楽しむ競馬

予想、回顧をメインにブログをがんばっています! その他にも、競馬にかかわる情報なども更新していきます。 趣味として楽しく運営しつつも、皆さんの競馬ライフに何かのお役に立てる情報も提供できたらないいなと・・ よろしくお願いします。


おはようございます!

今週はいよいよ上半期の総決算、宝塚記念です!

エフフォーリアはどうなるのか、パンサラッサがどんな逃げをするか、デアリングタクトは復活なるかなどいろいろなドラマが詰まっているレースだと思います(^^♪

では予想いきましょう。

厳選軸馬(指数的に馬券内率が高い馬)

・ ポタジェ

・ タイトルホルダー


展開予想

展開的にはパンサラッサが逃げる形になるんじゃないのかなぁと思います。

中途半端な競馬をしても意味ないですし、矢作先生も行ってバテたら仕方ないとまで言っていますからね。

となると気になるのは後続の馬たち!

番手にいきそうなのはアフリカンゴールドとタイトルホルダーですが、この馬たちがどういう競馬をするかで展開が変わってくると思います。

恐らくタイトルホルダーは自分のペースで行きたいでしょうからそこまでパンサラッサにはついていかないと思います。

となると今回の展開のカギはアフリカンゴールドではないのかなと、パンサラッサにアフリカンゴールドがついていく感じで行ってしまえば、離れた番手を追走するタイトルホルダーには向く流れになりそうですし、アフリカンゴールドがパンサラッサを追いかけなければパンサラッサが楽逃げして残ってしまう展開も十分に考えられます。

長々と書きましたが、今回重要視したいのは

タフな展開でもいい脚を長く使えること

パンサラッサが残る展開になっても、離れた3番手追走のタイトルホルダーが楽な流れになっても、捕まえに行く力というのは必要になってくると思います。

最終結論

以上を含めての最終結論は

◎ ポタジェ
〇 ディープボンド
▲ アリーヴォ
△ パンサラッサ
△ ヒシイグアス
△ デアリングタクト

本命はポタジェ!前走は人気薄で大阪杯を制しましたが、フロックではなかったと考えます。
この馬はディープ産駒なんですが、あまり切れないディープ産駒だと思っていて、そんな馬が活躍するのが宝塚記念だと思っています。

対抗にはディープボンド!有馬記念2着の実績は伊達ではありませんし、安定感でいったらこの馬が一番でしょう。

3番手はアリーヴォ!いろいろな予想家さんが指名している印象がありますが、末脚上位の馬が好走しやすい宝塚記念ですから、近走上がりを安定して出しているこの馬に注目が集まるのも納得です。

パンサラッサは規格外の逃げが打てる馬、普通に考えれば宝塚記念は逃げ馬に厳しい結果が続いているんですが、今回は阪神の第2週での開催ですからまだまだ内がいいハズ!ピンかパーかでしょうが買いたいです。

ヒシイグアスはここまで大負けしていない馬、こういう馬が逆襲するのが宝塚記念ですし、堀さんもそろそろレーン騎手と喜びたいのではないでしょうか。

デアリングタクトは考察記事では人気になるなら切りといっていましたが、当日の阪神はかなりの暑さが予想されます。となれば暑さに強い牝馬というのは抑えたくなりますね。
末脚を活かす競馬をしたいといっていますし、前が止まってくれれば久しぶりの豪脚がみれても?

人気ブログランキング

以上が宝塚記念の予想になります。
いつもより長めになってしまいました。

みなさんは上半期最後のドリームレースどう考えましたか?
今回もブログを読んでくださりありがとうございました。
スポンサードリンク

コメント

コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット