みなさんこんばんわ!

今回は天皇賞の振り返りをしていきます。

レース結果

1着 ワールドプレミア

2着 ディープボンド

3着 カレンブーケドール


レース回顧

逃げたのはディアスティマ、この馬は前走今回の設定と同舞台を走っていましたから、馬自身もわかっているの様な走りでしたね。

道中はほぼ緩むところがありませんでしたので、直線を向いてからのスタミナの残量勝負になったと思います。

1着 ワールドプレミア

スタートをしっかり決めると、有力馬を見る様な位置で構えて競馬を進めました。

内での追走なので詰まる心配もありましたが、道中前がぽっかり開いてくれたおかげで進路選択し放題の状態になりましたね。

あとはこの馬の自慢の末脚を爆発させるだけでしたので、この結果はこの馬からしたら当然なのかもしれません。

これで意外にもG1は2勝目なんですね、もっと勝っている感じがしていましたが、

2着 ディープボンド

長距離ですのでそこまで上がりの速さは求められませんから、心配なのはスタートだけでしたが、しっかり決めてくれましたね。

直線に入ってからも持ち前のスタミナでグイグイ詰めてきましたね、最後こそワールドプレミアのスピードに飲まれてしまいましたが、この馬の競馬はできたと思います。

3着 カレンブーケドール

今回も善戦ウーマンの本領発揮といいますか・・直線向くまではかなりいい感じでしたね。

ただ、内のディアスティマを交わしたあたりからちょっとピリッとしませんでしたね。

真面目で優しい馬なんでしょうかね。

今後もどんな競馬でもどんな展開でもしっかり走ってくれると思いますし、これからも期待しています。

馬券の反省

本命はディープボンドでした。

馬券も的中!

初めての距離でしたが終わってみれば人気上位の馬がそのまま来ていますし、ほぼ実力通りの結果になったのかなと思います。

今週は本記事とは別におまけ的な感じで厳選軸馬のみを書いた記事も上げてみました。
土曜のみでしたが、厳選軸馬該当のワンダフルタウンとスマートアルタイルがそれぞれ勝ってくれてよかったです。

今後もやっていこうかは考え中です。

皆さんはいかがでしたか?

今回もブログを読んでくださりありがとうございました。

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。