回の天皇賞春。

この条件変更がどうでるか楽しみではありますが、今回も上位人気を見ていきたいと思います。

ディープボンド

予想では1番人気ですが、アリストテレスと当日は競ると思います。

好位からしぶとい脚を使える馬という点が世代限定戦での安定感に繋がっているなぁという印象です。

2走前の中山金杯では上位人気に押されながら大敗していますが、これはスタート後から前をカットされ、いつもより後方の位置からの競馬になってしまったことが敗因だと思っています。

世代のレベルなのかと思って前走時には評価を落としましたが、しっかり先行すれば古馬と混じってもしぶといということを再認識させられました。

前走は重馬場での勝利ですので、スタミナが長けているというのは間違いないですが、良馬場でもやれないというわけではありません。

今回も大敗はしないのではないのかなと思っています。

アリストテレス

前走の敗因は馬場かなぁと思います。

前走の上位陣を見てもスタミナが切れてバテバテになると台頭する馬が上位に来ていましたので、この馬の適性ではなかったのかなと。

今回はいい馬場でやれそうですし、長距離でいいというのはここまで見せてくれますからね。

なんといってもルメール騎手ですから、ペース判断もしっかりしてくると思います。

ワールドプレミア

この馬の好走パターンは内で我慢させて直線外ですね。

長距離を走って上がりはいつも上位の馬ですので、その上りを高めるためにこの戦法があっているのだと思います。

そういう点でいうと不安なのは福永騎手。

内から捌くのは正直得意ではないのかなという印象があります。

内回りの直線でこの一瞬のロスはかなり大きいですので、そこだけが心配ではあります。

カレンブーケドール

牝馬の天皇賞春の制覇は厳しいといわれる中チャレンジしてきますね。

古馬戦線の中でも上位に力を示してきていますから、偉業達成にも期待がかかりますね。

詰めが甘いところがありますので2着続きのレースが多いですが、それでもここまでの実績には目を見張るものがあります。

好位からレースを運べれば今回も大崩れはしなそうです。

オーソリティー

長距離で力を示してきている馬ですが、良績が東京に集中していますね。

ゆったり走れるコースが向いている印象があります。

初遠征になりますし、正直今回はどうなのかなと思ってはいます。


人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。

上位人気を見てきました。

最終結論は金曜夜に更新したいと思います。

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。