今年のダービーお疲れ様でした。

みなさんはどうでしたでしょうか?

それでは今回も終わったばかりのダービーを振り返っていきたいと思います。

着順

1着 シャフリヤール

2着 エフフォーリア

3着 ステラヴェローチェ


レース回顧

スタートからハナを切ったのはバスラットレオンでしたね。

道中はかなり緩めのペースで進んでいきましたが、残り1000m付近でルメール騎手のサトノレイナスがポジションを上げたことによってレースが動きましたね。

1000m以下はペースも上がりましたが、レース結果を見ても早い上りを使えた馬が上位進出しているのを見るに、直線での末脚のトップスピードを問われる展開になったと思います。

1着 シャフリヤール

道中はエフフォーリアをマークしてレースを進めて、直線でもエフフォーリア目掛けて伸びてきましたから、この辺の捌き方はさすが福永騎手だなぁと思いました。

馬自身も前走の毎日杯ではレコード決着でしたし、早い脚も持っていましたからね。

最後の首の上げ下げはベテラン騎手の意地というものを感じました。

2着 エフフォーリア

武史騎手としてはすごく悔しいハナ差だったと思います。

道中は内からレースを進めて、直線も伸びる真ん中を選択してきましたから、充分に素晴らしい騎乗だったと思うからこそ、最後は惜しかったですね。

スピードの持久力とスピードの少しの差だったと思いますし、勝ちに等しい競馬でした。

本当に重いハナ差だったと思いますが、この経験は間違いなく武史騎手にいい方向に向かうハズですし秋も楽しみですね。

3着 ステラヴェローチェ

上りは上位2頭と同じ33.4ですから、この馬も早い脚を使えましたね。

ただ後方から外を回していますから、そこの差がこの着順になったのかなと・・。

個人的にはこの馬は秋以降に注目しています。

というのもこの馬はバゴ産駒なんですが、早い時期から活躍していたバゴ産駒がいますよね?・・そうクロノジェネシスです。

バゴ産駒で早くから活躍できる馬は大物になると個人的には思っています。

クロノジェネシス自身も3歳の秋以降に覚醒しましたから、この馬の秋にも非常に注目しています。

馬券の反省

本命はワンダフルタウンでした。

馬券もハズレ。

いつものように対抗からの馬連も抑えておけば当たってはいたんですが・・

ワンダフルタウンに関しては、あの位置から競馬してこの上りに対応できなかったというのが全てだと思います。

前に行った馬には厳しい展開が今の東京には続いていますからね・・

これで3歳馬の戦いは一応ひと段落、来週からは2歳馬たちがデビューしていきますね。

巡り巡る競馬のサイクルに感謝しながら来週からも頑張っていきたいと思います。

これからも応援してもらえたら嬉しいです!

人気ブログランキング
よかったら応援お願いします。